fc2ブログ

■オーストラリア・トイホビー&ライセンシングフェア2020の模様

オーストラリアのファンサイト、Ozformers に現地時間3月1日からメルボルンにて開催中のオーストラリア・トイホビー&ライセンシングフェア2020のハズブロトランスフォーマーブースのレポートが掲載されました。


◆今回のオーストラリアトイフェアでは、本来、アースライズのサンストリーカーとトレイルブレイカーが世界初公開される予定で、AU現地時間3月1日12時までは北米のショップに情報を公開しないよう要請されていたそうですが、ご存知の通り、プレビューズのサイトでフライング掲載され、世界初公開とはなりませんでした。

今回オーストラリアで公開されたのは、WFC-E34トレイルブレイカーとWFC-E36サンストリーカーのCG宣材とプレスリリースのみで、試作品などの展示は間に合わなったそう。




◆ハズブロブースでの展示は、基本的に既出情報の範囲内ですが、特記事項としてスカイリンクスに関してOzformersが個人的に持ち込んだG1玩具との比較画像があり、アースライズ版はG1版とほぼ同じ大きさのようです。

また、日本のマスターピース商品のパッケージがいくつか並んでおり、MP-11破壊大帝スタースクリームや赤バンブルなどの古い商品も並んでいますが、これは単にサンプルとして並べてあるだけで再販などがあるわけでは無いそう。

030104.jpg 030105.jpg 030106.jpg 030107.jpg


◆オーストラリアトイフェアでは、最新玩具の試遊が許されるファンミーティングが毎回行われていますが、今回はアースライズ版スカイリンクスとネットフリックス版サイドスワイプとハウンドが試遊できたそう。

スカイリンクス付属のユニバースマップには、惑星ジャール(Chaar)とデッドユニバースが隠されているとの事。

030110.jpg 030108.jpg 030109.jpg




関連記事

楽天市場

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008