FC2ブログ

■WFCシージ:スピニスターのコンセプトアート

デザイナー、ケン・クリスチャンセンのフェイスブックに、WFCシージのデラックスクラス・スピニスターのコンセプトアートが投稿されています。

画像はロボットモード、ヘリコプターモードが3つのアングルで描かれています。

本人のコメントにもありますが、コンセプトアートと実際の製品では開発の過程で脚部の構成が変更されたとのことで、今回のロボットモードのアートではヘリコプターのコクピットを左右に分割して両脚とするデザインになっているようです。

実際の製品では、両脚ともフルサイズのコクピットとして造型され、片方はビークル時に機体下面に回されるという構成になっています。
なお、今回のヘリコプターモードの画稿は、実際の製品と同様の変形パターンと思われ、機体下面のコクピットには装甲が被せられているようなディテールが見られます。

製品版の両脚ともフルサイズのコクピットというアイデアはおそらく、G1当時のスピニスターのパッケージアートが実際の製品の形状とは関係なく、両脚ともフルサイズのコクピットとして描かれていたものを参照したのではないかと思われます。

以下画像。(1~2枚目今回のコンセプトアート、3枚目G1当時のパッケージイラスト)

82812613_3752633838095236_9002715897294487552_o.jpg 83987567_3752633848095235_793833526804873216_o.jpg 300px-Spinister-boxart.jpg



関連記事

楽天市場

Amazon商品一覧

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008