FC2ブログ

■フィギュア王No.258

本日発売のフィギュア王のTF記事はカラー12ページ分。
クラウドファンディングのHASLABユニクロンを特集した特別大増ページ。

◆ユニクロン関連は9ページ分あり、主に未彩色の試作品を使った詳細な解説が6ページ、メインの開発スタッフの國弘隆高史とG1当時の未発売ユニクロンに携わった大野光仁の2名を迎えたユニクロン開発者対談が2ページ、過去の未発売ユニクロンを紹介したページが1ページ。

気になる国内向けの展開については、『日本国内ではタカラトミーの手で出資者が募集される』とされており、国内プロモーションはワンフェスから開始。国内向けの販売形式や価格は調整中となっています。

開発者対談記事は、全体的に見どころしかない感じなので是非、買って読むと良いと思います。

ユニクロンの変形は、重さとリングやトゲのせいで床に置くこともできないので、専用スタンドに設置したままの状態で変形させるようになっているとの事。ワンピース変形できるが、リングは外して変形させたほうがやりやすいとも。

歴代未発売ユニクロン玩具は、1986年当時3サイズ作られたという試作のうち、最大の50センチサイズのデザイン画と最小の10センチ球体の試作品、1999年のユニクロンネオの試作品などが紹介されています。

◆シージ新製品紹介。12月発売のSG-38ミラージュとSG-39オメガスプリームの紹介記事。オメガスプリームはギミック紹介が写真多数で細かく紹介されています。

◆その他、タカラトミーモール限定商品MP-19+スモークスクリーンとコンボイ&オプティマスプライムセット、小学館のコンボイ司令BOXクラウドファンディング、スリーADLXオプティマスプライム、プレミアムスケールブリッツウイングなどが紹介されています。



関連記事

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008