FC2ブログ

■テレビマガジン、てれびくん4月号

公称発売日2月28日の児童誌2誌のTF関連。
映画バンブルビー公開直前とあって、いつもよりも多め。

◆テレビマガジン

今号は、ふろくが「エネルゴンチャージバンブルビー」。
それにともない、TF記事もページ数で言うと、カラー8ページ分。ただし、通常のページの半分程度の高さの帯状のページで巻頭に置かれています。

記事内容は、エネルゴンチャージバンブルビーの活躍を描いた、水谷謙太作の漫画が5ページ分。登場キャラクターは、バンブルビー、オプティマスプライム、ドリフト、ホットロッド、メガトロン。ドリフトはなぜか、ロストエイジの時に発売された、スカイドリフトで作画されています。

他は、バンブルビー映画紹介が1ページ、エネルゴンチャージバンブルビーの変形説明書が1ページ、玩具紹介が1ページ。
玩具紹介は、スタジオシリーズのSS-29シャッター、SS-30オプティマスプライム、SS-32スクラップメタル、SS-33ランページの4体が掲載。

以下、画像。
エネルゴンチャージバンブルビーは、海外の通常カラー版との比較など。

DSCN0092.jpg DSCN0094.jpg DSCN0093.jpg DSCN0111.jpg DSCN0110.jpg DSCN0104.jpg


◆てれびくん

TF記事はカラー2ページ分+次号予告2ページ

厳密には、TF記事は2ページのみで、その内容は、『トランスフォーマーの人気者!!バンブルビーがやってきた!!』として、キャラクター紹介を兼ねて、パワーチャージバンブルビーの玩具ギミックを紹介。小さく映画スチル1つと映画ポスターも掲載されています。

TFコーナーから続けて、次のページからはカラー2ページ分、「てれびくん次号予告」が掲載されていますが、これが全体の90%ほどが次号ふろくの「レッドファイヤーオプティマスプライム」の紹介に費やされており、事実上のTFコーナー4ページ分とも言える構成。

「レッドファイヤーオプティマスプライム」は、いわゆる「本物ふろく」で、海外で発売中のエネルゴンイグナイタースピードのオプティマスプライムのクリアレッド版。記事中では、ロボットモード、トラックモードがかなり大きく掲載され、変形パターンも紹介されています。

122ページからの次号ふろく紹介まんがでも、レッドファイヤーオプティマスプライムが紹介されています。

DSC_1199.jpg


◆玩具広告

TT社の玩具広告枠は、両誌とも同じ。まいどお馴染みのパワーチャージバンブルビーの広告に、下部にスタジオシリーズ3月商品のドロップキック、オプティマスプライム、ジェットファイヤーが掲載されているもの。(フィギュア王253に掲載されているものと同じ)



関連記事

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008