FC2ブログ

■ジェネレーションズ・レジェンズ2パックオプティマス&バンブルビー簡易レビュー

2013年4月に海外で発売された、レジェンズクラス2パックwave3の2種、「オプティマスプライム&オートボットローラー」と「バンブルビー&ブレイズマスター」の簡易レビュー。

ジェネレーションズ・データディスク2パックの計4種に続く、レジェンズクラス2パックのアソートで発売された製品で、レジェンズクラスとはいうものの、本体TFはサイバーバース・コマンダークラス相当のサイズで武器になるパートナーの小型TFは、従来のマイクロンやターゲットマスターよりも小さいサイズ。日本では、データディスク同様に4体のセットで発売される予定。

オプティマスプライム&オートボットローラー

オプティマスプライムは、G1風の基本デザインに実写映画以降のディテールを加味した感じのデザインで、IDWコミックの中で登場するデザインパターンのひとつによく似ている。

ロボットモードでは、可動箇所は多めで、両肩、両肘、脚付け根、両膝の8箇所がボールジョイント、他に、腰と頭部が一軸回転可能。

今回のデザインでは、ルーフの風除けが肩に残るようになっているが、このパーツの角度は、説明書では閉じたまま、パッケージ写真ではかなり大きく開いた状態、パッケージイラストでは製品では不可能な取り付け角度となっています。実際、今回の写真でも開き気味で撮影していますが、実際には、もう少し下げた状態が設計上の正しい位置と推測されます(固定できようになっている)。

付属のローラーは、ビークル、ロボット、武器の3段変形。ただしビークルからロボットへの変形は、ほぼ立たせるだけ。武器モードへの変形は、ブレイズマスターと共通のギミックとして、クランク状の可動アームでスイングさせるようにパーツ移動する。

オプティマスの手首の穴は、これまでのレジェンズクラスやサイバーバースの3ミリよりも太い、5ミリ径のサイズになっており、付属の武器の他、デラックスクラス以上の製品との武器交換が可能。ただし、軸径はやや細めで今回の付属品を他の商品持たせるとかなり緩い。ローラーの手首穴は3ミリ。

説明書には無いが、オプティマスとローラーは、ビークルモードで連結が可能。ローラーの先端の出っ張りを、オプティマスの脚裏のスリットに差し込む。

562419_339082836194322_1296133742_n.jpg 67580_339082856194320_931068385_n.jpg 935731_339083319527607_1986070077_n.jpg


バンブルビー&ブレイズマスター

バンブルビーのカーモードは、デザイン的にはクラシック系に通じるスポーツカーだが、ディテールは微妙にSF風味。ロボットモードのデザインは、G1系よりはWFC版に似た体型で、同じくWFC版の影響下にあると思われる、IDW版のデザインパターンのひとつに似ている。正面から見ると、カーモードの意匠が全く残っていないのがバンブルビーとしては珍しい。サイズ的には、FoC版オプティマスと合わせると丁度良い感じ。

関節可動部分は、両肩、両肘、脚付け根がボールジョイント接続で、両膝が1軸関節。足首は変形ギミックを利用して可動させる事ができる。腰や頭部は残念ながら無可動。

付属のブレイズマスターは、事実上の新キャラクターで、ヘリコプター、ロボット、武器に変形する。
ローター部分は取り外すことができ、5ミリ穴に取り付ける事ができる。説明書などではもっぱら、腕のタイヤの車軸部分に取り付けるように指示されています。

923570_339082872860985_747232363_n.jpg 376007_339083349527604_1321623359_n.jpg 72835_339083262860946_804847951_n.jpg

このクラスのアソートは、次はスタースクリームとメガトロンが予定されていますが、画像などはまだ出回っていません。

*フェイスブックページに画像37枚ほど掲載しています。

554727_339082892860983_267108247_n.jpg 528194_339082939527645_1550890684_n.jpg 310030_339082929527646_440967481_n.jpg

関連記事

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008