FC2ブログ

■ジェネレーションズ・データディスク簡易レビュー

オーストラリアや香港などで販売が開始されている、FoC/ジェネレーションズ版のデータディスクを入手したので、特に気になるであろうワンタッチ変形の動画を撮ってみました。

とりあえず、現在発売中の中から、フレンジー、ジャガー、コンドルの3体(この記事ではG1日本名で表記します)。
ディスクの裏面にボタンがあって、それを押すことでスプリングが作動して変形するわけですが、日本版の商品説明によると、「ディスク自体を軽く床面に落とすこと」でも変形すると書いてあります。

今回は、置いてあるディスクを、棒(スターセイバーですが)で突っつく事でボタンを押しています。



この状態で、コンドルは全ての変形工程が終了。ジャガーは、尻尾と後ろ足は手動で変形。フレンジーは足首は手で変形、両手はこの状態では万歳ポーズなので、これも手でおろします。そうして変形完了。

691061476_20121123233147.jpg
サウンドウェーブとデータディスク軍団。

データディスクは、それぞれサイバーバースリージョンクラスと同程度の大きさ。
ラットバットは、コンドルと全く同じ変形ですが、細部の形状は全く異なる別物です。

691064132_20121123233146.jpg

フレンジー(海外版商品名ランブルですが)の裏面。この製品には、6箇所にスプリングが入っています。関節可動箇所は、両腕のみ。手首に3ミリ穴があるので、サイバーバース等の武器を持たせる事が可能。

サウンドウェーブには、腹の中に3体のディスクを収納でき、ボタン操作でハッチを開き、背中のレバー操作で順次イジェクトさせることができます。

これも動画を撮ってみました。

設計の意図としては、イジェクトした瞬間に順次ディスクが変形するように考えられているようですが、今回の動画では2個目のコンドルしか連動変形してません。かなり難しいと思います。

簡単ですが、こんな感じです。
日本では、来年3月にサウンドウェーブとサウンドブラスター、4月にデータディスクセットが発売されます。


関連記事

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008