fc2ブログ
■2022年03月

■ボットボッツ初期コンセプトアートその6(売店その3)

ケン・クリスチャンセンが、今日もボットボッツのコンセプトアートを投稿しています。

今回は、売店コンセプトの3回目で、アイスクリームショップとキャンディショップのアイデアスケッチ各種。

いちおう今回の投稿で彼のボットボッツコンセプトアートは最後とコメントされています。

277474124_1287095731780596_7389816455309808703_n.jpg 277693493_689575772191802_2921315055016514263_n.jpg

■キングダム:チーターの最初のコンセプトモデル

ハズブロのデザイナー、マークがキングダム・チーターのコンセプトモデルの画像を投稿しています。

コメントによれば、WFCでビーストウォーズのキャラクターをリメイクする事になった時に、最初に作られたコンセプトモデルだそう。画像を見る限り、変形ギミックは無く、ロボットモードとビーストモードが別々に2つ作られており、ロボットモードの方は、パワーオブザプライムのムーンレーサー他の女性型オートボットをベースに改造されているようです。

以下画像。(3枚めは比較用のWFCチーター)

277471624_167725098934371_3854166809921630932_n.jpg 277552197_555872365658229_4861676047314311423_n.jpg 277538171_399441704867859_358331415249290546_n.jpg

■レガシー:デラックスクラス・クランクケース 英アマゾン登録情報

英アマゾンに、レガシーのデラックスクラス・クランクケースが登録されているのが確認。

クランクケースは、1988年に海外で発売されたキャラクターでオフロードカーに変形。スイッチ操作で武器が展開するギミックがあるトリガーコンというグループの一員。参考リンク:TFUinfo

今回のレガシー版は、今の所オフィシャル情報は出ておらず、今回の登録でも画像は無いですが、商品情報は詳細に記載されています。

それによると、5.5インチのロボットモードから14ステップでオフロードビークルに変形。フロントグリルを外すと大型ブラスターが現れる。両モードで取付可能なエネルゴンブラスターが付属。だそう。

123123121321323.jpg

■ビースト覚醒・バトルチェンジャー・バンブルビーという触れ込みの動画レビュー

chefatronに、ビースト覚醒のバトルチェンジャー・バンブルビーという触れ込みの動画レビューが投稿されました。

当然のようにオフィシャル情報が出ていないアイテムですが、ビースト覚醒に登場するオフロードタイプのカマロに変形するバンブルビーを再現したアイテムのようです。ただし、確認されている撮影用車両とはデザインが少し異なるのでコンセプトアートからの商品化と推測されます。

サイズは、スタジオシリーズのバンブルビーよりもやや小さい感じ。関節部分は少なくヒジ、ヒザは動かない模様。ギミックとしては、右腕が回転してアームキャノンに変化するぐらいでしょうか。

以下キャプ

81456166414.jpg 89745612131621.jpg 8791161461.jpg 9845611616132.jpg 8914146161614.jpg 879845646h.jpg 784561111.jpg 789456456123213123456.jpg 78945613212312.jpg


以下動画


■テレマガネット:トランスフォーマーごー!ごー!第7話更新

テレマガネットに、まんがトランスフォーマーごー!ごー!の第7話が掲載されました。

テレビマガジン本誌2021年10・11合併号掲載の「第8話 戦士の休日」の再録。休日のオプティマスとメガトロンの戯れを描いたエピソード。

今回のゲストキャラクターとして登場するロングハウルは、実写映画系のデザインになっていますが、初出掲載時のテレビマガジン10・11月号ではふろくにEZコレクションのロングハウルが付属しており、その絡みでまんが本編にも登場したもの。とはいえ、G1系世界観にムービー系キャラクターが登場する事への懸念からか、まんが本編中ではダンプモードのままでロボットモードの姿にはなりませんでした。

今回のWEB版では、キャラクター紹介兼玩具紹介がSS-34ロングハウルになっています。

以下画像(トビラのみ)

2d8af2bc-c879-44bb-9996-f164c1435845_002.jpg

■ボットボッツの初期コンセプトアートその5

ケン・クリスチャンセンが、ボットボッツの初期コンセプトを投稿しています。

前回から引き続き、未採用の売店コンセプトを投稿しています。
今回のモチーフは、ブックスタンドとおもちゃ屋。これも複数のアイデアスケッチが掲載されています。
ロボットモードの周辺に描かれているキューブは売店に収納される通常サイズのボットボッツフィギュアを表しています。

以下画像。

277466332_7636456099712971_5910023173730655530_n.jpg 277168030_7636456113046303_7696493078412072652_n.jpg

■サイバーバース・ストップモーション動画その9

ハズブロのユーチューブチャンネルに、サイバーバースのストップモーション動画の第9話が掲載されました。

今回は、オートボットvsディセプティコンというタイトル。

いつものように、途中から過去作の再録になります。

以下キャプ

7894651164564.jpg 89114445415.jpg 71489654165146.jpg


動画

■ボットボッツ:シリーズ6コンセプトアート

ハズブロのデザイナー、マーク(ハズブロパルスの配信でおなじみのヒゲのおじさん)が、インスタグラムにボットボッツシリーズ6のコンセプトアートをいくつか投稿しています。


*その1その2その3


今回投稿されたのは、銃型、ベーコン型、便器ブラシ型の3点。
いずれも実際の製品とは異なる部分が多いです。

銃型に関しては、デザイン画から明らかにメガトロンのガンモードを参照したもので、製品版のロボットモードの顔はクレムジークになっているのが特徴。宣材は足の変形が間違っているのがデザイン画からわかります。設定上は実際の銃では無くテレビゲーム用の銃という事になっています。

以下今回のデザイン画と製品画像。

277113220_423819416211850_1632876111918726484_n.jpg 277149007_365587118839063_8258972525369446841_n.jpg 277149297_517693003277086_3159702043703739036_n.jpg

12312232121231231231231231231234.jpg 231122356479871.jpg 564146441.jpg


追加マウス型ボットボット追加

今回は、アニメ本編の画像も添付されています。

277216105_2767702123537140_440520577095221242_n.jpg 277247708_671077720676774_4532519933497395042_n.jpg 277319712_1374067116374656_3158395616557691177_n.jpg

■サイバーバース:ダイノボット・スナール・ロボットモードのコンセプトアート

エリック・シーベナラーが、サイバーバースのダイノボット・スナールのロボットモードのコンセプトアートを投稿しています。

いつものようにアニメ設定よりもG1玩具寄りのデザイン。
今回の画稿では、ステゴサウルスの尻尾を分離して棍棒として手に持っていますが、G1本来のデザインのように背中にも開いた尻尾が付いています。

以下、今回のコンセプトアートとアニメ設定再掲。

277363211_507212310776957_1721421212302307457_n.jpg francesco-giglio-tfctemplateseason2-1.jpg

■R.E.D.シリーズ:ショックウェーブとガルバトロン宣材画像各種

ハズブロパルスに、ウォルマート限定R.E.D.シリーズのショックウェーブとガルバトロンが登録されました。
少し前から、ハズブロパルスでは、各ストア限定品も少量取り扱うようになっています。
肝心のウォルマートサイトでは、レガシービーストコレクションや復刻版BWは掲載されているものの、REDは未掲載。


*ショックウェーブ
*ガルバトロン

ショックウェーブは24箇所可動、胸部はクリアパーツ。付属品は、メガトロンガン、4つの別手首と2つのエフェクトパーツ。

ガルバトロンも24箇所可動。付属品は、クリア成型の背景パーツと、マトリクス、4つの別手首と2つのエフェクトパーツ。

以下画像。

277172794_4983339188423018_740587326298327586_n.jpg 277221516_4983339158423021_8964769496636987828_n.jpg 277230426_4983339118423025_8192617692733796431_n.jpg 277222558_4983338968423040_1208595437620982733_n.jpg 277348226_4983338958423041_2960026166312216407_n.jpg 277171759_4983338931756377_3316469127466110095_n.jpg 277167426_4983338881756382_8893196776769393322_n.jpg 277168115_4983338845089719_5252261111763824283_n.jpg 277177756_4983338821756388_5590312108432936203_n.jpg 277250537_4983338688423068_4267188597375613163_n.jpg 277297426_4983338648423072_4439785709454171171_n.jpg 277226215_4983338611756409_5847075165989797495_n.jpg 277175905_4983338441756426_7769267587340236552_n_20220325023711e62.jpg 277226727_4983338508423086_7657189894887073996_n_20220325023712013.jpg 277225481_4983338415089762_7103614084893100989_n_20220325023713ee5.jpg 277219767_4983338178423119_6348094322631509470_n_20220325023715096.jpg 277177671_4983338431756427_3293098765847808795_n_20220325023717084.jpg 277225628_4983338231756447_2414523274388237979_n_20220325023718254.jpg 277255222_4983338218423115_317871621994087286_n_20220325023720778.jpg 277225818_4983338265089777_6147776959731652243_n_20220325023721637.jpg 277173172_4983338298423107_9034851869584473552_n_20220325023723694.jpg 277252926_4983338208423116_5893932637190021243_n_202203250237243b8.jpg

■ボットボッツの初期コンセプトアートその4

引き続き、ケン・クリスチャンセンがボットボッツのコンセプトアートを投稿しています。

今回投稿されたのは、実際の製品では採用され無かった「売店」のコンセプト。既存のボットボッツフィギュアを収納するコレクションケース的な要素を持つアイテムとしてデザインされたらしく、今回掲載のモチーフはポップコーンメーカーとマジックショップと記されています。ロボットモードの周りに書き込まれたキューブ状のものはボットボッツのフィギュアを表しているそう。

どちらも極初期のラフなアイデアスケッチで、複数のパターンが描かれています。

以下画像。

277348899_7614083808616867_2443709390604209212_n.jpg 277348636_7614083811950200_5197610748156186662_n.jpg

■フィギュア王No.290

本日発売のフィギュア王のトランスフォーマーコーナーは、カラー4ページ分。
3月予約開始アイテムの紹介と、ロボセン・オプティマスプライムの国内版情報が2ページずつ。


◆3月予約開始~8月発売アイテムの紹介。レガシーTL-04キックバック、TL-05アーシー、スタジオシリーズSS-85 エクセルスーツ スパイクウィトウィッキー、SS-86 アーシー、SS-87 アイアンハイド、SS-88 ジャンクヒープ、SS-89 スラージの計7アイテム。
基本的にショップ情報と同等の内容。


◆ロボセン フラッグシップ オプティマスプライム(日本版)発売告知。

去年、12月24日に予約開始すると告知されたものの、直前になって延期されたロボセンのオプティマスプライムの国内販売の詳報が掲載されています。

記事によれば、4月13日20時から予約開始。発送は6月末予定。
先行価格は、9万9980円。通常価格は11万9900円になるようです。

日本国内向けのローカライズとして、音声コマンドの日本語対応とキャラクターボイスが日本語音声になるとの事。
日本語音声は「本家キャストによる新規録音」と記述されていますが、具体的な声優名には触れられていません。
*https://jp.robosen.com/



■スタジオシリーズ:86ダイノボット・スラージのパッケージ宣材など

In Demand Toysに、スタジオシリーズの86ダイノボット・スラージの宣材画像がいくつか投稿されています。

パッケージ表裏と斜め+ロボットモードの4枚。ロボットモードは既出画像とアングルが似ていますが一応別物。

以下画像。

276260902_3152403005003596_7508935976982058989_n.jpg 275970382_3152402968336933_8203060527306722823_n.jpg 275307917_3152403011670262_6917664837058675792_n.jpg 276140737_3152403008336929_6777404760758853342_n.jpg

■レガシー:リーダークラス・ブリッツウイングの動画レビュー

PrimeVsPrimeに、レガシーのリーダークラス・ブリッツウイングという触れ込みの製品の動画レビューが投稿されています。

これまでオフィシャル情報としては出ていませんが、ストア登録情報などから発売は確実視されていたアイテム。

このレビュワーは先週の金曜日から、このブリッツウイングのレビュー公開を予告しており、断片的な画像をいくつか公開していましたが、ようやく全体が公開されました。

ロボットモードは、シージのアストロトレインに合わせたサイズで、エネルゴンハンド的な謎のオプションを装備。当然、戦車と戦闘機に変形するトリプルチェンジャーです。

以下キャプ

8914561464.jpg 8791654416451641.jpg 89_714814654144.jpg 89414561464168147.jpg 897184614161664.jpg 298461465146.jpg 8914141614414.jpg 12313151456614164.jpg 12611414614661.jpg


以下動画

■ボットボッツ:シリーズ6 米アマゾンにて2023年4月発売

スクリーンラントに、ボットボッツ・シリーズ6がアマゾン限定商品として予約開始されるとの記事。

実際に、米アマゾンに、ボットボッツ・シリーズ6の商品が登録されています。
シリーズ6には、「ラッカス&ラリー」のサブタイトルが付与されています。

ネットフリックスで配信されるアニメに合わせての展開ですが、商品情報自体は1年ほど前から出回っており、いつ発売されるのか、あるいは中止になったのではないかとファンをやきもきさせていたアイテムですが、不可解なことに今回の商品情報では、発売日が2023年4月となっています。(スクリーンラントの記事でもそのように記載されています)

今回登録されているのは、4アイテムですが、そのうち1つはアニメでも活躍するビークルを含むセット商品。ビークル2台と8体のフィギュアがセットされているようです。

*シングルパック
*5パック
*8パック
*ラッカスレーサービークルパック

追加ハズブロパルスでも告知があり、パルスでの販売も開始されています。

以下画像。

シングルパック

23112235647987.jpg 6451165464.jpg


5パック

fsfsfbg.jpg 141641bdf6g4.jpg 2131215679879789.jpg


8パック

5641464_202203240312414f1.jpg 89456464666.jpg 879454564546446.jpg


ラッカスレーサービークルパック

18914561615.jpg 89718416146614.jpg 789784561654645.jpg 789461464514.jpg 8914456161446.jpg 7891416451.jpg 18945614651461.jpg 897165146416451.jpg 897714516541641.jpg 123121556474897.jpg 879784516546456.jpg 7897815165414.jpg

■R.E.D.シリーズ:ショックウェーブとガルバトロン他のプレビューが公開

ハズブロのSNS各種で、現地時間3月24日に開催されるウォルマートコレクターコンで発売されるウォルマート限定商品のプレビューが公開されました。

ウォルマートコレクターコンは、各社のウォルマート限定商品を発表、販売開始するオンラインイベント。

今回はそこで正式に公開される商品のプレビューとして、R.E.D.シリーズのショックウェーブとガルバトロンが公開。他、情報既出の復刻版ビーストウォーズのサイバーシャークとウルファング、レガシーのビーストコレクションの3種が掲載されています。

プレビューなので、画像は1枚ずつのみ。
日本時間3月25日には全貌が明らかになるはず。

以下画像。

277104371_10159153884439912_3546548962781103714_n.jpg 277100500_10159153884699912_4589757496201148701_n.jpg 277226962_10159153884654912_4327939902315601761_n.jpg 277001348_10159153884734912_2792660992531282625_n.jpg 277229476_10159153884709912_1954620492821728275_n.jpg 277164624_10159153884644912_2197717002144534468_n.jpg 277163174_10159153884664912_5305033747686282591_n.jpg



■ボットボッツの初期コンセプトアートその3

ケン・クリスチャンセンが三度、ボットボッツの初期コンセプトアートを投稿しています。


デザインは、以下のキャラクターと思われます。(リンク先はTFwiki)

*Bot-T-Builder
*Skippy Dippy Disc
*Unreelz Dealz
*Sandy Shades
*Tidy Trunksky
*Lumbering Jack

今回も2種のロボットモードが描かれているものや、実際の製品とはモチーフ以外全く異なるデザインになっているものなどあります。

以下画像。

276136925_7605257272832854_8531577801183333160_n.jpg 276996722_7605257269499521_2847440051285992328_n.jpg

■サイバーバース:ダイノボット・スラッグ恐竜モードのコンセプトアート

エリック・シーベナラーが、ロボットモードに続き、サイバーバースのダイノボット・スラッグの恐竜モードのコンセプトアートを投稿しています。

今回の画稿は最終的なアニメ設定よりもG1玩具寄りに思えます。

以下、今回のコンセプトアートとアニメ設定再掲。

277082412_508579697525709_8956268936510330700_n.jpg francesco-giglio-tfctemplateseason2-07_2022032021302490d.jpg


■レガシー:ヴェロシトロン・サブラインのストア登録情報

TFW2005に、レガシーのウォルマート限定シリーズと言われているサブラインのデラックスクラス商品のウォルマート登録情報が投稿されています。 

第三者が客観的に検証できるソースは未記載ですが、登録画面のキャプチャーらしき画像が掲載されています。

それによると、以下のアイテムがリストされています。

*ヴェロシトロン・デラックスクラスアソート
*ロードロケット
*バーンアウト
*クランプダウン
*ブラー
*コスモス


ヴェロシトロンとは日本で言うところの惑星スピーディアの事で、これをテーマにしたサブラインがウォルマート限定で展開されると言われています。

例によってオフィシャル情報は出ておらず、実際に発売される商品の詳細は不明ですが、リーク情報的なものや、コミックでの描写からある程度の内容が予想されています。

ロードロケットはプライムユニバース・アーシーのリデコでG2レーザーバイクを再現したもの、バーンアウトはレガシー・スキッズのダイアクロンカラー版(黒)、クランプダウンはキングダム・レッドアラートのポリスカーカラー、ブラーは詳細不明、コスモスは日本名アダムスを新規モールドで製品化、とあくまで予想されています。

また、具体的な登録画面などの証拠は提示されていませんが、少し前にヴォイジャークラスの同シリーズの登録情報も報告されています。 

こちらは、オーバーライドとロードホーラーの2種がリストされており、オーバーライドは86ホットロッドの重リデコで日本で言うところのニトロコンボイを再現、ロードホーラーはアースライズ・グラップルのビルドロンカラー版 とあくまで予想されています。

今の所、オフィシャル情報は出ていない、一部予想を含む情報である点に注意。

3462CF2A-5599-445F-B220-6A9699CE8336.jpeg1005792B-C3C2-44DF-845D-24F32C4D50EE.jpeg1EDE3543-C418-4118-BD06-49F09F6D54EF.jpeg0C48560B-2EDF-42DC-B0B7-CB3B48B67FF4_20220320211307be3.jpegE56304C5-394E-4940-A14A-B027130ECCF3.jpeg49BA6960-9C3D-461E-8D05-7DF56B3B68EF.jpeg

■マイクロマシーンズ・トランスフォーマー:バンブルビープレイセットと8パック2種

米アマゾンにて、マイクロマシーンズのトランスフォーマー商品3点の予約が開始されているのが確認。


*バンブルビープレイセット 37.99ドル
*トランスフォーマー2007 8パック 21.99ドル
*トランスフォーマーリベンジ8パック 21.99ドル


バンブルビープレイセットは、映画1作目のカマロから大型プレイセットに変形。バリケードのマイクロマシーンが付属。

8パックは、それぞれ映画1作目と2作目から8種ずつのビークルをセット。さらに、背景付きのディスプレイ台が2つずつと、赤フィルムを利用してビークルに隠されたエンブレムを解読するデコーダーが付属。

以下画像。 

バンブルビープレイセット

89116661166.jpg 8979466464546.jpg 231124564987413.jpg 879461641.jpg 8974114116.jpg 897114566114.jpg 789411461.jpg 123646498797.jpg 89717641646.jpg 897465654465.jpg 8987456456456456.jpg


トランスフォーマー2007 8パック

vfgd.jpg 8945665464565.jpg 56116161.jpg sf4bv6s5f464.jpg 897fs456vbs654fv.jpg sd894d56vs65d4v.jpg vf489fs564bv46s54f.jpg 897465123211.jpg 89das456ds54.jpg r8s94gvf56v46.jpg 98fb465v x564v 89748614t.jpg


トランスフォーマーリベンジ8パック

78916451614.jpg 89746513131331.jpg



■トランペッター製プラモデル:映画BB版アーシーとサウンドウェーブ&ラヴェッジの宣材

中国のSNSで、トランペッター製の映画バンブルビープラモデルシリーズの第4弾、第5弾になるものと思われる、アーシーとサウンドウェーブ&ラヴェッジの宣材が出回っています。

アーシーは1枚、サウンドウェーブ&ラヴェッジは2枚の画像が確認。

具体的な発売予定などの情報は付随していませんが、サウンドウェーブの説明書きを見るに既存製品と同じように彩色済の可動モデルです。

efe4eb1f4134970af3da1c33c8cad1c8a7865d3c.jpg 72cdf0cd7b899e517fffdbc707a7d933c9950da3.jpg 933023fae6cd7b89f11ddb504a2442a7d8330ea3.jpg

■MP-53+セネタークロスカットのパッケージ画像

香港のロボットキングダムに、日本ではタカラトミーモール限定のMP-53+セネタークロスカットのパッケージ画像が掲載されています。


香港、マレーシア他のショップには今週入荷したようで、いくつかのショップで入荷報告が掲載されています。
いちおう、アジア各国でも発売日は日本と同じ3月26日に設定されているらしく、まだ買ったという報告は無いようですが。

以下画像。

276223122_5333106316708040_3323698450945724741_n.jpg 276213950_5333106346708037_2675494405941781029_n.jpg 276138398_5333106293374709_1912973247029675568_n.jpg

■レガシー:コアクラスwave1合体武器の説明書

台湾のTFND中の人のブログより、レガシーコアクラスwave1商品3点の画像レビュー

以前から、中身だけのレビューはいくつか出回っていますが、こちらはパッケージから紹介されています。

特に、これまで公式に説明されているのか不明だった合体武器は、きちんと説明書に組み立て方の記載があったのが確認できました。

以下画像一部抜粋

20220315_193650.jpg 20220315_193703.jpg 20220315_194120.jpg 20220315_195517.jpg 20220315_195910.jpg 20220315_195432.jpg



■ バズワージーバンブルビー・シルバーストリーク他の画像レビュー

台湾のTFNDの中の人のブログにて、バズワージーバンブルビー・シルバーストリーク、セレクトDK-2ガード、リフトチケットの画像レビューが投稿されています。

このレビュワーも台湾ハズブロから正式にサンプルの提供を受けており、これまでの動画レビューなどでは中身だけが紹介されていたものがきちんとパッケージから紹介されています。

以下画像。(一部抜粋・リフトチケットは略)

20220308_200032.jpg 20220308_200041.jpg 20220308_200958.jpg 20220308_200925.jpg 20220308_201304.jpg 20220308_201321.jpg 20220308_201337.jpg 20220308_202024.jpg 20220308_202037.jpg 20220308_202059.jpg 20220308_200149.jpg 20220308_200802.jpg 20220308_202302.jpg 20220308_201358.jpg 20220308_203221.jpg



■ボットボッツの初期コンセプトアートその2

引き続き、ケン・クリスチャンセンがボットボッツの初期コンセプトアートを公開しています。

デザインは、以下のキャラクターと思われます。(リンク先はTFwiki)

*Zanzabar
*Buffloon
*King Cheats
*Brash Butterhead
*Face Ace
*Peels the Monkey

初期のコンセプトなので、実際の製品とは異なる部分が多い感じで、今回も一部は2種のロボットモードが提案されています。

以下画像。

276064107_7583392325019349_7938417111250821700_n.jpg 276013210_7583392321686016_125901066918015086_n.jpg

■サイバーバース:ダイノボット・スラッグのコンセプトアート

デザイナーのエリック・シーベナラーが、サイバーバースのダイノボット・スラッグのロボットモードのコンセプトアートを投稿しています。

アニメ本編設定と比べると、G1版に近いスタイリングになっています。
発売された玩具は、どちらかと言えばコンセプトアートに近い部分が多い感じ。
今回の画稿で特徴的な尻尾は、玩具でもアニメ設定でもオミットされています。

以下、今回のコンセプトアートとアニメ設定再掲。

275748216_684544922737874_3814563329945800433_n.jpg 81491491491491491491491491491495.jpg

■ダイアモンドセレクト製ミニメイツwave3とガルバトロンスタチュー

IGNに独占記事として、ダイアモンドセレクト社のトランスフォーマー新製品が公開されています。

公開されたのは、いずれも1986ザムービーに関連した商品で、ガルバトロンのスタチューとミニメイツのwave3商品。

ガルバトロンのスタチューは16インチサイズで、300ドル1000個限定。

ミニメイツwave3は、アーシー、戴冠式スタースクリーム、ジャズ、ガルバトロンの4体のセットで29.99ドル。

どちらも2022年秋発売予定で、現地時間18日から予約開始だそう。

以下画像。

845656464641.jpg 87781456161464146.jpg 187654651461.jpg 12123123123123123123.jpg 1489456155464.jpg

■レガシー:wave1商品のQRコードコンテンツが公開

ハズブロTF公式SNSにて、レガシー商品に付属のQRコードでアンロックされるコンテンツが公開された事を告知しています。

投稿には、サンプルとしてヴォイジャークラス・バルクヘッドのQRコードが添付されています。このコードを読み込むと、それぞれのキャラクターバイオが掲載されたページを読むことができます。

バイオには、キャラクター設定文の他、帰属するユニバースなどの情報やテックスペック数値など掲載されています。

今回公開されたのは、レガシーのwave1商品分。リーダー、ヴォイジャー、デラックスクラスはパッケージ裏面に、コアクラスは説明書にQRコードが掲載されています。

以下、投稿されたQRコードとそれでアンロックされるコンテンツのキャプ。

275864711_4960231097400494_1408130223081336281_n.jpg 12312123123123123897.jpg



なお、ネタバレになりますが、レガシー商品のパッケージ画像はすでに公開されているので、リーダー、ヴォイジャー、デラックスクラスのコンテンツはその所在が明らかになっています。

*オプティマスプライム(G2)
*ガルバトロン
*バルクヘッド
*ブラスター
*スキッズ
*アーシー(プライム)
*ドラッグストライプ
*キックバック
追加
*イグアナス
*スカイワープ
*ホットロッド

■ボットボッツの初期コンセプアートいくつか

先日のロビー・ムッソに続き、ケン・クリスチャンセンがボットボッツの初期コンセプトアートを公開しています。

デザインは、おそらく以下のキャラクター。(リンク先はTFwiki)

*Crumbly Yumbly
*Grandma Crinkles
*Crabby Grabby
*Windbag
*Eye-Goon
*The Great Mumbo Bumblo
*Pressure Punk

いくつかのキャラクターは、ひとつのモチーフに2案のロボットモードがデザインされています。

275866163_7573935369298378_8965613758621626224_n.jpg 275966825_7573935365965045_5061566234677061959_n.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008