FC2ブログ
■2020年03月

■テレビマガジン、てれびくん5月号 

公称発売日4月1日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連。

◆テレビマガジン

TF記事はカラー1ページ分。今月もスタジオシリーズを扱った内容で、メガトロン特集。

掲載されているメガトロンは、直近のSS-46メガトロン(一作目)のみで、その他は「メガトロンにつかえる邪悪な部下たち……。」として9体のディセプティコンが掲載されています。列挙すると、スクラップメタル、ランページ、ロングハウル、ケイエスアイボス、ドロップキック2、サウンドウェーブ、ミックスマスター、ショックウェーブ、スカベンジャー。選定基準が謎というか、映画本編ではメガトロンとの絡みが無いキャラも居ます。

次号、6月号の予告には、ほんものふろくとして「サンダースパークバンブルビー」の告知が掲載されています。
トイは、2011年に発売されたダークサイドムーン版サイバーバース・リージョンクラス・バンブルビーのクリアイエローバージョン。

追加講談社公式サイトの6月号告知追加。

DSC_0473.jpg p72_73.jpg


◆てれびくん

なし。

102ページには、ロボカバトルが白黒ページで紹介されていますが、トランスフォーマーとシンカリオンへの言及は無く、アースグランナーを中心に紹介されています。

ちなみに、てれびくんの6月号にはアースグランナーのコアグランナーレオのラメ入りクリア版トイふろくが告知されています。2誌で同時にタカラトミーの変形ロボット玩具のふろくという趣向。

◆玩具広告

TT社の玩具広告枠は2誌とも同じ。スタジオシリーズの広告。
上半分が、SS-25オプティマスとSS-40ニューバンブルビー、下半分が、4月25日発売のセンチネルプライムとオフロードバンブルビーの2体。




■ジェネレーションセレクト次期商品4月2日解禁との告知

タカラトミーの公式ツイッターにて、ジェネレーションセレクトの次の商品が4月2日解禁との告知。

掲載されているのは、約1年前にジェネレーションセレクトの立ち上げ時に公開されたシルエットの別アングルとビークルモード。

シルエットは明らかに、1991年のテレビマガジン連載記事などに登場したスーパーメガトロンと思われます。

EUae_dNUwAAOfir.jpeg






■ネットフリックス版シージ:ウルトラマグナスの画像各種

香港のショップ、ロボットキングダムにネットフリックス版シージの中身画像が投稿されています。

いちおう、米ハズブロの製品情報ではスポイラーパックとして中身が非公開になっていましたが、ウルトラマグナス本体には特にネタバレ要素らしきものは無く、普通のウルトラマグナス色にバトルダメージ彩色。

付属品も、以前、ウォルマートの製品情報に掲載されていた通りの内容で、ラングの色違い製品と、エネルゴンキューブ3個、それを発掘して遊ぶ為のプレイドーが同梱されています。

アニメの内容がわからないので、この製品の内容が致命的なネタバレになるのかどうかはわかりませんが、ここでは特に配慮はせずに画像を並べておきます。

以下画像。

91359290_3152318484786845_8246063395564945408_n.jpg 91128632_3152318478120179_4851038747627618304_n.jpg 91501968_3152318568120170_8791631801022939136_n.jpg 91893116_3152318611453499_731566345077915648_n.jpg 91311614_3152318591453501_4345612107245420544_n.jpg 90349252_3152318761453484_6418733859713581056_n.jpg 91080894_3152318828120144_5146393667069542400_n.jpg 91769303_3152318878120139_3574132502236758016_n.jpg 91008916_3152318861453474_1835611370964385792_n.jpg 91369922_3152318944786799_7631271687937327104_n.jpg 91097250_3152318984786795_8826653621484519424_n.jpg 91871451_3152318964786797_3708351724885377024_n.jpg 91310469_3152319044786789_7202698204507275264_n.jpg 91258047_3152319068120120_4800766262802120704_n.jpg 91184915_3152319084786785_988946173005922304_n.jpg 91350021_3152319144786779_5971536586339254272_n.jpg 91503192_3152319181453442_2534266184811937792_n.jpg 91037262_3152319208120106_399311342961426432_n.jpg 91826899_3152319304786763_3031606578596806656_n.jpg 91074424_3152319374786756_6336341895756644352_n.jpg 91603806_3152319418120085_2638408262587777024_n.jpg

■スタジオシリーズ:デバステーター合体モード(スクラッパー無し)動画レビュー

TonTon Reviewに、スタジオシリーズのデバステーターの片腕なし状態の合体モード動画レビューが投稿されています。

ここでは先日、オーバーロードの動画レビューが投稿されていますが、スクラッパーは無かったので、その状態でのレビューとなっています。

以下キャプ画少し。

87984521313123.jpg 87984521313213.jpg 849523131.jpg 8798465521313123.jpg 895554654.jpg 4154645.jpg


以下動画埋め込み。


■海外版ジェネレーションセレクト:スパイパトロールチーム・サードユニットの画像

アジアのいくつかの地域では今週、ジェネレーションセレクトのスパイパトロールチーム・サードユニットが発売されているようで、画像がいくつか出回っています。(ソース1ソース2

シージで発売された、スパイパトロールチーム・セカンドユニットのランブルとラットバットの仕様変更商品で、その色違いのフレンジー、ウイングシングと、頭部パーツを変更してG1ダブルディーラーの付属パワーマスターを再現した、ノックとスカーの計4種セット。

パッケージは、通常のセレクトよりも薄く、内側はカセット柄。

以下画像。

90901575_10219495960962042_7539668303325691904_n.jpg 90963898_10219495961242049_2239456953849872384_n.jpg 91328848_10219495959802013_8261610614535749632_n.jpg 90258740_10219495960162022_914366587056685056_n.jpg 89845456565454.jpg 23213312365465.jpg 90721292_155768318975694_7477476592629043081_n.jpg 90952429_549388792425703_163990898787385027_n.jpg 90840639_2258692827567233_7101863973452139549_n.jpg 90868855_1105269609833510_4864996972826415710_n.jpg 91163646_140374327523176_666901548652908603_n.jpg 91091278_629454821117758_3309117399131648167_n.jpg

■スタジオシリーズ:海外版60.スクラッパーの動画レビュー

台湾の人が、スタジオシリーズの海外版60.スクラッパーの動画レビューを投稿しています。
ハズブロ台湾から提供を受けた製品版のレビュー。

今回は、単体としての紹介で、合体モードの紹介は無し。他商品との比較もランページのみ。

以下キャプ画少し。

85464654564.jpg 878454646454.jpg 8798456464654.jpg 8798654654145.jpg 879144156456546.jpg 23121331965.jpg 8953564654.jpg 87987987887999.jpg 8994561321321.jpg


以下動画埋め込み。


■スタジオシリーズ:海外版66.オーバーロードの動画レビュー

先日、TonTon Reviewで予告的に変形動画が公開されたスタジオシリーズのリーダークラス・オーバーロードですが、本番の動画レビューが投稿されました。

今回は、オーバーロード単体としてのレビューで、合体モードに関する紹介は無し。

以下キャプ画少し。

2321213565491859.jpg 89784545454654.jpg 8988845654654.jpg 87987954665465456.jpg 8946521313213.jpg 8984523132132.jpg 89754646465.jpg 8984545645.jpg 2321211198.jpg


以下動画埋め込み。


■(追加)スタジオシリーズ:海外版61.センチネルプライムの画像各種

台湾のTFNDに、スタジオシリーズ海外版61.ヴォイジャークラス・センチネルプライムの開封画像がいくつか投稿されています。

付属武器はブレードのみで2つに分割できるようです。シールドなどは無し。

追加:同じく台湾の人が、動画レビューを投稿しています。

以下動画埋め込み。


以下画像抜粋。

91096583_10158133986499814_2447326675122257920_o.jpg 91316705_10158133986564814_5426412297679536128_o.jpg 90255536_10158133986474814_2574175381703622656_o.jpg 90245715_10158133986949814_5630837876087324672_o.jpg 91413999_10158133987254814_2220451251118669824_o.jpg 91268571_10158133987294814_8861459078673596416_o.jpg 90333955_10158133987504814_3199127336981102592_o.jpg 90239458_10158133987354814_2857767356384411648_o.jpg 91298235_10158133987624814_284189408926629888_o.jpg 91413073_10158133987819814_8497251465495052288_o.jpg 90272320_10158133987614814_3317146475565154304_o.jpg 90231493_10158133987979814_1565872323670573056_o.jpg 90252536_10158133987999814_8422549893884674048_o.jpg 90231990_10158133988184814_5776615177852026880_o.jpg 91339353_10158134044039814_1189837654754066432_o.jpg



■フィギュア王No.266

本日、3月26日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー4ページ分。

◆アースライズER-06スカイリンクスを2ページにわたって詳細に紹介されています。

これまで宣材などでわからなかった、シャトルモードの着陸脚の存在や、可動部分への言及、非公式なプレイバリューなども紹介されています。

◆タカラトミーモール限定クインテッサ星人、アリコン、スリザーファングの紹介。写真は小さめですが、クインテッサの顔を回転させるレバーなどの写真もあり。

◆スタジオシリーズ4月発売商品 SS-48オフロードバンブルビー、SS-49センチネルプライムの紹介。写真各2点ずつのみで特に新情報なし。

◆スタジオシリーズ・ショップ解禁前商品のプレビューとして、スクラッパー、オーバーロード、ロードバスター、トップスピン、サウンドウェーブ、シャッター2、ブリッツウイングが紹介。
写真は、基本的に各2点ずつですが、スクラッパーとオーバーロードは合体腕モード、胴体モードも単体で掲載されています。

◆その他、アトモスダックカモコンボイ、MP-50タイガトロン、WFCシージのネットフリックスアニメなどが紹介されています。



■ネットフリックス版シージ:ヴォイジャークラス・ホットリンクの画像いくつか

TFW2005のフォーラムに、ネットフリックス版シージのヴォイジャークラス・ホットリンクの開封画像がいくつか投稿されています。

ホットリンクというキャラクターは、G1アニメの第1話の冒頭に1カット登場した、火炎放射器を持ったジェットロンに後年、後付で名称などが設定されたもの。

今回付属のバトルマスター、ハートバーンとヒートストロークの2体は、火炎放射器に変形する双子という設定で同型同色。

CC369F1F-78B6-4DCF-A369-83D7E5384A99.jpeg 8106A308-13CB-4B71-AFCE-1707BD0CBE66.jpeg 1F918FA1-D57F-4811-9924-29904873F0D6.jpeg 20200325_213101.jpg 20200325_213119.jpg 20200325_213128.jpg 20200325_213004.jpg 20200325_212611.jpg 20200325_212456.jpg



■ネットフリックス版シージ:ヴォイジャークラス・メガトロンの画像など

中国ハズブロのTF公式ウェイボにネットフリックス版シージのヴォイジャークラス・メガトロンの画像がいくつか投稿されています。

製品版を撮影したもののようですが、かなり見栄えが良い感じ。
付属のバトルマスターのピンポインターとライオナイザーは、オートボット側のキャラクターが捕虜として使役されている設定。
アジアの多くの地域では、4月1日に発売となっているようです。

また、香港のロボットキングダムには、メガトロンとホットリンクのパッケージ画像が投稿されています。

7d84dc6egy1gd61lh0nhdj237k4tc7wj.jpg 7d84dc6egy1gd61lds7nzj234j4jdu0y.jpg 7d84dc6egy1gd61ljt93gj22uc48uu0x.jpg 7d84dc6egy1gd61l5myocj237k4tcb2b.jpg 7d84dc6egy1gd61lapg9sj237k4tchdu.jpg 7d84dc6egy1gd61l1epqyj237k4tc1kz.jpg 7d84dc6egy1gd61kqfuwmj24rw36mkjn.jpg 7d84dc6egy1gd61ktvpqbj24tc37k4qr.jpg 7d84dc6egy1gd61kyg8e0j24tc37kx6q.jpg 90541903_3139795536039140_5461689849083854848_n.jpg 90922693_3139795552705805_8337120778164109312_n.jpg 90525747_3139795656039128_6801296616927002624_n.jpg 90670770_3139795792705781_8524323125398077440_n.jpg

■ホビージャパン5月号(ビーストジェネレーション第5回)

本日発売のホビージャパン誌の連載記事『ビーストジェネレーション』第5回は、「和製ビーストの魅力。」の見出しで、ビーストウォーズセカンド、ネオの2作品に登場する玩具をいくつか紹介しています。

写真付きで紹介されているのは、ガルバトロン、マグマトロン、ロングラック、ブレイク、ガイルダート、ムーン、イカード&タコタンク、ハインラッドの8商品。

インタビュー記事は幸日佐志が登場。ビーストウォーズセカンドの企画に参加した当時の状況やBWネオ商品の第3形態のコンセプトなどが語られています。




■スタジオシリーズ:リーダークラス・オーバーロードのストップモーション動画

TonTon Reviewに、スタジシリーズのリーダークラス・オーバーロードの動画レビューのティザーとして、1分ほどのストップモーション動画が投稿されています。

ビークルモードからロボットモードへの変形を再現したストップモーションで、合体ギミックなどは未掲載。

今後、フルレビューが公開されるものと思われます。

以下キャプ画少し。

4154654.jpg 898754646465456.jpg 665621321321546.jpg


以下動画埋め込み。


■ネットフリックス版シージ:ホットリンク、スクラップフェイス、ハウンド、ミラージュの宣材

TFW2005のフォーラムに、Dorkside toysから提供されたという触れ込みでネットフリックス版シージ商品4点の宣材が投稿されています。

今回掲載されているのは、スクラップフェイス6枚、ホットリンク6枚、ハウンド4枚、ミラージュ4枚の計20枚。

いずれも、製品版に近いサンプルを撮影したものと思われます。
ハウンドとスクラップフェイスの画像に、デラックスクラス各商品に封入のテレトランワンの組み立て式背景が写っています。

以下画像。

05-War For Cybertron Netflix Scrapface 01-War For Cybertron Netflix Scrapface 03-War For Cybertron Netflix Scrapface 04-War For Cybertron Netflix Scrapface 02-War For Cybertron Netflix Scrapface 06-War For Cybertron Netflix Scrapface 08-War For Cybertron Netflix Hotlink 09-War For Cybertron Netflix Hotlink 10-War For Cybertron Netflix Hotlink 07-War For Cybertron Netflix Hotlink 11-War For Cybertron Netflix Hotlink 12-War For Cybertron Netflix Hotlink 13-War For Cybertron Netflix Hound 15-War For Cybertron Netflix Hound 16-War For Cybertron Netflix Hound 14-War For Cybertron Netflix Hound 17-War For Cybertron Netflix Decepticon Mirage 19-War For Cybertron Netflix Decepticon Mirage 18-War For Cybertron Netflix Decepticon Mirage 20-War For Cybertron Netflix Decepticon Mirage

■アースライズ:リーダークラス・ダブルディーラーの宣材

Dorksidetoysに、アースライズのリーダークラス・ダブルディーラーの宣材画像が更新されています。

これまでとは違う中身画像とパッケージの画像が計6枚。
基地モードではミサイルを垂直に立てられるのは初出ぽい感じ。

90112678_2289814024454517_6104799375605628928_o.jpg 90238086_2289814117787841_8857358480122576896_o.jpg 90085994_2289813957787857_4896118075826372608_o.jpg 90257820_2289813861121200_2291704492271337472_o.jpg 90253802_2289813931121193_1826617451748524032_o.jpg 90168864_2289813821121204_200666399692029952_o.jpg



あと、トイフェア時の情報ですが、ブログ記事にしてなかったのでここで書いておきますが、ダブルディーラーのロボットモードの両肩のエンブレムは宣材などではオートボットになっていますが、パネルを移動させる事でディセプティコンにする事ができる。Unicron.comに動画が掲載されています。



■MP-38+バーニングコンボイのアジア限定特典コレクターピン

香港のショップ、ロボットキングダムにMP-38+バーニングコンボイのパッケージとアジア限定特典コレクターピンの画像が掲載されています。

いつものように、マトリクスの中央に該当キャラクターの頭部レリーフをあしらったデザイン。

以下画像。

90480891_3127997920552235_3748878761412526080_n.jpg 90055784_3127913313894029_4084068123840348160_n.jpg 89590544_3127913300560697_122179170892513280_n.jpg

■アトモスコラボ商品:MP-10DC コンボイ(アトモスダックカモVer.)3月26日発売との告知

2月のワンフェスで展示され、「3月発売」とだけ告知されていた、アトモスコラボ商品の『MP-10DC コンボイ(アトモスダックカモVer.)』ですが、アトモスの公式サイトにて発売日などが告知されました。

*2020年3月26日(木)より、NIKE AIR MAX 90/2090 “DUCK CAMO” atmos Capsule Collectionが登場。

今回のダックカモコンボイは、ナイキエアマックス90/2090の発売を記念して、ダックカモをモチーフとした商品各種を発売する“DUCK CAMO”atmos Capsule Collectionの一環として発売。


税抜19000円にて、3月26日(木)に、アトモス店舗とオンラインストアにて販売するとの事で、製品画像なども掲載されています。

コンボイの他に、Tシャツやバッグなどのダックカモグッズも発売されますが、それらはここでは割愛します。

また、トランスフォーマーとは関係ないですが、今回のダックカモコレクションの発売に関連して、Mercedes me Tokyo(六本木)で3月26日から、メルセデスベンツG550のダックカモラッピング車両を展示するという話。くれぐれもトランスフォーマーとは関係ないですが。

87987546464.jpg 88754654664646.jpg 2132134556465.jpg 8798546546546.jpg 87984546545644.jpg 8798454654654656.jpg 116.jpg



追加商品ページ。

90914593_2301270633308856_5153426856405368832_o.jpg 90267336_2301270463308873_6820988994734522368_o.jpg 90255983_2301270436642209_8281134745589383168_o.jpg 91030252_2301270409975545_7949388125866819584_o.jpg 90997292_2301270586642194_1599632725122220032_o.jpg 90988794_2301270563308863_1581645887417876480_o.jpg 91211398_2301270546642198_9088589112633458688_o.jpg 90245722_2301270509975535_1032651030065577984_o.jpg 90243211_2301270483308871_8332820390619381760_o.jpg 90996017_2301270719975514_9077804655911632896_o.jpg

■海外ショップ情報:MPM-10スタースクリーム9月、スタジオシリーズ6~9月商品、ネットフリックス版シージ9月発売

Loopaza Mega Storeに、日本の9月までの発売商品の情報が掲載されています。

それによると、ネットフリックス版シージの商品が9月発売、マスターピースムービーMPM-10スタースクリームが9月発売、スタジオシリーズの6~9月発売商品が掲載されています。


◆ネットフリック版シージ 9月

WFC-01ミラージュ     3500円
WFC-02ハウンド      3500円
WFC-03クロミア      3500円
WFC-04サイドスワイプ   3500円
WFC-05スクラップフェイス 3500円
WFC-06ホットリンク    6000円
WFC-07メガトロン     6000円
WFC-08ウルトラマグナス  10000円


◆スタジオシリーズ

5月
SS-52シャッター2

8月
SS-53クリフジャンパー
SS-54ディセプティコンオーバーロード

9月
SS-55サウンドウェーブ
SS-56トップスピン

◆マスターピースムービー 9月

MPM-10スタースクリーム 20000円


スタジオシリーズは、現在日本国内で予約開始しているのは、4月のSS-49センチネルプライムまでですが、今回のリストに載っていない5月発売のSS-50、51は去年の10月にリストが出ています。

84089022_2999605046767657_5236462623075074048_n.png

■スーパー7製リ・アクション:トランスフォーマーwave2商品の宣材など

海外ショップ各店に、スーパー7製のリ・アクションシリーズ・トランスフォーマーwave2商品の宣材画像が掲載されています。

アルファトライオン、スカイファイア、グリムロック、ミラージュ、ショックウェーブ、ランブル、シャープネル、アストロトレインの8体。

ランブルは日本で言う所のフレンジー色ですが、G1アニメ原語版ではこの色がランブルと呼ばれています。

また、スーパー7のSNSによれば、リ・アクショントランスフォーマーwave2商品は、来週、3月27日から販売開始との事。画像が1枚添付されています。

以下画像。

0a869e97-2960-4158-af6f-09af1089c6b4.jpg ff4465e1-1865-427d-8f29-7beb0f93e3fd.jpg b768909b-46e5-413a-8ea7-fd5ebe13eb73.jpg 1d7ff3ac-8815-4133-bf28-79947bbb6643.jpg a619dc62-798e-4692-8741-b5432ce065f6.jpg 35e0cbf3-b5fb-42ac-8c40-70c5df4023d6.jpg b0174dd2-5c0a-44cd-9ae1-c1c1c15be32f.jpg a550a4fa-4f94-4554-9240-ef8ea90fb52b.jpg 0eb8b1a9-8ed8-47a6-853a-c34188779d92.jpg 74f42582-bbc9-44e6-bbba-f14d47e9b3cc.jpg a54ad179-a068-477e-9a1b-18e73e0793e3.jpg 066398d0-ab9b-4648-952d-0c2c4947b495.jpg 6edd665d-fe93-496d-beb3-2a0be2cce897.jpg 0093efd3-2cf1-4cc4-9f52-f8b8b02fd40d.jpg afc9037d-f2b7-4d0e-bf02-31e74db58b60.jpg 95add6fd-c818-4e96-8535-dcd2d894a3f9.jpg ETaRl8yUUAA3ALS.jpeg

■『おもちゃがあたる!ロボカバトル』にトランスフォーマーが参戦

タカラトミーアーツのキッズアミューズメントカードゲームの新作、『おもちゃがあたる!ロボカバトル』の情報が公開されています。

*『おもちゃがあたる!ロボカバトル』公式サイト

ETR6g96XgAEe9Xn.jpg


現在、おもちゃ売り場などで展開中の『 新幹線変形ロボ シンカリオン カードがもらえる!超シンカバトル』の後継機種で、基本的な構成は同じ。1ゲーム100円で排出されるカードを使ってバトルができるキッズ向けゲーム。4月23日より稼働開始。

今回のロボカバトルは単一作品では無く、アースグランナー、シンカリオン、トランスフォーマーの3タイトルが登場します。超シンカバトルではシンカリオン玩具に付属のShincaをスキャンしてゲームに利用する事ができましたが、今回はアースグランナー商品のキーアイテムであるコアグランナーをスキャンする事ができるように改定されています。

ゲームタイトルにある「おもちゃがあたる!」というのは、カードを3枚連続排出すると表示されるナンバーを応募すると抽選で金メッキのコアグランナーがもらえる所から来ています。

img01_pc.jpg


第1弾のカードは全30種類あり、星1つから星5つまでのレアリティが設定されています。全30種のカードの作品内訳は、アースグランナー15枚、シンカリオン13枚、トランスフォーマー2枚(オプティマス星1、バンブルビー星4)となっており、トランスフォーマーは明らかにおまけ的な扱い。

また、今作のトランスフォーマーのカードは明確にサイバーバース版のオプティマスプライムとバンブルビーが描かれているものの、作品タイトルは単に「トランスフォーマー」とだけ記載されています。サイバーバースのアニメは講談社系の配信だった事に対する配慮なのかと思いましたが、単に今後歴代のTF作品からランダムにキャラクターを導入する都合かもしれません。

*カード一覧。

10_20200317204939b07.jpg 11_2020031720493518a.jpg


プロモ動画





■タカラトミーモール限定ダイアクロン:DA-53ボレットコアセット、DA-54トライランブラーの受注期間が延長。締切は4月13日。

2月10日から予約受付中のタカラトミーモール限定ダイアクロンの2点の予約期間が延長。本来の締切は本日の昼13時でしたが、4月13日(月)13時まで延長されました。発売日は6月下旬のまま。

ポイント20倍キャンペーンも継続している模様。

*DA-53 トライヴァース ボレットコアセット5500円
*DA-54 トライヴァース トライランブラー13200円

予約期間:2020年2月10日(月)12:00 ~ 4月13日(月)13:00

main_20200316212857d23.jpg main_02.jpg main_01.jpg


■WFCシージ:公式サイトのアンロックコンテンツ動画の完全版が公開

ハズブロのTF公式ユーチューブにて、WFCシージのストップモーション動画の完全版が公開されました。

これは、ハズブロTF公式サイトにあったWFCシージのパッケージに隠されたコードを解読するコンテンツで、コード解読数に応じて順次アンロックされる動画で、全5本で構成されていたもの。今回は、それを1本の動画にまとめて公開しています。

以下動画埋め込み。


ちなみに、このコードは全33種あり、全て解読すると最後のアンロックコンテンツとして、サイバートロン星のマップがダウンロードできるようになります。(これ

もうネタバレという時期でも無いので、コードも全部書いておきます。
続きを読む >>

■イギリスの保険会社がバンブルビー他とタイアップしたCMを公開

イギリスの保険会社、ダイレクトラインがキャンペーン広告として、バンブルビー、忍者タートルズ、ロボコップが登場するCM動画3本を公開しました。

CMはそれぞれ約1分の内容で、流用では無い新規に制作された映像が使われています。

上記リンク先以外に、ダイレクトラインのユーチューブでも見られます。

以下動画埋め込み。(バンブルビーのみ)


■MP-50タイガトロン、ER-06スカイリンクス、ER-07スモークスクリーン アマゾン予約開始

アマゾンにて、トランスフォーマー新製品3点の予約が始まっています。

*ER-06スカイリンクス 7月31日
*ER-07スモークスクリーン 8月15日
*MP-50タイガトロン 9月30日
ダイアクロン
*DA-55 ヴァースライザー2号 9月30日
------------------------------------------------------------------------
楽天検索結果

*ER-06スカイリンクス
*ER-07スモークスクリーン
*MP-50タイガトロン
*DA-55 ヴァースライザー2号




以下画像。(MP-50は海外で出回っていなかったものだけ抜粋)

231546797987.jpg 21325555.jpg 85451515.jpg 213215156546587.jpg 87987454464564.jpg 8987544646454.jpg 879845454654.jpg 21321546465464.jpg 175465415654645546546.jpg 87984545454546.jpg 85554564654.jpg 5465465465466.jpg 968544645.jpg 8988454546.jpg 213213546546879.jpg 8978754654546546.jpg 879875465454654.jpg 84954654654.jpg 879879546544564.jpg 213213321354.jpg 8885656546.jpg 56546546546546546546.jpg 515132132.jpg 87954654564456.jpg 8798454545645646.jpg 879546545465465.jpg 89554654.jpg 888454456.jpg 2121323156456.jpg 88546456465.jpg



■サイバーバース:エネルゴンアーマーCM動画(舞台裏紹介付き)が公開

ハズブロのTF公式ユーチューブに、サイバーバースのエネルゴンアーマー商品のCM動画とその撮影の舞台裏を紹介した動画が掲載されました。

動画は、バンブルビーがハズブロのCM撮影現場を訪問する体で作られており、終盤には完成版のCMも収録されています。

今回のCMは、エネルゴンアーマーシリーズを扱ったもので、特徴的なアルティメットクラス・オプティマスの変形時の回転ギミックが確認できます。短いながらCGアニメパートもあり、オプティマス、バンブルビー、ショックウェーブが登場。

以下キャプ画少し。

87985445464654.jpg 879875454646.jpg 7946546464654654654.jpg



以下動画埋め込み。



■スーパー7:スーパーショーグン・オプティマスプライムのプロモ動画

スーパー7のユーチューブチャネルに、絶賛受注生産予約受付中のスーパーショーグン・オプティマスオプライムのプロモ動画が掲載されました。

約30秒の尺で、商品のギミックを誇張気味に紹介しています。

スーパーショーグン・オプティマスプライムは、いわゆるジャンボマシンダーサイズの大型フィギュアで、スーパー7のサイトなどで受注生産予約受付中。
約60センチ、350ドル、予約締切は3月31日、発送予定は2020年冬。
日本からも注文可能です。


以下動画埋め込み。


■MP-50タイガトロンの宣材らしき画像

中国の百度贴吧に、MP-50タイガトロンの宣材画像らしきものが投稿されています。

おそらく日本向けのショップ宣材と思いますが、知る限りでは今の所、日本国内での公開はされていないと思われます。

以下画像。

01141ff790529822f9fd4ca3c0ca7bcb0b46d4bf.jpg ae67232ac65c1038fdb0bba2a5119313b17e89bf.jpg 3bee9b1001e93901e8ccf85e6cec54e737d196bf.jpg ca86dd134954092333a7161e8558d109b2de49bf.jpg c0a3b2c27d1ed21b2e005b85ba6eddc450da3fbf.jpg 8fa2c743ad4bd1134904c2524dafa40f4afb05bf.jpg f766ee198618367a80400abd39738bd4b21ce5b8.jpg 88357356_655418305211532_238483921740759040_n.jpg 88080214_655418395211523_1648396989232054272_n.jpg

■オーストラリア・トイホビー&ライセンシングフェア2020の模様

オーストラリアのファンサイト、Ozformers に現地時間3月1日からメルボルンにて開催中のオーストラリア・トイホビー&ライセンシングフェア2020のハズブロトランスフォーマーブースのレポートが掲載されました。


◆今回のオーストラリアトイフェアでは、本来、アースライズのサンストリーカーとトレイルブレイカーが世界初公開される予定で、AU現地時間3月1日12時までは北米のショップに情報を公開しないよう要請されていたそうですが、ご存知の通り、プレビューズのサイトでフライング掲載され、世界初公開とはなりませんでした。

今回オーストラリアで公開されたのは、WFC-E34トレイルブレイカーとWFC-E36サンストリーカーのCG宣材とプレスリリースのみで、試作品などの展示は間に合わなったそう。




◆ハズブロブースでの展示は、基本的に既出情報の範囲内ですが、特記事項としてスカイリンクスに関してOzformersが個人的に持ち込んだG1玩具との比較画像があり、アースライズ版はG1版とほぼ同じ大きさのようです。

また、日本のマスターピース商品のパッケージがいくつか並んでおり、MP-11破壊大帝スタースクリームや赤バンブルなどの古い商品も並んでいますが、これは単にサンプルとして並べてあるだけで再販などがあるわけでは無いそう。

030104.jpg 030105.jpg 030106.jpg 030107.jpg


◆オーストラリアトイフェアでは、最新玩具の試遊が許されるファンミーティングが毎回行われていますが、今回はアースライズ版スカイリンクスとネットフリックス版サイドスワイプとハウンドが試遊できたそう。

スカイリンクス付属のユニバースマップには、惑星ジャール(Chaar)とデッドユニバースが隠されているとの事。

030110.jpg 030108.jpg 030109.jpg




楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008