FC2ブログ
■2019年01月

■WFCシージ:プロモ動画2本

ハズブロのWFCシージのプロモ動画いくつか。

◆WFCシージのCM動画15秒。

タイ向けに公開されたもので現地字幕入り。おそらく内容自体は北米向けと同じと思います。



◆WFCシージのパッケージに隠されたサイバトロン文字解読プロモ

パッケージにブラックライトを当てて、サイバトロン文字を判読。公式サイトのデコーダーに入力してコンテンツをアンロックする一連の流れを動画で説明。
ちなみに、ブラックライトは小さいものなら100円ショップでも売ってます。



■海外復刻版TF:ギアーズとワーパスのパッケージ宣材

イギリスのショップ、In Demand Toysに、今年発売予定の海外復刻版商品として、ギアーズとワーパスのパッケージ画像が掲載されています。

今のところ、オフィシャルな情報は出ていませんが、いちおうショップ情報なので、確定的なものだろうとは思います。
このショップの情報として、以前、復刻版サウンドウェーブのパッケージ画像も出ていました。

以下、画像。

49701168_2258031091107463_1008356070814384128_n.jpg 49816898_2258031081107464_8005317920139771904_n.jpg

■ディッキートイズ製バンブルビーダイキャストの画像など

タイのUncleTree Studio Toys Addictで、ディッキートイズ製のバンブルビーのダイキャストミニカーが紹介されています。

*画像
*動画レビュー

いわゆるトミカサイズのダイキャストミニカーとダイキャストフィギュアで、今回の実写バンブルビーでは、それぞれ単品のブリスターと、2種セット箱、最後の騎士王版との4種セットなどのパッケージで発売されていますが、中身は同じもののようです。

フォルクスワーゲンは、汚し塗装入りで、ボンネットが開閉。ロボットモードフィギュアは腕と脚部の付け根が可動します。

以下、画像。

49082519_2213061155576395_8754353254420185088_n.jpg 48385290_2205271279688716_5994921089833107456_n.jpg 48926365_2205271323022045_8860792577058668544_n.jpg 213213546494781.jpg 49330456_2217079041841273_7197604588042584064_o.jpg 49896352_2217079108507933_2118259290358677504_o.jpg 50014503_2217079195174591_9161771945153265664_o.jpg 49667110_2217079061841271_6746931165707370496_o.jpg 49788134_2217079005174610_8165539415964254208_o.jpg 21132646899.jpg 21346549879.jpg 232138694416.jpg



■スタジオシリーズ:40.シャッターのストップモーション動画

ユーチューブのBob ToysReviewというアカウントが投稿している、ストップモーション動画の中に、発売前のスタジオシリーズ40.シャッターが登場しているのが話題に。

*Transformers Stop motion! Excavator Crapmetal, Bulldozers Rampage & Dinoco Tobot Robot Car vs Hulk!(シャッターが出てくるのはこの動画の終盤)

動画自体はレビューでは無く、雑多な玩具を使って独自のストーリーを展開している系のストップモーション動画。発売前だからと言って、特に大きく扱われているわけでも無いです。なんで発売前に撮影できるのかはよくわかりませんが、いわゆる工場流出品的なものか何かなのでは。

過去動画を少し見てみましたが、以前、画像が出回ってたものの出典不明だった、スクラップメタルやランページは、この人の動画からのキャプ画だったようです。他にも、11月の時点で、日本のMP-36+メガトロンが登場していたりもします。詳しく見ていくと、もっと色々とありそうな感じはします。

以下、シャッターキャプ画少し。

13215646546.jpg 21549566.jpg 23123564878979.jpg 21321345648798797.jpg 231135649879879.jpg 2313564964654.jpg



■(追加)スタジオシリーズ:海外版38.オプティマスプライムの画像いくつか

TonTon Reviewの人が、スタジオシリーズ38.オプティマスプライムの画像を2枚ほど投稿しています。

今回は、ロボットモード正面と、カーモードの後面の2枚が投稿されています。
次の動画レビューの予告だそう。

トラックモードの画像は、以前に、パッケージ裏面らしき画像で確認できましたが、玩具写真では初。今回のオプティマスは、G1風の地球型トレーラーヘッドです。今回の画像には、比較用にロストエイジのクラシックオプティマスとMP-10が配置されています。

8675464135.jpg 8914141165.jpg


追加:動画レビューが投稿されました。
トラックモードでは、銃を脚部の間に挟んで収納するようです。

以下、キャプ画少し。

87151644516456.jpg 41546541654.jpg 8978715716544.jpg 8794771541546.jpg 89114114541654.jpg 546545465643432.jpg


以下、動画埋め込み。



■(追加)スタジオシリーズ:海外版27.ラスティバンブルビー、31.バトルダメージメガトロンの画像いくつか

香港のホビーマイザーに、新製品の購入者が画像をいくつか投稿しています。

27.ラスティバンブルビー

基本的に、01.バンブルビーの彩色を一部変更して、汚し塗装を追加した製品。

他の同時発売の新製品に比べて注目度が低く、あまり画像が出回っていませんでしたが、01.バンブルビーの時のルーフがすぐ外れる問題などが改善されているという話。
ちなみに、「ラスティバンブルビー」は3月発売の日本版の商品名で、海外では「クランカーバンブルビー」という名称ですが、このブログでは最近はラスティで統一しています。

49343226_10218209894020870_7702436478533500928_o.jpg 49948759_10218209892020820_412456442558152704_o.jpg 49596129_10218209891500807_2025484792719474688_o.jpg 49181243_10218209892660836_3297999373920632832_o.jpg 49196441_10218209893100847_5842794722598322176_o.jpg 48991558_10218209892300827_2447007546167263232_n.jpg


31.バトルダメージ版メガトロン

通常版13.メガトロンとの比較画像など。
新規造形のダメージ頭部の他、成型色が重厚な感じになって彩色も増えているようです。

追加:ビークルモードの画像2枚追加。

49211005_1857302151034048_6773114617783648256_o.jpg 49188506_1857302141034049_4110328408586584064_o.jpg 49711532_1857302217700708_8908759708123267072_o.jpg 49564183_1857302111034052_996576251126743040_n.jpg 49285356_1857302284367368_6422626006321856512_n.jpg 49454713_1857302477700682_35758231259185152_n.jpg 48396417_1857302454367351_4673170584098570240_n.jpg 49897212_1857302521034011_5017339486191747072_n.jpg 49525800_1857302624367334_1708476817129603072_n.jpg 48929047_1857302427700687_5705272760293392384_n.jpg 49203310_1857302677700662_6211830755190898688_n.jpg 49656321_2296336267265987_8222714445810368512_n.jpg 49696277_2296336277265986_3741757757175365632_n.jpg

■実写バンブルビー:エンルゴンイグナイターシリーズ新製品が公開

ハズブロの公式サイトの商品ページに、実写バンブルビーのエネルゴンイグナイターシリーズの新製品が5点登録されています。

以下画像。プレイ画像は一部のみ抜粋。

◆イグナイターパワー

*ラチェット

以前、店頭発見報告があったもの。過去の実写映画をベースにした玩具独自デザイン。

abe01c977bae990353e4fde6ddef4b29597733a5.jpg ade77c339ad58a0b4a0312b83b868ed17e9efff4.jpg 0a1104db884017a68fb34892cd18a6d8bd0a980b.jpg ec30c483baca8bb6bdf2fd904a9be5e0ecaeaf43.jpg 6da1283bde39b8d5ebd6ad4c72ef76332a4ad463.jpg b15bd6d1a1a875ff37f4f7afd11c981767cd531c.jpg


◆イグナイターパワープラス

*サウンドウェーブ
*アイアンハイド

いずれも初出。
サウンドウェーブは、今回の映画のG1風デザインをモチーフにした玩具独自デザインのように思えます。バンのサイドに黒豹と鷹のグラフィックが描かれています。イグナイターコアは通常のエンジン型では無くラジカセ型で色もシルバーなのが特徴。
アイアンハイドは、過去の実写映画版をベースにした玩具独自デザインと思います。

7df75ca0f3ea90819071cb85337860fed6e1e84b.jpg 60eeac873e9623ffa1444fe771348ab2e502622c.jpg bb8a1dc80a7849af2754933027703db6e06de221.jpg 0e2b1928e2f683cd4c2ede28c014b110579eff8d.jpg fc84e47e36ed0c3623f182cc5c538209a9f705b8.jpg 5eb2adbefd32f8b5f297e5b52c4f25b2d28bbf1b.jpg 65ab633c74148f3c9d8565e5fc661c5e5644e32c.jpg 4751b4cbbaabe5d2c305e21062b83b00cf62a39c.jpg 15550abb8f672db0b8579ef4d6a5689354ce6fbf.jpg 71fe3c5707fe1d92c894311a63d5f3173628a506.jpg 6cace17d3b9725f892582609322328deba30c31b.jpg f86b6d2ca2157ba0d916957131ec80b3753b1c47.jpg


◆エネルゴンイグナイターニトロ

*ブリッツウイング
*ドロップキック

以前から、断片的に情報が出ていたアイテムですが、メーカーから公式に情報が発信されるのは初と思われます。

97831bbe1e8366e4f8b982ac94c7fe574c7012b0.jpg e90f171e38657e205f8c761de7d89a1ec574e9f8.jpg 465b3abb18fba09e296ed0d62b91873aa28d3beb.jpg 74128e83c1d3c9031d7395ae57d6357db48b1e7f.jpg d3ff9749d737336eddf1be8021e936b5a786fe32.jpg 4c48474d72714dfa09f27595d409912b48a75448.jpg 156f82e4d8d589c6897a4b40b4f42bf64cd4e456.jpg fc0164d023105dfcf8b45f1bc2b510d54b25a3e0.jpg 0412dc61ed0e94dc30369c6b5a5ecb5407291f17.jpg 2e7be9c49e71431e4bf62f1e7ccf97a74630fd7f.jpg b7ce4a2c50e60d33a046efa2686c3b1d59731c50.jpg 28f9d2dc83f8a14c70cf0aa83df32fdba2cec429.jpg



■WFCシージ:ハズブロ公式サイトのサイバトロン文字解読アンロックコンテンツが公開。その中に女性合体戦士の構成図など。

1ヶ月ほど前に記事した、ハズブロの公式サイトに掲載されたWFCシージのサイバトロン文字解読コーナーのコンテンツが予告通り1月3日から運用開始され、アンロックコンテンツなどの公開が始まりました。

*CLASSIFIED DATABASE DISCOVERED(ハズブロ公式サイト)

以前は、シージのパッケージに隠されたサイバトロン文字の解読だけはできるようになっていましたが、今回、コーナー全体の構成が変更され、アンロックコンテンツのマップをメインに据えたデザインになっています。

メインページの中央には、サイバートロン星のマップ(裏表)があり、その上に、アンロックコンテンツのアイコンが散りばめられています。このアイコンは、現在9個が解除可能ですが、その他はロックされた状態で、今後、新製品の発売と共に順次解除可能になっていく模様。アイコンは、軍団マークと数字が入っており、この数字は、シージ商品のパッケージに記載されている商品番号(WFC-S**)に対応しています。現在、51番のアイコンが確認できるので、シージの商品は最低でも51種は発売されるという事になります。

2311232165465465498.jpg


メインページの右下には、2つのアイコンがあり、上の方は以前からある、サイバトロン文字のデコーダーへのリンク。下の方は、上のデコーダーで解読されたコードを入力して具体的にアンロックコンテンツを解除するところ。
なぜ、わざわざ2段構えになっているのかよくわかりませんが、このおかげで、パッケージのサイバトロン文字を解読しなくても、適当に関係ありそうなワードを入力して、それが正解ならばコンテンツが解除されてしまうという事案が発生しています(後述)。

87987954654614146.jpg 89415464164164.jpg


解除されたコンテンツは、サイバートロン星のマップ上のアイコンから、いつでも見る事ができます。このコンテンツは、各キャラクターの役職や「最後に確認された場所」と「その場所の説明」で、サイバートロン星の都市や地形などの情報が説明されています。サイバートロン星のマップのアイコンがある位置が、その都市や地形のある場所という事でしょう。他に、各商品の変形動画も掲載されています。

2121354654689971.jpg 1446565656.jpg


解除されたコンテンツは、メインページ左下のアイコンでカウントされており、このアイコンをクリックすると、解除されたコンテンツの数によって閲覧可能になる、さらなる追加コンテンツを見ることができます。
この追加コンテンツは具体的には、シージの玩具をコマ撮りしたストーリーで、現在、最大3つまで閲覧可能。今後、商品の発売に伴って、4月、7月、12月に新映像が公開される模様。

89114456456546.jpg 211231654654564.jpg


ここまでが、公式に公開されている内容。

◆先程、「適当にワードを入力するだけで解除されてしまう事案」と書きましたが、現在、発売前の商品のコンテンツが解除されてしまう事例がひとつ出ています。

現在解除可能なコンテンツは、全9個ですが、発売中のシージ商品(デラックス、ヴォイジャー、リーダー)は、オプティマス、メガトロン、サイドスワイプ、コグ、ハウンド、スカイトレッド、ウルトラマグナス、ショックウェーブの8種類。残る1つのアイコン(オートボット15)は、リークらしき画像が出回っている、グリーンライトのパッケージ記載から、それであろうというところまでは判明していますが、商品自体は発売されていないので、そこに隠されたサイバトロン文字は不明。

ですが、サイバトロン文字の解除は関係無く、適当に関係ありそうなワードを入力するだけで正解であれば解除されてしまう仕様なので、さっそく正解が当てられています。ネタバレになるかもしれませんが、具体的にコードを言うと、「LANCER」が正解。それぞれのコードは、そのキャラクターに関連するワードなので、推測は比較的簡単で、このランサーというのは、G1アニメの「アルファートリンを探せ!」にグリーンライトと共にモブ的に登場したウーマンサイバトロンのひとりの名前。(余談ですが、グリーンライトとランサーという名前は近年後付けされたもので、当時は名前は無かった)

そして、その正解のコードを入力して解除されたコンテンツは、当然のようにグリーンライトその人でした。
解除されたコンテンツには、ほかのキャラクターでは変形動画が掲載されている部分に、画像が2枚掲載されており、1枚目はなぜか背景だけの空白、2枚めは、前作パワーオブザプライムで発売された、エリータワンを中心とした女性合体戦士の合体構成図になっています。

898796546466163.jpg 8918444546456465465456456.jpg


この合体構成図には、パワーオブザプライムで発売された、エリータワン、ムーンレーサー、ノヴァスターの3体と、今回のグリーンライトの他に、右脚部を構成する部分に「CLASSIFIED(機密情報)」と書かれています。これは、今後、5体目の女性ロボットを発売する可能性を示唆するものと受け止められています。そして、それはおそらくランサーでしょう。

また、エリータワンの合体ロボットモードは、これまでパッケージなどには記載が無かったものの、コミコンパネルで「エリータ・インフィナイト」という名称が確認されており、ファンの間ではその名前で通っていましたが、今回の合体構成図には、「オルティア(ORTHIA)」という別の名前が掲載されています。

実際に、5体目の商品を発売するのかはわかりませんが、少なくとも、グリーンライトは、エリータワンを中心とする女性合体ロボットの構成員という前提で発売されるという事と、その合体ロボットモードの名称が判明したのは収穫と言えるでしょう。


■海外復刻版サウンドウェーブのパッケージ宣材

In Demand Toysに、海外復刻版サウンドウェーブのパッケージ宣材が掲載されています。

近日予約開始とされていますが、具体的な商品情報などは無し。
当時の海外版商品と同じように、カセットロンのバズソーが付属。

画像はパッケージの1枚のみ。

49205835_2254409948136244_2747006038220734464_n.jpg

■サイバーバース:wave3商品宣材画像各種

アメリカのショップBBTSに、サイバーバースのwave3商品が登録され、宣材画像など掲載されています。

基本的な宣材は以前、オーストラリアのアマゾンに出ていたので、そちらの記事参照。(その1その2

ここでは、上記以外の商品説明用のプレイ画像を紹介します。

アルティメットクラス・バンブルビー

アクションアタッカーギミックは、ボンネット/左腕からスティンガーが展開するようです。

2313123212354698989.jpg 23236897442.jpg 2313165456489489.jpg


ウルトラクラス・オプティマスプライムとスリップストリーム

アクションアタッカーギミックは、オプティマスはボンネットからオートボットマークが展開。スリップストリームは機体後端にローターのようなものが展開するようです。

2313867465jh.jpg 898846545465412312321.jpg 232117897848.jpg 8755414566456456.jpg 8465456465321.jpg 8971781456465.jpg


ウオーリアークラス・プロール、ホットロッド、サウンドウェーブ

ギミックは、プロールが肩キャノン展開、ホットロッドが排気筒から炎のエフェクト展開、サウンドウェーブが胸からレーザービーク展開。

23134656545.jpg 898995956.jpg
231365468979.jpg 89898844144.jpg 898884855564.jpg
8911774456456.jpg 23134564897148949.jpg




■スタジオシリーズ:海外版38.オプティマスプライムの画像

以前、リーク画像らしきものが数枚出回った、スタジオシリーズの海外版38.オプティマスプライムですが、あらたにロボットモードの画像がⅠ枚出回っています。

以前の画像では、胸部の変形が不完全でしたが、今回はそこも変形させています。

以下画像。
参考に、映画本編用のCGと並べてた画像もおいておきます。

InstaSave.jpeg 2321331213121988955.jpg

■スタジオシリーズ:デバステーター8体合体構成図とKSIボス?など

淘宝店变形金刚改造工厂に、スタジオシリーズのリーク画像的なものがいくつか。

◆スタジオシリーズのデバステーターの8体合体構成図と、スクラップメタル、ロングハウルのパッケージ絵らしきものが投稿されています。

合体構成図は、8体のコンストラクティコンの名称と合体部位、発売年度が記載されています。
左腕の部分が黒塗りなので、おそらくスクラップメタルの説明書からの抜粋と思われます。

それによると、8体の発売は、以下のようになっています。

スクラップメタル -
ランページ   2019年
ロングハウル  2019年
ハイタワー   2019年
オーバーロード 2020年
スクラッパー  2020年
ミックスマスター2020年
スカベンジャー 2020年

具体的に、構成メンバーの名称が全て明らかになったのは、これが初と思います。

追記:画像を少し解像度の高いものに差し替えました。

005CzrXlgy1fyrgrhjffij30n70k8wia.jpg 005CzrXlgy1fyrgo5l2ovj30n60l3n1h.jpg 005CzrXlgy1fyrgnw2couj30nn0l377p.jpg


◆肝心な部分を塗りつぶされた、謎のパッケージ絵らしきものが投稿されています。(下画像左)

頭部周辺と左手だけが見えていますが、その頭部の形状と肩のガトリングガンから、最後の騎士王に登場したニトロ・ゼウスであるように思えます。

以前、2019年商品の発売リストらしきものには、KSIボスというキャラクターの発売が示唆されていましたが、そのKSIボスは、ロストエイジに登場したモブTF(下画像中央)で、その後、最後の騎士王では、CGを改造して、映画本編でニトロ・ゼウスとして登場しています。
この事から、ニトロを色だけ変えて、KSIボス名義で発売するのではという推測が成り立ちますが…。ただし、ニトロとKSIボスは頭部形状は完全に異なります。

ちなみに、最後の騎士王の当時発売された、ヴォイジャークラスのニトロの玩具では、なぜかパッケージイラストの頭部形状がニトロでは無く、KSIボスの形状になっていました(下画像右)。

実際、今回の製品の仕様がどういうものになるのかはわかりませんが、スタジオシリーズではロストエイジのモブTFは、既存製品の流用で済ませているケースがすでに2つあるので、今回も、完全新規に制作される事は無いのではないかとは思います。
せめて頭部は新造してもらいたいところ。

ニトロ・ゼウスをスタジオシリーズ基準で新規に制作して、その仕様変更でKSIボスという可能性も無くは無いとは思いますが、今の所、最後の騎士王に登場するTFは、WWⅡバンブルビー以外は、TLKシリーズの仕様変更なので、可能性はかなり低いだろうと思います。

0068ONnLly1fyr5zh5eo2j30o20modi5.jpg 8984545464646545.jpg DtV2r38UcAAuhKR.jpg


■レスキューボッツ:アカデミーの新カテゴリにメディックスとホワールが登場など

◆TFW2005のフォーラムに、レスキューボッツアカデミーの新製品の店頭発見報告が投稿されています。

今回発見されたのは、レスキューボッツアカデミーのメディックスとホワール。これまでに情報が出ていなかったアイテムで、従来のりスキャンアソートよりも大きいサイズでアクションギミック付きの新カテゴリと思われます。

ホワールはレバー操作でローターの回転、メディックスはレバー操作で左腕のアームが可動するギミックがある感じ。

店頭発見画像は1枚のみですが、アメリカのショップ、トイウィズに商品ページが出来ていて画像が1枚ずつ掲載されていました。

*メディックス
*ホワール

20181.jpg apidmhn.jpg apilj0vp.jpg


◆店頭発見画像の右側に写っているバンブルビーですが、このブログでは掲載していなかったので、ここで言及しておきますが、メガマイティーズという18センチサイズの非変形のフィギュアで、バンブルビーとホットショットの2種が発売されています。

以下、宣材。

231346777.jpg 79797444545.jpg 21321354681QP.jpg 81uOi.jpg 23121565454654665464.jpg 2131239855.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008