■2018年07月

■スタジオシリーズ:TFリベンジ版スタースクリームの画像が公開

ハズブロパルスのインスタグラムに、スタジオシリーズのTFリベンジ版スタースクリームの画像が公開されました。

製品は、先に発売された、ヴォイジャークラス・スタースクリームの仕様変更アイテムで、全身にエイリアンタトゥーがプリントされ、付属武器が回転ノコに変更されているようです。

以下画像。

36596713_303038593572168_739036349767614464_n.jpg

■SDCC2018限定バンブルビーVol.1 レトロロックガレージの画像いくつか

香港のファンサイトHK-TFに、SDCC限定レトロックガレージの画像がいくつか投稿されています。

この製品、香港では、7月27~31日に開催される、香港動漫電玩節(ACG-HK2018)の限定品として、スローンオブザプライムと共に販売されるそう。

主にパッケージと、合体カセットボットモードの画像を中心に投稿されています。

以下、画像。

37121046_10216837965682930_2261413896113881088_n.jpg 37054933_10216837946402448_532435026827018240_n.jpg 37153867_10216837947282470_8712421183766659072_o.jpg 37068840_10216837946802458_6686944770528378880_o.jpg 37055954_10216837965442924_8567102004688584704_o.jpg 37077852_10216837965002913_3062529746127552512_o.jpg 37036460_10216837966362947_4455845165906526208_o.jpg 37069239_10216837966082940_6068860644050862080_n.jpg 37091480_10216837999283770_4376899170175287296_n.jpg 37082435_10216838025884435_8099547303590756352_n.jpg

■ジェネレーションズ新シリーズ『ウォーフォーサイバートロン:シージ』プレビュー

Gameinformerにて、SDCCで公開される、ジェネレーションズの2019年向け新シリーズの初出し情報が独占掲載されました。

記事によれば、新シリーズのタイトルは、『ウォーフォーサイバートロン:シージ』(War for Cybertron: Siege)。今回は、3つのクラス/商品がCG宣材とイラストで紹介されています。今回は、武器パーツの拡張がテーマのよう。

今回は、各商品にWFC-Sで始まる、通し番号らしきものが付与されています。

◆バトルマスターズ・ WFC-S1ファイアドライブ 5.99ドル

従来のタイタンマスターやプライムマスター商品に相当する、小型の武器に変形するクラス。
画像から判断する限り、以前、日本で展開された、TFレジェンズのターゲットマスターとほぼ同様の構成ですが、腕にジョイント穴らしきものがあったり、銃口にエフェクトパーツが付いていたりと、少し進化した仕様。

銃口のエフェクトパーツは、他のTFの本体各部にある凸ジョイントに接続し、着弾炎としても使えるよう。

89454464.jpeg 565456456455.jpeg 23.jpeg


◆ヴォイジャークラス・WFC-S11オプティマスプライム 29.99ドル

サイバトロンモードのオプティマスプライム。という触れ込みですが、実際のところは、かなりG1風のトラックに近いデザインになっています。27ステップ変形。

オプティマスの付属品は、シールドに変化するアックスと、イオンブラスターの2つで、組み合わせると大型ブラスターになる模様。

イラストの背景には、今後のラインナップと思われるキャラクターがモブとして描かれています。左から、アイアンハイド、サイドスワイプ、ホイルジャック、ハウンドと推定。今回情報が出ているサイドスワイプ以外は、実際に発売されるものかどうかはわかりませんが。(拡大画像:その1その2

8945666464.jpeg 8545646464.jpeg 23213165464.jpeg 89456546464.jpeg


◆デラックスクラス・WFC-S10サイドスワイプ 19.99ドル

日本名ランボルでお馴染みのサイドスワイプ。こちらもカーモードはサイバートロンモードという触れ込みですが、地球型ビークルと言っても差し支えないデザイン。TFアドベンチャー版サイドスワイプのカーモードに似ているようにも思います。

フォトンランチャーとジャイロブラスターが付属し、組み合わせて大型武器になるようです。

231332135654.jpeg 898464645.jpeg 895546456.jpeg 89785466466.jpeg


ここでは省略しましたが、各商品の付属武器には、それぞれ名称と通し番号らしきものが割り当てられており、合体武器にも名前が付けられているよう。今回のシリーズは、この武器の拡張性を中心としたシリーズ展開を行う模様。

また、今回の画像でも確認できますが、WFC商品は、戦闘の激しさを物語るバトルダメージ塗装が施されるとのこと。

◆以下、余談。

やや、余談になりますが、バトルマスターという名称は、以前、2019年新シリーズに関するリーク情報に出ていた事がありました。この時に、一緒に名前が出ていたもうひとつのクラスの「マイクロマスター」らしき登録情報が、オーストラリアのアマゾンで発見されたと海外サイトで報じられています。この登録情報に出てくる、レスキュー、バトル、スポーツカー、レースカー、エアストライクなどの名称は、1989年に展開された、マイクロマスター(マイクロトランスフォーマー)の4体チームの名称とほぼ同一であり、今回も、小型TFのチーム商品を発売するのではないかと言われています。真相は不明。

以上。

■実写バンブルビーに登場する2体のディセプティコン

海外のSNSで、実写バンブルビーの記事のスキャン画像らしきものが出回っています。

元ソースが不明ですが、エンターテインメントウィークリー誌という話。

本文は潰れていて読めませんが、SNS上で出回っている情報では、スチルに写っている2体のロボットは、どちらもディセプティコンで、左の赤いロボットが、以前、トラヴィス監督と一緒に写っていたプリムスGTXに変形する「シャッター(Shatter)」で声優が、女優のアンジェラ・バセットという話。右のロボットは、ドロップキック(Dropkick)で、AMCジャベリンに変形するとのこと。声は、ジャスティン・セローとなっています。

追加エンターテインメントウィークリーのウェブサイトに記事が出ていました。
上記の内容に加えて、予告編に出てくる、ジェット機型ディセプティコンの名前はまだ秘密という旨の内容があります。

37107911_1128188247318894_15370274908143616_n.jpg

解像度の高い画像。
bb_27816123789821309123.jpg

■(詳報追加)実写バンブルビー玩具の画像が公開

ハズブロパルスのインスタグラムに、実写バンブルビーの玩具の画像が初公開されました。

掲載されている画像は1枚のみで、ロボットモードとカーモードのバンブルビー。コメントによれば、「パワーチャージバンブルビー」という商品名らしいですが、具体的な商品内容、サイズ、価格帯などは不明。なんらかのギミックを内蔵しているものと思われます。

画像を見る限りでは、変形はそれほど複雑では無さそう。頭部はバトルマスク状態になっています。腕には武器伸縮ギミックあり。胸の中央にはなんらかのギミックがありそうな機構が見えます。

36716395_2124951804431105_2299153739384094720_n.jpg


追加:nerdist.comに、パワーチャージバンブルビー玩具の詳報が掲載されています。

記事では、SDCCで発表される予定の実写バンブルビー玩具の独占公開として、パワーチャージバンブルビーの商品仕様や、画像などいくつか掲載されています。

それによると、胸の中央のパワーコアを回転させる事で、サウンドギミックを発動させる事ができるよう。音声パターンは25種類以上との事。カーモードではエンジン音なども鳴るそう。17ステップで変形。

バトルマスクは開閉可能なようで、パッケージ状態ではノーマルフェイスになっています。

53456546411.jpg 8544564645.jpg 56741566141641.jpg 5464154641416.jpg bumblebee-featured-7112018.jpg

■ジェイダトイズ製1/16 RCバンブルビーと1/32 G1オプティマスプライム・ダイキャストカー

ジェイダトイズのインスタグラムで、映画のキャラクターをミニカーで発売するハリウッドライズというシリーズのトランスフォーマー新製品の画像が公開されました。

画像には、2つの商品が写っており、バンブルビーの方は、最後の騎士王版の1/16サイズRC商品。G1オプティマスプライムは、1/32サイズのダイキャストミニカーだそう。

今の所、この画像以外の具体的な情報は出ていないと思いますが、今年のトイフェアでは、G1オプティマスやG1バンブルビー、実写バンブルビー商品など、複数のサイズでの発売が予定されていました。

36985512_1827468143981440_3607230967623712768_n.jpg

■海外ショップ情報:実写映画商品9~12月アイテム

Loopaza Mega Storeに、日本向けの実写映画関連9~12月発売商品の情報が出ています。

海外でもまだ情報が出ていない、実写バンブルビー関連の商品が含まれていると思われる為、キャラクター名称など不明な部分があります。

以下。
(原文にて品番が数字のみのアイテムはスタジオシリーズと思われるので、下のリストはSSとしています。)

9月
SS-13 キャラクターA 2800円
SS-14 ラチェット(仮) 2800円
SS-15 アイアンハイド(仮) 4500円

10月
TC-13 バトルコマンドオプティマスプライム最強司令セット 8000円
MPM-7 NEWキャラクター 10000円
MV6オプティマスプライム(仮) 6800円
MV6バンブルビー(仮) 6800円
SS-16 バンブルビー(仮) 2800円
SS-17 キャラクターB 2800円
SS-18 スタースクリーム(仮) 4500円

11月
MPM-6 NEWキャラクター 15000円

12月
TC-14 オプティマスプライム 1200円
TC-15 ディセプティコンバリケード 1200円
TC-16 バンブルビー 1200円


以下、個人の感想。

*スタジオシリーズは、現状では、海外でもwave2以降の情報は出ておらず、今回のリストでは、すでに一部地域で販売が確認されているアイアンハイド以外は、仕様など不明な商品ばかり。既出商品のカラバリと思える物もいくつか。

*ムービーマスターピースMPMは、海外ですでに情報が出ているのは、MPM-6アイアンハイドまでですが、このリストでは、キャラ不明のMPM-7の方が先の10月なっている。10月には、MV6(ムービー6=実写バンブルビー)の商品もリストされているので、フォルクスワーゲンバンブルビーが来る可能性もあるかもしれない。

*10月のMV6オプティマスとバンブルビーは、同価格なので、サウンドなどのギミックを備えた、ギミック商品枠のような気がしないでもない。

*TC ターボチェンジシリーズは、最強司令セットは、ロストエイジのときにもあった、セット商品でしょう。12月の3点は、1ステップチェンジャーと思いますが、オプティマスやバンブルビーはすでに発売中なので、MV6版の新デザインという可能性もあるかもしれない。

いずれにしても、今月中には、SDCCやワンフェスがあるので、ある程度詳しい情報が出てくるでしょう。

36968032_1913787842016055_5343553737065496576_o.png

■SDCC2018で発表される新オプティマスのティザーと限定商品の宣材画像各種

SDCC2018の告知関連

◆ハズブロのTFインスタグラムにて、SDCC2018で発表されると見られる、キャラクターのシルエットがティザー公開されました。

キャラクター名などは書いてないですが、明らかにオプティマスプライム。見た感じでは、G1オプティマスのシルエットとそれほど変わらないようですが、来年のジェネレーションズ新シリーズに登場するものではないかと予想されています。

37055546_385423401982164_954563984843866112_n.jpg


◆ハズブロトイショップに、SDCC限定商品の2点が登録されました。

*パワーオブザプライム:スローンオブザプライム
*バンブルビーVol.1レトロロックガレージ

スローンオブザプライムは、すでにサンプル品レビューなどで情報が出回っていますが、レトロロックガレージの画像は、初報以来。

レトロロックガレージの2つの付属カセットの名称は、ダイル(Dairu)とウルアズ(Uruaz)となっています。

Uruazというのは、本来の1987年商品の名称ザウル(Zauru)の逆読み。今回の説明文で、ザウルの悪の双子と明記されています。そのカラーリングは、ザウルの配色をネガ・ポジ反転すると、近似のカラーになるようです。
ちなみに、本当に、ウルアズと発音するのかどうかはわかりませんが、日本名の逆読みなのであえて日本語風に書いてみました。

今回は、カセットボット合体モードの画像もありますが、キャラクター名称に関しての記述は無いようです。

F4DEE1A925084F23B971AC31EDC1277C.jpg 7C06B97593D348248F52B7DDE058581A.jpg 45DF37DC537441E6B543B5B147AB3C16.jpg 92CF11FBE19347B0A03001B7975BEF26.jpg 80084C75EA2D44AF909CC9817F946CFE.jpg 557CF95453B64C8488B1A4539CE74887.jpg 77B2503B92F44DADA27EA1CFD5281D9A.jpg 414C3BB5D08446CDA6F1A21941FF9042.jpg 42F0F4559AAA407E87B14C15C216C141.jpg 669F9C49EB874DFDA9F8DC1CC649BF8C.jpg 2D0B0F8E3BAA46B4928BB37106C08878.jpg 6DBCF8FD9EB746F4BDB30BDB7C76098B.jpg


◆io9に、トランスフォーマーのTCGに関する情報が出ています。

9月から、ウィザーズオブザコーストが発売するトランスフォーマーのトレーディングカードゲームの限定カードをSDCC2018で販売するという話。

キャラクターカードは通常の倍程度のサイズがあり、裏表でロボットモード、ビークルモードが描き分けられているそう。

下画像の左がSDCC限定商品。

kmvgxboy9cxef3xvvjek.png myl2jhr7iipuqsutuvri.png

■タカラトミーサイト更新7/10(MP-43音声サンプル&動画、パワーオブザプライムPP-41、42、復刻版ユニクロンほか)

タカラトミーTF公式サイトとその周辺の更新。
電撃ホビーWEBの記事と近似の内容なので、しばし放置していましたが、基本的に、7月10日に更新された内容。

MP-43メガトロンBW紹介ページ

ショップ宣材などとにも掲載されている画像の他に、360°回転画像が、ロロボットモードと恐竜モードの2つ用意されています。

音声ギミックの視聴サンプルには、2つの音声が掲載されています。MP-43メガトロンは、動画による紹介映像も制作されており、この中でも、音声がいくつか収録されています。

また、MP-43メガトロンBWの予約開始を記念して、ビーストウォーズのアニメ本編の動画を3本公開中との事。

*第1話
*第2話
*第5話

0710_mp43_bm_banner.jpg


TFアンコール・ユニクロン(マイクロン集合体カラー)紹介ページ

こちらも、360度回転画像がロボットモードと惑星モードで用意されています。

また、ショップ宣材にはなかった、マイクロン・バグのロボットモードの画像が掲載されていいます。マイクロンバグは、2004年の景品版光のユニクロンでは、通常版と近似のカラーでしたが、今回は、緑基調になっています。

item_tf_encore_yc_06.jpg item_tf_encore_yc_07.jpg
0702_tf_enoreyv_banner.jpg


◆パワーオブザプライム12月分

*PP-41レックガー
*PP-42ネメシスプライム

どちらも、基本的にショップ宣材と同等の内容。

『スーパー変形3大ロボットヒーロー』 レジェンドソードキャンペーン

8月4日から、「トランスフォーマー」「ドライブヘッド」「シンカリオン」の商品を3000円以上の購入で、3色のレジェンドソードをランダムに1本プレゼント。

232121321321321356.jpg

■マシニマ製アニメ版パワーオブザプライム全10話ユーチューブ配信開始

マシニマのユーチューブチャンネルにて、アニメ版パワーオブザプライムの配信が開始されました。

*パワーオブザプライム全10話再生リスト

前回のタイタンズリターンのユーチューブ配信時は、最初から地域制限がかかっていましたが、今回のパワーオブザプライムは、地域制限がかかっていないようで、日本からも視聴できます。

単なる設定ミスで観れるようになっているだけという可能性もあるので、いずれ視聴不能に再設定されるかもしれませんが、とりあえず、今の所は合法な手段で視聴できるので、早めにどうぞ。

以下、第1話埋め込み。

■ジェネレーションズ・スペシャルエディション・リパグナスとカウンターパンチの画像

カナダのアマゾンにて、ジェネレーションズ・スペシャルエディションのリパグナスとカウンターパンチの画像が掲載されました。

*リパグナス
*パンチ-カウンターパンチ

リパグナスは、ツインフェルノの下半身を流用しており、パッケージに記載に「タイタンズリターン」とあるように、タイタンマスター・ダスタードと合体するヘッドマスターのようですが、今回の画像ではそこまでは確認できません。

パンチ-カウンターパンチは、全体が新規のように見えます。ロボットモードは、オートボット、ディセプティコンの2モードありますが、合体手足になれるかは不明(手足を付ける穴が確認できないので出来なさそう)。パッケージ記載では、「パワーオブザプライム」の分類になっているので、なんらかのプライムマスター連動ギミックはあるかもしれません。

以下、画像。

6_5f5g465d4s56.jpg yyyyjh.jpg frgrf5.jpg 53sf5g64.jpg s56fg465rf4g.jpg srggg.jpg sfgd.jpg srgrgrh.jpg dththth.jpg sdgdgr.jpg dthth.jpg tttt.jpg

■スーパー変形3大ロボットヒーロー レジェンドソードキャンペーン8月4日から。他、新製品紹介など@電ホ

電撃ホビーWEBに、キャンペーン情報が掲載されています。

*タカラトミー「スーパー変形3大ロボットヒーロー レジェンドソードキャンペーン」開催!

以前、キャンペーン景品のDVDで展開していた、トランスフォーマー、シンカリオン、ドライブヘッドのコラボキャンペーンの第二弾。

今回は、8月4日から、トランスフォーマー、シンカリオン、ドライブヘッドの商品3000円以上の購入で、3色のレジェンドソードのどれか1つがもらえるというもの。配布はランダムだそう。

そのレジェンドソードは、TFロストエイジの時に発売されたリーダークラス・オプティマスプライムの付属品だったものの成形色違い。

3色の配色と名称は

*クリアブルー:水の力スプラッシュソード
*クリアレッド:炎の力バー二ングソード
*クリアグリーン:風の力ブラストソード

となっています。

234164565.jpg 651561.jpg 23164987.jpg 23113546786.jpg 54654546546546.jpg


また、11~1月新製品の紹介記事も各種出ています。
画像はアマゾンなどには無いものもいくつか含まれています。

*MP-43 メガトロン(ビーストウォーズ)」新登場!「MP-32 コンボイ(ビーストウォーズ)」も再販決定!!
*パワーオブザプライム」シリーズに“宇宙のジャンク屋”「PP-41 レックガー」と“漆黒の恐怖”「PP-42 ネメシスプライム」が参入
*全高約40センチの貫禄を備えた「TFアンコール ユニクロン(マイクロン集合体カラー)」降臨!!
*『ダイアクロン』の飛行タイプの新型パワードスーツがテイクオフ!
*「ダイアクロン DA-29 バトルバッファローMk.Ⅳ<ストライカー>」完成!!

以下、画像は、めぼしいものをいくつか抜粋。

1211.jpg 2131345687.jpg 5465454564.jpg 231156456.jpg 21321354654546.jpg 5465454654.jpg 565454546.jpg 1315165165165.png 8614616.jpg 54565464.jpg 23145656546.jpg 2364564.jpg



■海外ショップ情報:ダイアクロンDA-28マニューバデルタ、DA-29バトルバッファローMk.IV

中国のMOMO模玩に、日本のダイアクロンの新製品情報が登録されました

*DA-28マニューバデルタ11月発売3500円

*DA-29バトルバッファローMk.Ⅳストライカー12月発売18000円

画像も解像度が低いですが添付されています。
また、バトルバッファローに関しては、ZONAHOBBYに解説文付きの画像が掲載されています。

以下、画像。

TB2yR3SuyCYBuNkHFCcXXcHtVXa_!!91217564.png TB2OnPJCY5YBuNjSspoXXbeNFXa_!!91217564.png TB2rMP3C25TBuNjSspmXXaDRVXa_!!91217564.png TB21xkpCYSYBuNjSspfXXcZCpXa_!!91217564.png TB2jD1iuLiSBuNkSnhJXXbDcpXa_!!91217564.png TB2YcrKC1uSBuNjy1XcXXcYjFXa_!!91217564.png TB2wf6xC7yWBuNjy0FpXXassXXa_!!91217564.png TB2Ukv3C4SYBuNjSspjXXX73VXa_!!91217564.png TB2bL_xC7yWBuNjy0FpXXassXXa_!!91217564.png 12320_01.jpg

■(追加)サイバーバース:アルティメットクラス、ウルトラクラス、1ステップ、宣材画像各種

ノルウェーの小売業者BRにて、サイバーバースのアルティメットクラス、ウルトラクラス、1ステップチェンジャーの商品情報が登録されており、商品画像も多く掲載されています。

パッケージや基本的なアングル以外に、子役を使ったプレイ画像なども掲載されており、1アイテム6~11枚程度が掲載。

以下、画像は一部のみ抜粋。

◆1ステップチェンジャー

*バンブルビー
*サウンドウェーブ
*ブラー

1ステップチェンジャーは、今のところ全て他のシリーズからの流用商品。

36843924_1342686739167255_6567051316806287360_n.png 36737936_1342685435834052_8132297691943141376_n.png 36788583_1342683979167531_5149309795244703744_n.png


◆ウルトラクラス
*バンブルビー
*グリムロック
*スタースクリーム

ウルトラクラスは、ロボットモードで20センチ程度のサイズ。変形に連動してアタックギミックが発動するのが特徴で、関節の可動部は見るからに少なめ。

36734050_1342698135832782_7819384173101056000_n.png 36735800_1342698395832756_4925969412793565184_n.png 36769292_1342698452499417_821351051557863424_n.png 36735808_1342694862499776_5861103910483132416_n.png 36729922_1342695795833016_1952743216549724160_n.png 36739809_1342695285833067_6100331694789754880_n.png 36739833_1342693425833253_8746435142907592704_n.png 36801691_1342694015833194_5268791898474020864_n.png 36787782_1342693762499886_8318666403204825088_n.png


◆アルティメットクラス
*オプティマスプライム
*メガトロン

アルティメットクラスは、25センチ程度のサイズ。このクラスは、ロボットモード、ビークルモードの両方で使用できるアタックギミックが特徴。プレスリリース情報によれば関節可動部分が多いという話。

36782613_1342689365833659_3103230844794306560_n.png 36737916_1342689722500290_4146181571507912704_n.png 36718719_1342689472500315_7549387444949352448_n.png 36794120_1342689702500292_1320545264896835584_n.png 36720129_1342691352500127_8135370783993102336_n.png 36620350_1342691505833445_3722850808627200000_n.png 36739780_1342691525833443_7436766375881736192_n.png 36759692_1342691612500101_8996456523626446848_n.png


追加:淘宝店变形金刚改造工厂に、ウォーリアークラスのショックウェーブのみ宣材らしき画像が投稿されています。

005CzrXlgy1ft0ii9gmf5j30lc0lcgsj.jpg 005CzrXlgy1ft0ii911m2j30l50l9wm0.jpg 005CzrXlgy1ft0ii9f2z1j30lc0lcwlk.jpg 005CzrXlgy1ft0ii96ybpj30lc0lcjyp.jpg 005CzrXlgy1ft0ii9n4rcj30lc0lcn4r.jpg 005CzrXlgy1ft0ii99zpmj30lc0lcwl2.jpg 005CzrXlgy1ft0ii9djmkj30lc0lcwko.jpg


■タカラトミーサイト更新(MP-43メガトロンBW開発者コラム)

タカラトミーの公式サイトが更新。

コラムのコーナーに、MP-43メガトロンの開発者インタビューが掲載

このコラムコーナーのインタビュー記事は毎回そうなんですが、以前、フィギュア王に掲載された開発者インタビューと概ね同内容になっています。

画像は、12枚ほど掲載されています。

column_01.jpg column_050.jpg column_04.jpg column_03.jpg column_06.jpg column_07.jpg column_12.jpg column_08.jpg column_02.jpg column_09.jpg column_10.jpg column_11.jpg

■ウォルマート限定復刻版トランスフォーマー各種&POTPリパグナスの香港発売日

香港のショップ、ロボットキングダムにてトランスフォーマーの新製品の予約情報がいくつか出ています。

ホットロッドに続く、ウォルマート限定の復刻版トランスフォーマーが3件と、パワーオブザプライムのスペシャルエディション・リパグナス。
以下、発売日などは、このショップでのもの。

*ウォルマート限定復刻版コンストラクティコンセット 7月発売 89.90ドル

 復刻版デバスターのボックスセット。パッケージは、G1当時の海外版セット箱を踏襲したデザイン。日本では、通常版とアニメカラー版が発売されましたが、今回の製品内容がどういう仕様なのかは不明。

36643908_1992047624147276_7278890258618384384_n.jpg


*ウォルマート限定復刻版スタースクリーム 7月発売 41.90ドル

 G1スタースクリームの復刻版商品で、こちらも海外版のパッケージを再現しています。製品の仕様としては、日本で2003年に発売された、TFコレクション版で新規で制作されたメガトロンガンが付属している模様。

36636828_1992047700813935_4306853901459521536_n.jpg


*ウォルマート限定復刻版リージョンコレクションパック 8個アソート 8月発売 76.90ドル

 日本で言う所のミニボットのキャラクター4種。この店では、アソート箱8個入りで販売になっていますが、本来は、それぞれ単品の商品。

 アソートは、バンブルビー3個、テイルゲイト2個、スワーブ2個、アウトバック1個。

36677023_1992049324147106_6280733171763904512_n.jpg


*パワーオブザプライム・スペシャルエディション・リパグナス 8月発売 32.90ドル

 香港での発売日は8月1日という事が判明しましたが、商品画像などは無し。1人1個の数量制限がかかっています。

36712060_1992048997480472_7104356110697496576_n.jpg



追加:ウォルマートのサイトに、復刻版スタースクリームの商品ページが出来ていました。

掲載の画像は、パッケージとロボットモードの2枚。価格などは未掲載。

3685641313.jpeg 2133164649784654.jpeg


■サイバーバース:ウォーリアークラス、スカウトクラスの宣材画像各種

オーストラリアのショップ、Uncle Pete's toysにて、サイバーバースのスカウトクラス、ウォーリアークラスの商品が登録されています。

画像は、それぞれパッケージとビークルモードが掲載。

◆スカウトクラス
*バンブルビー
*グリムロック
*メガトロン
*スタースクリーム

スカウトクラスは、アクションギミックに特化した半変形モードが特徴で、完全なビークルモードには変形しません。

rf01.jpg rf02.jpg rf03.jpg rf04.jpg rf06.jpg rf05.jpg rf07.jpg rf08.jpg


◆ウォーリアークラス
*バンブルビー
*オプティマスプライム
*スタースクリーム
*ショックウェーブ

ウォーリアークラスは、通常のデラックスクラスの変形フィギュアに近い商品ですが、こちらも武器展開ギミックなどを重視しており、関節可動部や全体のスタイリングなどは、やや再現度が低い印象。スタースクリームのビークルの後半が縮まって見えるのは、元からこういう設計で変形ミスでは無い模様。

g01.jpg gb02.jpg gb03.jpg gb04.jpg gb05.jpg gb06.jpg gb08.jpg gb07.jpg

■(追加)パワーオブザプライム:SDCC限定スローンオブザプライム動画レビュー 

台湾の人が、SDCC限定パワーオブザプライム・スローンオブザプライムの動画レビューを投稿しています。

いつものようにメーカーから提供を受けたサンプル品のレビュー。パッケージの裏面には、台湾向けの表示ラベルが貼ってあるので、例年のようにアジア地域で普通に売られるものと思われます。

今回の動画でわかった事として、玉座の後ろにある、プライムマスター取り付け用のプライム曼陀羅は、回転が可能。また、玉座の左右には、パワーオブザプライムのシリーズ開始前に行われた、「次シリーズで発売するあらたなプライムのファン投票」でノミネートされていたキャラクターが描かれているようです。

付属品に関しては、王冠は取り外し可能。セプターオブスパークと呼ばれる杖(あるいは笏)は、プライムマスターを合体させない時は取付部を縮めておくようです。杖は小ロボット時にも持たせる事が可能。

付属カードは通常サイズで、裏面には、マトリクスオブリーダーシップに選ばれたあらたな継承者~云々との記述があり、新プライムのファン投票時の触れ込みを踏襲する内容。

その他、通常版のオプティマルオプティマスとの比較画像など。

追加:同じく、台湾のファンサイトTFNDの中の人のブログに、サンプル品レビューが投稿されました。

概ね、先の動画レビューと同じような内容ですが、説明書の一部や、プライム曼陀羅にプライムマスター全種をはめ込んだ状態の画像などもあります。

13人目のプライムマスターの説明書上の表記は、単に「THE THIRTEENTH」となっています。

下画像の末尾に4枚追加。

eu01.jpg eu02.jpg eu03.jpg eu04.jpg eu05.jpg eu06.jpg eu07.jpg eu08.jpg eu09.jpg eu10.jpg eu11.jpg eu12.jpg

IMAG8260_result.jpg IMAG8261_result.jpg IMAG8275_result.jpg IMAG8253_result.jpg

以下、動画埋め込み。


■ダイアクロンEXPO2018開催記念 ワルダロイドセットのネット通販分 7月6日昼12時から受付

ダイアクロン公式サイトが更新

ダイアクロンEXPO2018開催記念アイテムのネット購入に関するお知らせ

先日の、ダイアクロンEXPO2018の限定品として販売された、ワルダロイドセットがタカラトミーモールで通販開始予定。

タカラトミーモールでは、すでに商品ページが用意されています。
*ダイアクロンEXPO2018開催記念 ワルダロイドセット


7月6日(金)昼12時から受付開始。販売価格、税込み3700円。
数量限定にて、完売次第終了。1回の注文は2個まで可能。
発送は、7月28日から順次。

4904810596820_6b45d292f8104c50bd8202de08eef5cd.jpg

■ハズブロTF公式サイトにサイバーバースのコーナーが開設

ハズブロのTF公式サイトに、サイバーバースのコーナーが開設されました。

今回の更新は、キャラクターバイオが、オートボット9名、ディセプティコン8名の計17名分掲載されています。掲載内容は、アニメキャラクター(ロボットモード)のバストアップ画像と、バンブルビーからのコメントの形で紹介文が掲載されているのみで、ビークルモードの画像などはありません。

新キャラのシャドウストライカーは、以前から登場が示唆されていましたが、アシッドストームやスリップストリームなど、ディセプティコン側は、やや変化球な感じ。(スカイワープが居ない)

以下、キャプ画。

vf01.jpg vf02.jpg vf03.jpg vf04.jpg vf05.jpg vf06.jpg

■(追加)トランスフォーマーアニメのサントラ盤の再プレス盤の販売情報が確定

今年3月に、北米Enjoy The Ride Recordsから発売された、G1トランスフォーマーアニメ(日本で言うところの、初代~2010まで)のサントラLPレコード盤。当時、発売後、数分で完売し、再プレスは夏頃との告知がありましたが、今回、再プレスの情報がEnjoy The Ride Records直販サイトに掲載されました。

販売開始は、現地時間、7月6日(金)の正午。
今回は、盤面が3種類の新カラーで用意されており、オプティマスプライム、メガトロン、スタースクリームをイメージしたスプリット柄の3種類が各750枚ずつ販売されます。
初版は、直販分2種が各500枚、ストア限定が1000枚の計2000枚だったので、今回の再プレスはそれよりも多い準備数。

直販サイトは日本からの注文も可能なようなので、興味のある方は挑戦してみてください。

2313654689.jpg 23136468.jpg 231156497454.jpg 89886565456.jpg


追加:流通限定盤と一般販売盤の情報も出ていました。

*FYE限定盤 (オートボット&ディセプティコンスプリットカラー)限定1000枚との記述あり。

*Thinkgeek限定盤(サウンドウェーブカラー)数量不明

*一般販売盤 (レッド&パープルスプラッターカラー)数量不明 ディストリビューターを介した一般店舗向けの商品だそう。

との事。

23689656.jpg 232189546564.jpg 1231231654.jpg 35574844_266755750738478_2147497108427505664_n.jpg

■サイバーバース商品がオーストラリアの店頭で確認される

オーストラリアのファンサイト、OzFormersのフォーラムにて、サイバーバースの商品が点灯で確認されたとの報告。

店頭で確認されたのは世界でもこれが初めて。
今回確認されたのは、スカウトクラス、ウォーリアークラス、1ステップチェンジャーの3クラス。
ウォリアークラスの値札の価格が明らかに間違った高値だったので買っていないとの事。

オーストラリアでは、たまに発売日指定の商品が、間違って早く店頭に並んだという報告がありますが、今回の商品がフライングなのか、正規のリリースなのかはよくわかっていない模様。

画像は1枚のみ。

070301.jpg

■玩具付きムック・ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~1~3巻アマゾン予約

アマゾンにて、玩具付きムック本のダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~1~3巻の予約が開始されています。
出版社は講談社。

いずれも、表紙や玩具画像はありませんが、付属玩具の名称だけは記載されています。

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 1
 3780円 12月27日発売 付属玩具は、パワードシステムF型

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 2
 3780円 1月31日発売 付属玩具は、ダートローダー改

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 3
 3780円 2月28日発売 付属玩具は、ジャイロセプター改

7/4追記:商品ページ削除されたようです。

以下、画像は、ダイアクロンEXPO2018での告知POP

P1570335.jpg

■パワーオブザプライム:北米版ネメシスプライムは、プライムデーに販売開始(プライム会員限定)

北米では、アマゾン限定と言われていた、パワーオブザプライム・リーダークラス・ネメシスプライムですが、米アマゾン商品ページが更新され、販売開始日などが明らかに。

今回の商品は、アマゾンプライム会員のみを対象としたセールの、プライムデーに販売開始となると言う話。
そのプライムデーは、現地時間7月16日(月)の昼12時から開始予定。

日本のアマゾンでもプライムデーは実施されますが、当然、ネメシスプライムはありません。

また、今回の商品ページ更新で、これまでに無かった宣材画像が掲載されています。商品説明も大幅に増えていますが、概ね既出情報の範囲と思います。

以下画像。

231132164564.jpg 23213546789879.jpg 23134649789.jpg 54651316_54.jpg 23213464987.jpg 23134567987.jpg 23213456789.jpg 12321164564564.jpg 2315648.jpg 2321565689.jpg 231365548978946.jpg

■海外ショップ情報:日本の12~1月新製品

香港のショップ、Loopaza Mega Storeに日本の12~1月新製品の情報が掲載されています。

今回掲載のアイテムは以下

12月
パワーオブザプライム PP-41レックガー 2800円
パワーオブザプライム PP-42ネメシスプライム 8000円
TFアンコール・ユニクロン(マイクロン集合体カラー)20000円

1月
MP-43メガトロンBW 35000円

2月再販
MP-32コンボイBW 12000円

パワーオブザプライムの2点は海外ではストア限定などの流通限定商品になる予定のアイテムですが、日本では普通に発売される模様。

TFアンコールのユニクロンは、『マイクロン集合体カラー』とありますが、これは、おそらくアニメTFマイクロン伝説で、無数のマイクロンが集合して光のユニクロンの姿を形作った状態を指すものと思われますが、真相は不明。2004年にムックの懸賞品として登場した、クリアグリーンの「光のユニクロン」との違いが気になります。

MP-43メガトロンは、1月発売で価格情報が判明。35000円と高額。2月には、MP-32コンボイBWも再販するので、合わせて購入すると良いのでは。

以上。

36511045_1899278730133633_6118943892617297920_o.png

■パワーオブザプライム:ブラストオフのパッケージイラストにリパグナスが見切れている件。

パワーオブザプライム・スペシャルエディションのブラストオフ。日本の輸入店では先週から販売されていたようなので、すでに話題になっているかと思いますが、パッケージイラストにリパグナスらしき物体が見切れているという話題。

パッケージの側面には、ブラストオフのロボットモードのイラストが描かれており、背景には小さくコンバイナーウォーズ版のボルテックスとスィンドルが写っています。

そのブラストオフのロボットモードの右側に、リパグナスの鉤爪のようなものと、脚部の一部らしきものが見切れています。
側面イラストの最下部には、コンバイナーウォーズのロゴと『1』という番号が入っており、おそらく、パワーオブザプライム・スペシャルエディションの第2弾商品として発売されるであろうリパグナスとイラストが繋がるようになっているのではないかと思われます。

現時点では、リパグナスの具体的な画像は出ていないので、真相は不明ですが、以前リパグナスの商品説明に、タイタンマスター仕様になっているとの記述があったので、おそらく、第2弾はタイタンズリターンをテーマとした商品になるのでは。また、3つ目のスペシャルエディション商品のカウンターパンチの商品説明には、プライムアーマーに関する記述があったので、第3弾でパワーオブザプライムをテーマとすれば、プライムウォーズトリロジー3作品からひとつずつスペシャルエディション商品を発売し、そのパッケージを並べると、1枚の絵柄が完成するという仕掛けはありそうです。

なお、今回のスペシャルエディション・ブラストオフは、コンバイナーウォーズ名義にはなっていますが、パッケージの右側面には、ちゃんとパワーオブザプライムのロゴもあるのが確認できます。

以下、画像は、左から、側面イラスト、その拡大、反対側。

132135.jpg 01.jpg 04.jpg

■SDCC2018限定パワーオブザプライム・スローンオブザプライム詳報

先程、パッケージのリーク画像が出回っていた、スローンオブザプライムですが、ハズブロからのオフィシャル情報が、 Hidden Remoteで公開されました。

製品は、オプティマルオプティマスのオプティマスプライマルカラー版になりますが、小ロボットのオプティマスプライマルは通常版とあまり変わらない配色。

付属品は、プライムマスター4体と、杖。王冠は外れるのかどうか記述が無いので不明。

プライムマスターは、単独での商品化が無かった、ネクサスプライム、アマルガモスプライム、プライマプライムの3体に加えて、コミコン限定フィギュアとして、13人目のプライムが付属し、計4体。他の商品と合わせて、13人のプライムが揃うという趣向。

付属品の杖は、プライムマスターを同時に4体取り付ける事が可能。

パッケージ内の玉座は紙製ですが、背後のプライム曼陀羅には、ブリスター製のトレーがあり、12体のプライムマスターをハメ込む事ができるようです。

36579028_429126870903043_3499791256907677696_n.jpg 36492309_429126834236380_6275812479272484864_n.jpg 36485328_429126880903042_251614495758090240_n.jpg 36517390_429126957569701_1951110003695812608_n.jpg 36648270_429127177569679_8552961872838524928_n.jpg 36569224_429127137569683_8598142347517100032_n.jpg 36534438_429127107569686_5702319871493144576_n.jpg 36482581_429127060903024_8590545344939425792_n.jpg 36543217_429126980903032_8214275904520585216_n.jpg 36488663_429126990903031_4266131980791316480_n.jpg 36503221_429127194236344_4382087026812387328_n.jpg 36533501_429127217569675_4101294267001995264_n.jpg 36555235_429127254236338_7899782370289516544_n.jpg 36614440_429127294236334_6249056469400944640_n.jpg 36566660_429127320902998_7448770216768569344_n.jpg 36517373_429127354236328_2789851536748969984_n.jpg

■パワーオブザプライム:オプティマルオプティマスの限定カラー商品らしきリーク画像

中国のバイドゥに、リーダークラス・オプティマルオプティマスの色替え製品らしきパッケージ画像が投稿されています。

投稿には特にコメントも無く、詳細は不明。
画像から判断できるのは、オプティマルオプティマスをオプティマスプライマルのカラーに変更したアイテムで、頭部には王冠をかぶっており、右手には、なにかギミックがありそうな杖を持っている事。杖を持っている右手の中に、プライムマスターらしき物も握られている事などがわかります。

パッケージは、商品名が、「スローンオブザプライム」となっており、その名の通り、パッケージ内には玉座が再現されており、オプティマルオプティマスが座った状態で梱包されています。

この製品の正体は不明ですが、こういった特殊な形態のパッケージングは、SDCC限定商品によく見られるので、おそらく今年の限定品のひとつなのではないかと予想されています。

01141ff790529822a0e40838dbca7bcb0b46d429.jpg

■(詳報追加)super7製オプティマスプライム Xレイフィギュア

レトロ風フィギュアなどを製造している、super7のインスタグラムで、オプティマスプライムのXレイフィギュアのプレビュー画像が公開されました。

製品は、クリア成型のフィギュアで、胴体内には、内部メカが内蔵されている仕様となっています。

現在、画像が公開されただけで、商品情報は公開されていないのですが、添付のタグから見て、SDCC2018限定商品ではないかと思われます。サイズ価格なども不明。

36425336_1798376563561609_8102237254493143040_n.jpg Dg4uNTqUEAA8FTe.jpg


追加スーパー7のサイトに、詳報が掲載されました。

記事によれば、シリーズ名は「スーパーサイボーグ」。サイズは18インチ(約45センチ)。
SDCC2018限定商品で、販売価格は、75ドルとの事。

今回の画像は、パッケージ状態と、正面からのアングルの計2枚。
既出画像の通り、胸部プレートは取り外し可能。

OptimusPROMO-04.jpg OptimusPROMO-03.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●5月発売アイテム
PP-01 マイクロナス
PP-02 リージマキシモ
PP-03 べクタープライム
PP-04 ダイノボットスラッシュ
PP-05 ウインドチャージャー
PP-06 ビーチコンバー
PP-07 オートボットジャズ
PP-08 ロディマスプライム
PP-09 オプティマスプライム

●6月発売アイテム
PP-10 アルケミストプライム
PP-11 ダイノボットスラッグ
PP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナール
PP-14 ダイノボットスラージ
PP-15 グリムロック

●7月発売アイテム
PP-16 ムーンレーサー
PP-17 ドレッドウインド
PP-18 ブラックウイング
PP-19 スタースクリーム
SS-09 オートボットジャズ
SS-10 ロックダウン
SS-11 メガトロン
SS-12 ブロウル
TC-10 オートボットホットロッド
TC-11 オートボットドリフト
TC-12 ダイノボットスラッグ
MP-41BWダイノボット
DA-21 パワードシステム マニューバアルファ
DA-22 パワードシステム マニューバベータ

●8月発売アイテム
PP-20 クインタスプライム
PP-21 テラーコンリッパースナッパー
PP-22 テラーコンカットスロート
PP-23 テラーコンブロット
PP-24 テラーコンシナーツイン
PP-25 テラーコンハングルー
PP-26 エリータワン
PP-27 オプティマルオプティマス
DA-23 ワルダースーツ フリンガー
DA-24 ワルダースーツ スタング

●9月発売アイテム
PP-28 ソラスプライム
PP-29 ディセプティコンバトルスラッシュ
PP-30 ロードトラップ
PP-31 プレダキング

●10月発売アイテム
MP-42コルドン
PP-32 アルファトライオン
PP-33 スクラップネル
PP-34 オートボットテイルゲイト
PP-35 オートボットノヴァスター
PP-36 オートボットインフェルノ
DA-27 パワードシステム マニューバガンマ

●11月発売アイテム
TFアンコール リターンズ コンボイ
PP-37 メガトロナス
PP-38 オートボットアウトバック
PP-39 シンダーソア
PP-40 ロディマスユニクロナス

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008