fc2ブログ
■2018年03月

■サイバーバタリオン:ショックウェーブとサイドスワイプの宣材らしき画像

淘宝店变形金刚改造工厂に、サイバーバタリオンの宣材らしき画像が3枚掲載されています。

ショックウェーブのロボットモード、ビークルモード、サイドスワイプのパッケージ絵の3枚。

サイバーバタリオンのショックウェーブとサイドスワイプは、店頭での発見報告が出ていました。

005CzrXlgy1fp4jckth6vj30lc0lc0y1.jpg 005CzrXlgy1fp4jcd0zjdj30lc0lc0wh.jpg 005CzrXlgy1fp4jbylewdj30l80sj14i.jpg

■海外ショップ情報:日本版スタジオシリーズ第2弾は7月発売

香港のショップ、Loopaza Mega Storeに、日本版スタジオシリーズの7月発売商品の情報が投稿されています。

流通業者向けカタログのスキャン画像らしきものが添付されており、スタジオシリーズの第2弾商品4点が7月発売となっています。

SS-09 オートボットジャズ 2800円
SS-10 ロックダウン 2800円
SS-11 メガトロン 4500円
SS-12 ブロウル 4500円

ここで気になるポイントは、商品番号。
海外版でパッケージに表示されている通し番号は、「09」はトイザラス限定サンダークラッカーに割り振られており、ジャズは続く「10」ですが今回の日本版商品番号は「SS-09」となっています。以降のアイテムもひとつずつズレています。

日本版は独自に商品番号を付けるのかもしれませんが、パッケージを海外と日本で共用するなら、全てシールなどで修正が入るという事?なのか、日本でも発売時には海外と同じ番号に調整されるのか、今後の展開が地味に気になる案件。

28783338_1761807730547401_4129648464269148160_n.png

■(追加2)スタジオシリーズ:海外トイザラス限定サンダークラッカー

Transformers Botpostingに、スタジオシリーズの海外トイザラス限定商品サンダークラッカーのパッケージ画像が投稿されています。

サンダークラッカーに関しては、トイフェアのハズブロパネルで言及されていましたが、画像が出回るのは初めて。

製品は、最後の騎士王のニトロの仕様変更で、ムービースタースクリーム風の新規頭部。

パッケージには、スタジオシリーズの通し番号として09が割り振られています。また、登場作品の項目が、ダークサイドムーンになっているのも気になるポイント(もちろん登場していません)

追加:パッケージ裏面画像追加。
追加2:淘宝店变形金刚改造工厂に、宣材らしき画像3枚。パッケージ絵と、ロボットモード、ビークルモードの画像。

8455631166546.jpg 854551526851.jpg
005CzrXlgy1fp4jd6jikzj30ln0nwq94.jpg 005CzrXlgy1fp4jd1h8r8j30lc0lc79t.jpg 005CzrXlgy1fp4jcvbqaoj30lc0lcjv0.jpg





■G1トランスフォーマーアニメのサントラ盤の発売情報 バリアント3種合計2000枚限定

Enjoy The Ride Recordsから発売される、トランスフォーマーのサントラLPレコードですが、KOTAKUに詳しい記事が出ています。

記事によれば、ディスクに3色のバリエーションがあり、オプティマスプライムをイメージした赤/青、メガトロンのシルバー、バンブルビーのイエローの3種。

この内、オプティマスとメガトロンはEnjoy The Ride Recordsのオンラインショップで販売。バンブルビーカラーは、Think Geekの限定商品との事。販売数は、各バージョンの合計2000枚。別ソースによれば、この内バンブルビー盤は500枚となっています。販売価格は、18.99ドル。3月9日発売。
訂正:プレス数の内訳は、オプティマス、メガトロン各500枚、バンブルビー1000枚だそう。

収録内容は、トランスフォーマーのアニメのシーズン1~3(日本で言う、初代~2010)までの主題歌を含む劇伴で、収録時間は45分。作曲者自らがリマスターした音源との事。

また、最も気になる、LPレコード盤以外のメディアで発売する予定はあるのか?という点ですが、Enjoy The Ride Recordsのツイッターアカウントによれば、当社は主にビニール盤のメーカーなのでCDやデジタル配信などの媒体での発売の予定は無いと断言されています。

ただし、これはあくまでも、このメーカーが答えられる範疇としては無いとしか言い様がないという可能性はあります。

以前、2016年にトランスフォーマーの劇伴音源が発見されてリマスター作業中との初報が出た時には、メイキング映像などを含めたボックスセットとしての発売をほのめかされていた事もあったので、おそらく、来年のトランスフォーマー35周年までにはなんらかの動きがあるのではないかと、個人的には思っています。(もちろん全く確証はありません)

gsywo6gtoco1uggtsnwy.jpg auiptoh0bzjmjfkncyck.jpg TFslide2_2000x.jpg


■日本版パワーオブザプライム8月商品、ダイアクロン7月商品、アマゾン予約

アマゾンにて、パワーオブザプライムとダイアクロンの新製品の予約が始まっています。
(マケプレ注意)

パワーオブザプライム 8月25日発売
*PP-20 クインタスプライム 864円
*PP-21 テラーコンリッパースナッパー 3024円
*PP-22 テラーコンカットスロート 3024円
*PP-23 テラーコンブロット 3024円
*PP-24 テラーコンシナーツイン 3024円
*PP-25 テラーコンハングルー 4860円
*PP-26 エリータワン 4860円
*PP-27 オプティマルオプティマス 7560円

ダイアクロン 7月28日発売
*ダイアクロン DA-21 パワードシステム マニューバアルファ 3564円
*ダイアクロン DA-22 パワードシステム マニューバベータ 3564円

以下、タカラトミーモール。
オボミナスのセット売りもあります。

PP-20 クインタスプライム
icon
PP-22 テラーコンカットスロート
icon
PP-21 テラーコンリッパースナッパー
icon
PP-23 テラーコンブロット
icon
PP-24 テラーコンシナーツイン
icon
PP-25 テラーコンハングルー
icon
PP-26 エリータワン
icon
PP-27 オプティマルオプティマス
icon
PP-21-25 テラーコン オボミナス セット
icon
DA-21 パワードシステム マニューバアルファ
icon
DA-22 パワードシステム マニューバベータ
icon





■タカラトミーサイト更新(レジェズコミック、ターボチェンジ第2弾)

タカラトミーのTF公式サイトが更新。

TFレジェンズコミック

『第50話:LG59ブリッツウイング前日談:ビッグ先生』が掲載。
4ページ分ありますが、4コマ形式で8本掲載されています。

hy01.jpg hy02.jpg hy03.jpg hy04.jpg


ターボチェンジシリーズに第2弾商品掲載。

これは、2月28日の更新分。例によって、内容はショップ情報と同等。
トップページにはバナーあり。

banner_tc02.jpg series_img_tf_tc.png

■G1トランスフォーマーアニメのサントラ盤サンプル音声

レコードメーカーのEnjoy The Ride Recordsのツイッターアカウントに、トランスフォーマーのG1アニメサントラ盤のサンプル音声が公開されています。

このサントラ盤に関しては、トイフェアのハズブロパネルで、3月9日にビニール盤で発売という情報が出ていました。
Enjoy The Ride Recordsのカートゥン専門サブレーベルEnjoy The Toonsから発売されるもので、G1アニメのサントラ盤になりますが、今回は、いわゆるLPレコード盤での発売になるようです。3月9日から、Enjoy The Ride Recordsのオンラインストアで販売開始との事。まだ商品登録などはされていません。
なお、今のところ、レコード盤以外のメディアでの発売情報は出ていません。

視聴サンプルで聞けるのは、日本で言うところのトランスフォーマー2010の中盤から使われた楽曲。

トイフェアでは、このレコード盤のジャケットなど展示されており、曲目など確認できます。
画像は、Unicron.comから

27972602_10155571748214912_5346396450281156323_n.jpg 28166298_10155571748244912_3215111766855308921_n.jpg 28058476_10155571748229912_1686997252437932647_n.jpg


以下、音声サンプル添付ツイート埋め込み。




■(追加)サイバーバタリオン:ショックウェーブとサイドスワイプ店頭発見報告

台湾のグループに、サイバーバタリオンの2018年新製品、ショックウェーブとサイドスワイプの店頭発見報告が投稿されました。(ソース:Guo Sheng Wu)

これまで、ストア登録情報などで発売が確実視されていましたが、トイフェアなどでの発表は無かったアイテム。

いずれも、サイバーバタリオン独自のデザインになっていて、ショックウェーブはシックスショットの飛行モードに似たビークルに変形します。

追加NOTRABに、MPショックウェーブとの2ショット画像が投稿されています。
画像は1枚のみ。腹に記号が入っているのは、テストショットの管理番号だと思います。

28468483_10208793102583181_6951780712404686467_n.jpg 28685618_10208793102263173_3628545029282258271_n.jpg 28685092_10208793102623182_2636202690736713541_n.jpg 28471654_10208793102423177_1094630231318159933_n.jpg 28472062_10208793103023192_2416581716759214451_n.jpg
4559020cgy1fp1y4vk62pj227b2y5u0x.jpg

■オーストラリアのトイフェア:パワーオブザプライム新製品画像

オーストラリアのOzformersに、オーストラリアのトイフェアでのファン向け試遊イベントで公開される、パワーオブザプライム新製品の画像が掲載されました。

先程、北米ハズブロのSNSで公開された、ヴォイジャークラスのインフェルノ、レジェンズクラスのシンダーソアとアウトバックの3体。
本来は、このオーストラリアのトイフェアが初公開になるはずでしたが、時差を間違えて北米で先に公開されてしまったそうです。

以下画像。

18a26.jpg 18a22.jpg 18a23.jpg 18a24.jpg 18a25.jpg

■(追加)オーストラリアのトイフェア展示画像

オーストラリアのファンサイト、Ozfornersのフェイスブックに、本日から開催のオーストラリアン・トイホビーライセンシングフェア2018のハズブロTF展示の画像がいくつか投稿されています。

まだ開催直後なので、プレビュー的な画像が数枚あるだけですが、おそらく今夜から明日辺りに更新されるものと思います。

また、先程、北米ハズブロのフェイスブックで公開された、パワーオブザプライムの新製品3種は、このトイショーの中でハズブロオーストラリアがファン数人を集めて行う新製品の試遊イベントにて現物が公開される予定。

以下、今回の画像。
プレダキングはG1玩具との比較画像がありますが、これはファン側主催者が持ち込んだ物。

追加Ozformersのフォーラムに、画像がいくつか掲載されています。

フェイスブックの方に載せていなかった画像が数枚あります。
基本的に、新情報的なアイテムは無いと思いますが。

28071341_1851710394867670_479028982839464031_o.jpg 28514940_1851711548200888_1775383002418407706_o.jpg 28516114_1851711638200879_3531330835489104103_o.jpg 28423768_1851711754867534_48649147998027143_o.jpg 28424929_1851714518200591_1773400898353894168_o.jpg 28701570_1851714611533915_3114199181050369706_o.jpg
18a14.jpg 18a10.jpg 18a03.jpg 18a04.jpg 18a13.jpg 18a16.jpg

■パワーオブザプライム:インフェルノ、アウトバック、シンダーソアが公開

ハズブロのトランスフォーマー公式SNSで、パワーオブザプライムの新製品3種が公開されました。

これは、本日から開催のオーストラリアのトイフェア用に公開されたもの。

ヴォイジャークラスのインフェルノ、レジェンズクラスのシンダーソアとアウトバックの3体がCG宣材で公開されています。

インフェルノは、ホットスポットの頭部変更、以前出たリーク画像では合体用頭部はガーディアンのままだったと思います。

シンダーソアはスラッシュの頭部変更。1988年に海外で発売されたファイアコンの1体を再現したもの。
アウトバックは、ブローンの頭部変更。残念ながらG1トイで特徴だったルーフ上の銃は無し。

28616457_1843284379075081_3868493634735088055_o.jpg 28423791_1843284425741743_7132045575898333911_o.jpg 28618873_1843284495741736_9156359690628913005_o.jpg

■パワーオブザプライム:wave3商品のパッケージ画像いくつか

淘宝店变形金刚改造工厂に、パワーオブザプライムwave3商品のパッケージ画像がいくつか投稿されています。


投稿されているのは、リーダークラス・オプティマルオプティマスのパッケージ表と裏、デラックスクラス・ノバスターのパッケージ裏面、プライムマスタークラスwave3の3種、プレダキングのパッケージイラストの5枚。

005CzrXlgy1fozlohu143j30fu0k3wpe.jpg 005CzrXlgy1fozlopsjojj30mk0s4aqh.jpg 005CzrXlgy1fozlo99rldj30f40i77c3.jpg 005CzrXlgy1fozlnebnizj30u00frdul.jpg 005CzrXlgy1fozloxk8inj30u00jzk54.jpg

■(追加)ジェイダトイズ製1/24ダイキャストミニカー2018年のラインナップ

ブラジルのミニカー情報サイト、T-HUNTEDに、ジェイダトイズの2018年ラインナップの情報が掲載されています。

掲載されているのは、2018年に展開予定のキャラクターライセンス系1/24ダイキャストミニカーのラインナップを示したパネルの画像が1枚。

その中で、トランスフォーマー関連では、実写映画バンブルビー版フォルクスワーゲン、実写TF1~3版オプティマスプライム、G1アニメ版オプティマスプライム、G1アニメ版バンブルビーフォルクワーゲンの4種類が確認できます。

ジェイダトイズは、去年、最後の騎士王のダイキャストミニカーを1/64、1/32、1/24の3スケールで展開して、一部は日本国内でも販売されていたので、他スケールでの展開もありそうな気はします。

以下画像。
左は、上記リンク先に掲載されているオリジナル。右は該当部分のみこちらで補正した画像。

28458829_10156606855158488_779874099_n.jpg 28458829_10156606855158488_779874099_n5.jpg


追加:Figures.comのニューヨーク・トイフェアレポート:ジェイダトイズに、その他の商品も出ていました。

1/24シリーズに関しては、先の4点が掲載されたパネルのみの展示だったようですが、新シリーズとして、「ナノハリウッドライズ」という商品の試作品などが確認出来ます。

このシリーズ、小サイズのダイキャストカーで、サイズは書いていないのでわかりませんが、あえて新シリーズというからには、既存の1/64サイズよりも小さいものと思われます。

ラインナップは、リストとしては公表されていないようで、展示画像からの判断になりますが、少なくとも、G1バンブルビー、最後の騎士王オプティマス、最後の騎士王バンブルビーの3つは確認できます。ただし、画像には写っていないアイテムがいくつかあるようです。(下画像1枚目に、5種のTF関連パッケージが写っている)

また、ジェイダが現在展中の小サイズのダイキャストフィギュア「メタルフィグス」で、トランスフォーマー関連のキャラクターを展開予定との事。これは展示などは無かったようです。

22321.jpg 22327.jpg 22325.jpg 22326.jpg 22322.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008