FC2ブログ
■2016年04月

■タカラトミーサイト更新(5月イベントゲスト情報、LG26ブラー彩色画像)

タカラトミーとその周辺のサイトなどの更新

◆キュートランスフォーマーサイト内のトランスフォーマーフェス情報ページが更新。

5月7日のビーストウォーズ復活祭のゲスト出演者に、中村大樹、千葉繁、柚木涼香の3名が追加。
また、ビーストウォーズのニコ生一気見配信が決定との事。

◆おなじく、キュートランスフォーマーサイトにて、5月8日のキュートランスフォーマーイベントに、クリフ役の蒼井翔太の出演が決定との事。
これに伴って、「クリフのキャラソン作ろう!」企画の募集を行うようです。

56_20160408221833b33.jpg


◆タカラトミーのTF公式ツイッターに、LG26ブラーの彩色版の画像が投稿されました。

画像は、ロボットモード、ビークルモード、ビークル運転席周辺の3枚。

余談ですが、ブラーの胸になるクリアパーツはロボットモード時とカーモード時では上下が逆になり、海外版ではカーモード時にオートボットマークが前後逆になるという珍事が発生していますが、日本版では上手く回避しているみたいです。

CfhQH5sUYAA9RvT.jpg CfhQHcOUsAAURrc.jpg CfhQG-6UAAARz_9.jpg

■ボットコン2016:限定品展示画像&中身画像など

各サイトに掲載されているボットコン2016限定品の画像などへのリンクまとめ。

・BWTF.com(フェイスブック)
 ボットコン限定品の会場展示ディスプレイ
・Seibertron.com
 フラッシュセントリー、ボックスセット、テラザウラーなど
 会場販売品各種、アヒルちゃん、バイオカードなど
・TFW2005
 会場限定品各種
 ボックスセットの中身各種
・Allspark.com
 会場限定品各種


*メガトロンの手首モードが持っているアヒルは、ビーストウォーズメタルスでメガトロンが持ったり浮かべたりしていたアヒルが元ネタ。
*アヒルは、限定数400個で5ドル。
*マグナボス用ステッカー付きオートグラフは、限定数40セットで5ドル。
*テラザウラーは、合体手足パーツは付属していないようです。
*リフレクターは3体合体のカメラ風モードあり。

12963588_1030184657029237_7809490320250575798_n.jpg 12718031_1030184690362567_4820498311821599341_n.jpg 12920457_1030184710362565_5043375825576636115_n.jpg 12512632_1030183813695988_501834463993379502_n.jpg 12963410_1030184743695895_5941789266059767780_n.jpg 12920313_1030183823695987_1630270460848236031_n.jpg

■MP-32コンボイ(BW)アジア限定特典ダイキャスト製ハンマー

Transformersasia.comに、MP-32コンボイ(BW)の購入特典の情報が掲載されました。

今回の特典は、いつものコインでは無く、初代ビーストウォーズ商品C-1コンボイの腕に内蔵されていた、ドクロ型ハンマーをダイキャスト製で再現したパーツが配布されるそう。旧玩具ではヒモだった部分はチェーンになっているようです。

いつものように、日本以外のアジアの一部ショップにて配布。今回は予約購入者への配布となっているようです。

27930be5e87ff2c7c12a5e43e6202c90.jpg

■UW08コンピューティコン単体各モード画像

アマゾンのユナイトウォリアーズ UW08 コンピューティコンの商品ページに、単体状態の各モードなど、画像13枚が追加されました。

彩色は、アニメ版を再現しているようですが、話数によって色味が異なるので、人によってはイメージが違うことがあるかもしれません。
リンク先には、下に添付した画像とは微妙に異なるアングルの単体画像など掲載されています。

619LBtosxCL.jpg
61T1THuStN.jpg



■ボットコン2016:会場限定品画像各種

Seibertron.comに、会場限定商品の画像ギャラリーが掲載されています。

*ギャラリー

例年のように、販売開始前に貸し出されたサンプル品をホテルで撮影した画像になると思います。

掲載されているのは、メガトロン、エアレイザー、リフレクター、タイガトロン、ユニット3、ラチェット。

*リフレクターは、謎の3体合体モードが掲載されています。
*エアレイザーは、スリップストリームの頭部のままのようです。
*ユニット3は、実際の製品を見ると、ハッピーミールトイのアンダー3を模したカラーリングでBWプロールとは別物のようです。
*ユニット3とタイガトロンは合体手足パーツが入れ替えられている模様。
*ユニット3とタイガトロンは、コンバイナーウォーズのシルバーボルト、アイアンハイド、プロールと合体してマグナボスを形成する模様。これはコミックにも登場しているオフィシャル設定みたいです。
*そのマグナボス用のドレスアップステッカーが、オートグラフカード(ゲストにサインを貰う為の写真入り色紙)に付属しているとか。

ボットコンのツイッターには、ステッカー貼付したマグナボスが投稿されています。

CfeIl39W4AAZm0B.jpg CfeIl5IWsAEFsS-.jpg 1460061450-img-20160407-015131-zpsgbjo3kxt.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-011.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-005.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-054.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-016.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-022.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-025.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-026.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-028.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-032.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-034.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-044.jpg r_souvenir-exclusives+custom-class-figure-050.jpg

■UW08コンピューティコン彩色画像

アマゾンのユナイトウォリアーズ UW08 コンピューティコンの画像が彩色版に差し替えられました。

掲載の画像は、合体モード1枚のみ。
胸には、計算時にランダムに輝くパターンが彩色で再現されているようです。

71q17e27xz.jpg




■(追加)ボットコン2016:限定コミック表紙&ゴールデンチケット限定フラッシュセントリー

◆ボットコンの公式ツイッターにて、ボットコン2016限定コミックの表紙画像が掲載されました。

表紙は2種類あり、どちらも今年の限定トイと思われるキャラクターが描かれています。
*Sara Pitre-Durocherのアカウントでは、その内の片方の原画が掲載されています。

表紙に描かれているキャラクターは、まず、以前プレビューが出ていました、ギガトロンの頭部変更でBWメガトロンを再現したものがわかります。
他に、マキシマル側と思われるキャラクターは、CWラヴェッジの白いリペイントがおそらくタイガトロン、日本で発売されたLGスリップストリームの頭部変更と思われるものがおそらくエアレイザー、CWストリートワイズのリペイント思われるものがおそらく(マグナボス構成員の)プロール。と推定されます。

*プロールぽい人は今回、ユニット3と呼ばれているみたいなんですが、ボットコン2006の限定品ではタイガトロンはユニット2と呼ばれており、その流れかと思われます。ハッピーミールトイのアンダー3と混同する人も居ますが真相は不明。
4/8追記:実際の製品の配色は、明らかにアンダー3モチーフでした。

86+523.jpg 8+6532.jpg


◆ゴールデンチケット購入者100名に配布される限定の内容が判明。

*イーベイの出品
*ツイッターユーザーの投稿

レジェンズクラスのショックウェーブの仕様変更アイテムで、新規頭部のフラッシュセントリーというキャラクター。
前提として、会場限定販売商品として、同型のリフレクター3パックが発売されるらしく、それのクリア成型バージョンがこのフラッシュセントリーという事になっています。

65516516.jpg 6532865.jpg 35143651144.jpg


追加
◆Allspark.comに、フラッシュセントリー他、限定品やコミックの画像が掲載されています。

会場限定販売トイのリストによれば、今年は以下のトイが販売されるそう。

*メガトロン      限定850個   89ドル
*エアレイザー    限定750個   49ドル
*タイガトロン     限定1200個   49ドル
*ユニット3       限定1200個   49ドル
*リフレクター3パック 限定1300セット 59ドル

限定数は例年に比べると少ないようです。とは言え、近年売れ残る事が多かったので、この辺りの数字が妥当と判断されたのだろうとは思います。

BotCon-2016-Sales-Sheet-1.jpg IMG_20160406_213208471.jpg IMG_20160406_213042842.jpg

■ボットコン2016:カスタマイジングクラス・ラチェット&メディックス

現地時間の6日朝から、ボットコン2016のカスタマイジングクラスが開催されており、ボットコンのツイッターなどでサンプルの画像などが投稿されています。

*ビークルモード
*ロボットモード

今年のカスタマイジングクラスのアイテムは、コンバイナーウォーズ・ラチェットで、CWファーストエイドの仕様変更アイテム。頭部はラチェット型の新パーツですが、これは以前の情報によれば、ボットコン側で製作したものではなく、当初からバリエーション展開用に金型が製作されており今回初使用されたもの。

サンプルは5体並んでいますが、添付ステッカーや着色の違いで、G1アニメ版、G1コミック版、G2、SG、メディックス(レスキューボッツのキャラ)など、任意に選択できるそう。また、会場での頒布分には、ボーナスパーツとしてレジン製のエニグマ・オブ・コンビネーション(IDWのコミックに登場したアイテム)が付属するそう。

*Allspark.comに、サンプルの詳しい画像など掲載されています。設定文なども。
*フェイスブックの個人ユーザーの投稿

Ratchet5.jpg Ratchet6.jpg Ratchet7.jpg Ratchet8.jpg RatchetM2.jpg Ratchet1.jpg Ratchet2.jpg Ratchet3.jpg Ratchet4.jpg RatchetM.jpg BotConEnigma.jpg 12928357_10154072019214042_4677931313541069098_n.jpg

■タカラトミーモール限定 MP-14+ アラート(アニメカラーエディション)4月11日予約受付開始

タカラトミーモール楽天市場店にて、MP-14+ アラート(アニメカラーエディション)と言う商品の情報が掲載されています。

MP-14アラートのアニメカラーモデルで、あらたにアニメカラー商品を製品化する「PLUS」シリーズの第1弾だそう。

リンク先にも画像付きで詳しく説明されていますが、アニメでのアラートはグレー味の強い車体色に彩色されており、今回の製品は、それを再現した商品だそう。
製品はカラーリングの違いだけで、付属品などは特に変更は無いようです。

タカラトミーモール限定商品で、4月11日昼12時から5月9日13時までの予約受付期間。
数量限定で予定数に達したら終了。限定数の記載は無いようです。
販売価格は、税込み8424円。
発売日は、9月24日になっています。

記事を書いている時点では、タカラトミーモール本体には掲載されていないようです。

追記:楽天の商品ページが削除されたようです。
追記2:入れ替わりで、タカラトミーモール本体に登録されました。

4904810875215_mp14p.jpg 4904810875215_img06.jpg 4904810875215_vehicl.jpg
4904810875215.jpg 49048108752154.jpg 49048108752156.jpg

■シャオミ Mi Pad 2型サウンドウェーブ画像各種

中国のファンサイト、AcToysに、先ほどのシャオミMi Pad 2型サウンドウェーブの実際の製品画像が多数投稿されています。

裏面にモールドされた刻印は、ハズブロだけで、タカラトミーは記されていないようです。

背中のウィング状のパーツは、やはりコンドルとして使用できるようです。

リンク先には、画像30枚ほど掲載されています。
以下、一部抜粋。

99_3098485_42f462125460053.jpg 99_3098485_fd5f8e172334f8d.jpg 99_3098485_1e13cdf3395fd89.jpg 99_3098485_e9eb2c5dd9b0a76.jpg 99_3098485_3f6c704e68689a4.jpg 99_3098485_a0df3e45215b133.jpg 99_3098485_991da7a3e30f401.jpg 99_3098485_bc0c8de23d08276.jpg 99_3098485_d6a626524b04250.jpg 99_3098485_95c607f48f157fe.jpg 99_3098485_c1acecf364a8b5b.jpg 99_3098485_a77273c5ea2a51b.jpg 99_3098485_fe0d2f1b866c3ff.jpg

■中国シャオミxハズブロのタイアップ製品 Mi Pad 2型サウンドウェーブ

中国の大手スマホメーカーのシャオミが、自社製のタブレットMi Pad 2を模した形状の変形玩具をハズブロとのタイアップの正規ライセンス品として発表しました。

*シャオミの副社長のコメント(フェイスブック)

実際のタブレットと同寸の形状から、30ステップ程度でサウンドウェーブを模したロボットモードに変形可能。
5月13日に出荷のような感じ。海外サイトだと価格が20ドルと書いているところがありますが、これはソースを見つけられませんでした。どちらにしても、中国国内の話だと思いますが。

動画が2本公開されています。

*こちらのリンク先に製品紹介の動画があります。(宣伝が長いです)

実際に変形させているところを見ると、一部パーツを取り外して、銃と盾と背中のウィングを後付けしているようです。
背中のウィングは、コンドルのようにも見えますが、実際そのつもりなのかは不明。

45785_f49f14598244015c489728a73a321.jpg 45785_b34414598243502b733af5c83a66d.jpg 45785_249f14598243591e33292791a80ed.jpg 45785_e6b014598243771c623a25a5d4023.jpg 45785_5903145982438772ab61b271d31db.jpg 86532_20160405232346eb5.jpg 45785_7acf1459824399a36d0c14e5850fc.jpg 45785_870614598243964cbb8b3474722a9.jpg 45785_1e5b1459824393509e347513febd6.jpg


*上記リンク先とは別の動画。(下に埋め込み)

こちらの動画は、開発過程の試作品やデザイン画などが開発者のコメントと共に見れます。

■MP-32コンボイ(ビーストウォーズ)、UW-08コンピューティコン宣材画像各種

海外ショップ経由で、MP-32コンボイ(ビーストウォーズ)と、UW-08コンピューティコンの宣材画像が出回っています。

コンピューティコンは、合体状態の未彩色試作品の画像1枚のみ。
MP-32コンボイは、おそらくパッケージなどにも使用されるであろう画像が19枚。

transformers-uw-08-computron.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-war.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wa.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars7.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars2.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars5.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars3.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars1.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars12.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars13.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars14.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars11.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars15.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars17.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars9.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars10.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars8.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars_2016040422451974c.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars4.jpg transformers-masterpiece-mp-32-convoy-beast-wars6.jpg

■UWコンピューティコン・ストレイフの試作品画像

タカラトミーの幸日差志がツイッターにて、UWコンピューティコンの構成員の最後の1体、ストレイフの試作品画像を投稿しています。

画像はビークルモード、ロボットモード、ロボットモードの別武装の3枚。

以前から、UWブレストオフがベースだという事はわかっていましたが、実際の製品ではかなり多くの新規パーツが使われている模様。

まず、ブレストオフそのままのパーツを使っているのは、胴体と手足だと思いますが、胴体とスネ部はブレストオフとは前後逆に使用しています。

新規パーツと思われる部分は、頭部はもちろん新造。肩は小翼が付く都合で新造、小翼は折り畳み可能。機首周りと機体上面部分の新造パーツで機体を上から覆う感じになっています。脚部に付く主翼と尾翼はそれぞれ新造でどちらも折り畳みギミックあり。足首、手持ち武器も新造。合体手足パーツはルークのもの。

G1ストレイフの玩具は、テックボット手足メンバーの中では唯一、ビークル時のオプション武器(機首ブラスター)をロボット時にも手持ちさせる事ができましたが、今回も機首ブラスターを取り外して手持ちさせる事ができるそう。また、G1時には取り外すしか無かったこの機首ブラスターを取り外さずに背中側に回しておく事もできるように見えます。

5651621861.jpg 61164164.jpg 89888454.jpg


■UWコンピューティコン・ノーズコンの試作品画像

タカラトミーの幸日差志がツイッターにて、UWコンピューティコンの構成員の4体目、ノーズコンの試作品画像を投稿しています。

画像は、ビークルモード、ロボットモード、ロボットモード武器装備例の3枚。

画像から判断出来る限りでは、CWルークをベースに車体前部のカバーと6輪の代わりに、新規パーツとしてドリルとその基部アーム、キャタピラを取り付けてドリル戦車状のビークルにしています。他に、頭部と手持ち武器、ミサイル2基が新規パーツと思われます。合体手足パーツはグルーブのものを使用。

今回は、G1ノーズコンに付属している3つの武器パーツ(手持ち武器とビークル用ミサイル)を全て再現しており、どれもルーク特有の腕部先端ジョイントに取り付け可能となっているよう。また、ビークルモードのドリル自体も取り外して腕に取り付けられるそう。
キャタピラの側面にも5ミリ穴が増設されており、ビークル時の車体側面や、ロボット時には脚部に武器パーツを取り付ける事もできるよう。

なお、実際の製品がどうなのかはわかりませんが、今回のキャラクター名称は、ノーズコーンでは無く、G1当時の玩具商品名である「ノーズコン」で記載しているようです。

以下、該当ツイート。

UW-Nosecone-Drilltank.jpg UW-Nosecone-Robot-1.jpg UW-Nosecone-Robot-2.jpg



■タイタンズリターン・ブラスターとPMオプティマスのパッケージ宣材画像

イタリアのショップGamepeopleに、タイタンズリターン・リーダークラス製品のパッケージ画像が掲載されています。

*ブラスター
*パワーマスター・オプティマスプライム

オプティマスのパッケージは、トイショーで何回か展示されていましたが、ブラスターは初見のような気がします。

5654121.jpg 5341564.jpg

■キッズロジック・メカネイションMN08デバステーターのリモコン式発光ギミック

キッズロジックのフェイスブックページに、MN08デバステーターの発光ギミックの紹介動画が掲載されました。

製品は、20センチサイズの可動フィギュアで、7箇所に発光ギミックがあると、以前から告知されていましたが、今回の動画では、その発光ギミックがリモコン式で点灯される事が明らかに。

動画は、まずデバステーターの発光部分のパーツを取り外して、各々に付いているスイッチをオンにしたあと再組み立て。付属の銃にも発光ギミックがあり、その銃自体がリモコンとして機能するというもの。

銃を本体に向けてスイッチを入れると、銃自体の発光と共に、本体側もG1変形音と共に発光。消灯時にも変形音あり。

以下、キャプ画3枚と、動画埋め込み。

86532_20160403082122fa1.jpg 516656.jpg 12651_2016040308212550c.jpg

Kids Logic MN08 Devastator - LED + Remote Control

Kids Logic Mecha Nations MN08 Devastator action figure. 8 LED light up points and remote control function.

Kids Logicさんの投稿 2016年4月2日


■UWコンピューティコン・ライトスピードの試作品画像

タカラトミーの幸日差志がツイッターにて、UWコンピューティコンの構成員の3体目、ライトスピードの試作品画像を投稿しています。

画像は、ロボットモードとカーモードの2枚。

画像から判断する限りでは、日本未発売のCWホイルジャックをベースに頭部と手持ち武器を新造。合体手足パーツはブレストオフのものを使用しているようです。
手持ち武器は2個付属し、カーモードでは両サイドに取り付けられるとの事。形状としては、どちらかと言えばG1ライトスピードの手持ち銃に似せてある感じ。
ちなみに、G1テックボットの手足メンバーは、どれもロボットモード用の手持ち銃1丁とビークルモード用の武器が左右2個付属していましたが、ほとんどの場合別モードでは余剰パーツになるという仕様でした。今回はその辺りを整理している感じ。

以下、該当ツイート。

1__scaled_800.jpg 2__scaled_800.jpg


■UWコンピューティコン・アフターバーナーの試作品画像

タカラトミーの幸日差志がツイッターにて、UWコンピューティコンの構成員の1体、アフターバーナーの試作品画像を投稿しています。

画像は、ロボットモードとオートバイモードの2枚。

画像から判断する限りでは、UWグルーブをベースにカウルと頭部、手持ち武器を新造し、合体手足パーツはホイルジャックの物を使用しています。
手持ち武器は2丁ありますが、これはG1アフターバーナのビークルモード時に左右に取り付けるオプション武器を模しています。

以下、該当ツイート。

1459474312-ce6keplviaqtklo.jpg 1459474312-ce6keryuiaa-y5x.jpg


楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008