■ボットコン&TCC

■(追加訂正)ボットコンの名前がアンオフィシャルイベントで復活

いわゆるアンオフィシャル、非正規の話になりますが、アメリカのファンコンベンションでボットコンの名前が復活しています。

*コンベンション公式フェイスブックなどで、公開された告知

今回のイベントは、ボットコンの主要なスタッフの1人が自分の名前を掲げた「ピートのロボットコンベンション」として、以前から開催の告知をしてきましたが、今回の告知で突然、「ボットコン2017」との文言が登場。アンオフィシャルコンベンションとはいえ、去年までオフィシャルコンベンションとして20年以上開催されてきた名称が使用されるインパクトは大きいと言えるでしょう。

もともと、ボットコンという名称はファン側が商標を持っており、そこにハズブロが協賛する形でオフィシャルコンベンションとして開催されていました。オフィシャルコンベンションが「OTFCC(オフィシャル・トランスフォーマーコレクター・コンベンション)」の名称になっていた2004年には、ボットコン10周年イベントとして、アンオフィシャルでボットコン2004が開催された事もありました。その後、2005年には、ファンパブリケーションに商標が移譲されて、ハズブロの協賛でのボットコンが復活。以後、去年までの12年間この体制でオフィシャルコンベンションとして開催されてきた訳です。

今回のコンベンション自体は、6月23~24日開催。来場者向けトイに、5体セットの大箱やなど、去年までのボットコンと同様の構成を予定しているみたいです。ただし、ハズブロからの限定玩具供給は難しいと思うので、恐らく、ボットコン2004の限定品がそうだったように、市販の製品に改造パーツを使った手塗りのアイテムを少数制作する事になるのではないかと思われます。今回は、TRハイブロウにエイプフェイスの頭を付けた”スカイフォール”の画像が掲載されています。
また、コンベンション内で、これまでのオフィシャル時代のボットコン&TCCの限定品のボツネタなどの公開が予定されているとの事。

ちなみに、あくまでアンオフィシャルなので、このブログでは、今後あまり取り上げる事は無いと思います。

追記訂正:朝出かける前に、斜め読んで記事を書いたのですが、よくよく見れば、イベントとしてのボットコンが復活するわけでは無く、ロボットコンベンション内の企画として、ボットコン2017で使おうと思っていた限定品のアイデアを再現した、ボックスセット、来場者限定品などを制作して、今回のコンベンションの参加者用の抽選アイテムにするという話でした。すいません。
いずれにしても、アンオフィシャルイベント内とは言え、ボットコン用の企画を再現したアイテムが制作されるというのは、ニュース性はあるとは思います。

C78xB3WVUAAooPe.jpg

■(追加)TFSS5.0第1回発送分の中身

TFW2005のフォーラムに、TFSS5.0の第1回発送分の到着報告が投稿されています。

本来、6回の分納予定が、2セットずつ計3回の発送になったので、今回のパッケージは2個入り。さらに、小アイテムとのセットの商品なので、都合4キャラクターが今回の発送分となっています。

内容は、フラクチャー&スコルポスと、ライフライン&クイックスリンガー。バイオカードも4キャラ分作られています。

残るアイテムは、カウンターパンチ、トキシトロン、オプティマスプライム、メガトロン、シークレットアイテムの5種。
シークレットアイテムは、デラックスクラスでアメリカでは未使用の頭部パーツを採用という所までは公表されています。

追加Allspark.comに、見栄えの良い画像が掲載されています。
過去製品との比較画像などもあり。スコルポノックは、バイオカードと説明書で違う内容が掲載されているそう。

TFSS-001.jpgTFSS-007.jpg TFSS-009.jpg TFSS-008.jpg TFSS-010.jpg TFSS_5_056.jpg TFSS_5_055.jpg TFSS_5_054.jpg TFSS_5_017.jpg TFSS_5_033.jpg TFSS_5_040.jpg TFSS_5_053.jpg

■TFSS5.0の発送は3月に遅延の予定

TCCの公式サイトにて、TFSS5.0の発送予定に関するお知らせが掲載されました。

去年から何度も発送予定が延期されていますが、今回のお知らせでは、3月初旬にTCC側に貨物が届いて、そこからできるだけ早く、消費者への最初の発送を行う予定であると。

おそらく、3月中には発送してくれるものと思いますが、TCCの事なので実際に発送されるまではどうなるかわからないような気もします。


■TFSS5.0ダブルプリテンダー・オプティマスプライムのカードイラスト

TCCのフェイスブックにて、TFSS5.0のアイテムのひとつ、ダブルプリテンダー・オプティマスプライムのカード用イラストが公開されました。

アメリカの東部標準時で12月31日深夜にTCCのライセンス終了のおしらせを兼ねて掲載されたもの(日本時間だと1月1日14時)

TFSS5.0に関しては、以前の告知で、年内の発送が間に合わないので、2017年1月から毎月2体ずつの発送になると言う話になっていました。1回目の発送は、1月初旬になるとの事。

15843979_1286453768080265_4369763463813602610_o.jpg

■TCC限定ドレスアップステッカーセット

今月末にライセンス終了する、TCC(トランスフォーマーコレクターズクラブ)の限定商品として、突然、ドレスアップステッカーセットが販売開始されました。

玩具製品に貼り付けるドレスアップステッカーと、TCCストーリーのBWアップライジングのイラストを用いたカードサイズのステッカーをセットにしたもので、イラストの絵柄が4種類、ドレスアップステッカーは1種類という事のようです。

ドレスアップステッカーの絵柄は、G1、G2、BWの他、レッカーズやシャッタードグラス、ロディマスなどのエンブレムや、TCC限定CWブルーストリーク、TM3メガトロン、プリテンダー・オプティマス、メガトロンなどに使用できるものが含まれているようです。

限定数は、各375セットずつだそう。

sticker_set_1_500.jpg sticker_set_2_500.jpg sticker_set_3_500.jpg sticker_set_4_500.jpg

■(追加)タイタンズリターン・デラックスクラス・カップの画像@TCC会報

Radio Free Cybertronの中の人が、ツイッターにてTCC会報最終号に掲載されている、タイタンズリターン・デラックスクラスのカップの画像を投稿しています。

今回の商品名は、近年の例に漏れず、『サージェント・カップ』で、タイタンマスターは『フリントロック』

カーモードは、2010のアニメ設定に近い未来トラック。付属の武器はタイタンズリターンでは良くある、二丁を合体させるとタイタンマスターが搭乗できる銃。

ちなみに、フリントロックの名称は、1988年の日本未発売ターゲットマスター・ランドフィルの付属ターゲットマスターの1体と同名になります。

追加BWTFに今回のTCC会報記事の告知が掲載。
このサイトの管理者がTCC会報のカップのレビュー記事を担当している為。
G1カップとのビークルモード比較画像が1枚掲載されています。

 kup_201612210008080d5.jpg

C0F_oyMVIAA8fEj.jpg C0F_oyOUsAAxJzi.jpg
C0GDQEbUQAAwgqx.jpg C0GDQEZVQAAP9bQ_20161220195239c4d.jpg C0GDQEYUoAANDxn.jpg C0GDUMPUoAAU5On.jpg C0GDUMQUQAAW6eD_20161220195250bbf.jpg C0GDUM1UQAAtbgP.jpg

■タイタンズリターン・カップのパッケージイラスト公開@TCC会報最終号

TCCのツイッターアカウントにて、TCC会報の最終号の表紙が公開されました。

表紙イラストは、タイタンズリターン・カップのパッケージ用イラストで、これが初公開になります。

クラスに関しては未記載ですが、普通に考えてデラックスクラスでしょう。
このイラストが、パッケージ用イラストである事は、Seibertron.comのTCC専用フォーラムで言及されています。

CzzBqnyUsAA2Fjp.jpg

■TFSS5.0メガトロン、トキシトロン、フラクティルの画像

ボットコンのフェイスブックで、今週末にシカゴで開催されるコンベンション、TFConにボットコンが参加するとの告知が投稿されています。

そのコンベンションでは、これまでにファンパブリケーションの事務所で保有してきたTCC/ボットコンの限定玩具(画像から判断するに展示サンプルや不良対応用と思われます)の販売や、TFSS5.0の展示を行うという話。

それで、今回投稿された画像の中に、TFSS5.0のサンプル品らしき画像が一枚掲載されています。

写っているのは、ダブルプリテンダー・メガトロンのシェル&戦車&スペースシャトル、トキシトロン、フラクティル、TCC/GIJCC限定人間ロディマス。

メガトロンの戦車は、G2の未発売商品がモチーフですが、車体色はそのシルバーでは無く、ほぼ白に見えます(初期の画像ではシルバー風)。トキシトロンのビークルモードは初出だったような気がします。

14632822_1356484277725361_6261667832948384374_n.jpg 14671341_1356484271058695_2058395263829899325_n.jpg

■TCC/GIJCC限定ニンジャフォース5パックのパッケージと、TFSS5.0など

TCCのフェイスブックにて、GIジョーコレクタークラブとのクロスオーバー限定品ニンジャフォース5パックのパッケージが公開されました。

すでに、パッケージの外観(下画像2枚目)は公開されていましたが、今回は、パッケージの扉を開いた状態。内部ブリスターにフィギュアが並べられており、開封後も元に戻す事ができる、コレクターに優しい仕様。

また、これは昨日から掲載されていましたが、TCC公式サイトにて、限定商品の発送スケジュールについても触れられています。

このニンジャフォース5パックと、人間トランスフォーマー2点は、今の予定通りなら、クリスマス前までに発送されるとの事。

TFSS5.0の発送に関しては、メーカーの生産が遅れているので現時点では、年末辺りに商品がTCC側に届くらしく、発送スケジュールは、2体ずつ計3回に変更。分割払いの人は、2回目の支払いが1月、3回目が2月 という予定で考えているみたいです。承知の通り、TCCのトランスフォーマーオフィシャルライセンスは12月31日で終了しますが、遅れた分の商品の発送業務は継続するようです。まあ当然ですが。

14671271_1202460653146244_8713471457218619357_n.jpg CROSSOV36958114.jpg

■TCC/GIジョークラブ限定クロスオーバーフィギュア予約開始・発送は12月末

TCCクラブストアで、GIジョーコレクタークラブとのクロスオーバー限定品3点の予約受付が開始されました。

発送はいずれも12月末だそう。

*ニンジャフォース5パック129.00ドル
*人間トランスフォーマー・ロディマスプライム29.00ドル
*人間トランスフォーマー・アーシー29.00ドル

ニンジャフォース5パックは、スカーレット、ビグルス・ジョーンズ、コブラコマンダー、ラットバット、メガトロンのセットで、アクセサリーとして、ブラックキャット、トースターなどが付属。
ロディマスプライムには、釣り竿と魚が付属。
アーシーには、「オートボット・スカイスパイユニット」が付属。これは、GIジョーバック2リベンジ版デュークに付属していた攻撃ドローンの流用。

ちなみに、数日前に、TCCのフェイスブックアカウントでこれらの商品の画像が間違って掲載され、すぐに削除された事件がありました。一部サイトでニュース記事になっていたのは、その時の画面をキャプチャーしたもの。

CROSSOVERboxWITHfigsSTORE.jpg OHrodimusSTORE.jpg OHarceeSTORE.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●3月発売アイテム
MB-09 ダイノライド グリムロック & オプティマス
MB-10 ダイノライド ストレイフ & バンブルビー
MB-11 10thアニバーサリー オプティマス
DA-06 ダイアバトルス V2 宇宙機動タイプ
メタコレ オプティマス(ダークサイド・ムーンVer)
メタコレ バンブルビー (ダークサイド・ムーンVer)

●4月発売アイテム
MP-36メガトロン
MP-10コンボイ再販
MP-11スタースクリーム再販
MP-13サウンドウェーブ再販
MP-15ランブル&ジャガー再販
MP-16フレンジー&バズソー再販
TLK-01 バンブルビー
TLK-03 ディセプティコン バーサーカー
TLK-04 ダイノボット スラッシュ
TLK-05 グリムロック
TLK-06 スピードチェンジ バンブルビー
TLK-07 スピードチェンジ オプティマスプライム
TLK-08 スピードチェンジ バリケード
TLK-09 スピードチェンジ ハウンド
邦訳版アメコミTFフォー・オール・マンカインド
タカラSFランド エヴォリューション

●5月発売アイテム
LG-42ゴッドボンバー
MP-37アートファイアー

●6月発売アイテム
MP38 コンボイBW 伝説の総司令官Ver.

●7月発売アイテム
ダイアクロンパワードシステムセット Cタイプ
ダイアクロンパワードシステムセット Dタイプ

●8月発売アイテム
LG43 ダイナザウラー
DA-11 ダイアバトルス V2 <ALPHA plus ver>.

●9月発売アイテム
LG44 シャークトロン&スウィープス
LG45 ターゲットマスター ホットロディマス
LG46 ターゲットマスター チャー

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008