FC2ブログ
■雑誌、書籍

■ハイパーホビーVol.10

本日発売のハイパーホビーのTFコーナーはカラー2ページ分。

◆MP-43メガトロンBWの紹介。

前号の未彩色試作紹介に続き、今回は、彩色版の試作で紹介。
記事としては後発になるので、特に新情報的なものは無いですが、基本的なギミック、付属品など紹介されています。

また、2月再販のMP-32コンボイBWの告知。マスターピースコンボイVer.3.0は、他誌と同様のロボットモード、トレーラーモードの2枚の写真で紹介されています。

◆実写TF関連

実写バンブルビー関連、スタジオシリーズ関連は、基本的に先日のワンフェス公開範囲が掲載。他誌ではまだほとんど掲載されていない内容。写真は新撮ぽいです。

具体的には、バンブルビー映画から、パワーチャージバンブルビーとレジェンダリーオプティマスプライムが紹介。
スタジオシリーズからは、SS-16バンブルビーを中心に、SS-13シャドウレイダー、SS-14ラチェット、SS-15アイアンハイド、SS-17ケイエスアイセントリー、SS-18スタースクリームが掲載。

SS-16バンブルビーのギミックに関して、他には無い具体的な記述で紹介されているのがポイント高いです。バトルマスクは頭部の前半を差し替え、腕部ガトリングガンは肘下から差し替え、左腕の剣は着脱可。といった感じ。

◆パワーオブザプライムは隔月ペースでは追い切れないのか、11月分を飛ばして12月分のPP-41レックガーとPP-42ネメシスプライムが掲載。その他、TFアンコール・ユニクロンや、3大ロボットヒーローレジェンドソードキャンペーンなど掲載されています。

ちなみに、ワンフェスには展示されていた、MPM-6アイアンハイド、PP-43スローンオブザプライム、LG-EXリパッグ&グロテス、WFCシージなどには言及無し。




■テレビマガジン、てれびくん9月号

公称発売日8月1日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連。

◆テレビマガジン

TF記事はカラー1ページ分。

『映画最新作のバンブルビーを大発見!』として、スタジオシリーズSS-16バンブルビーの玩具写真を大きく掲載。(電ホWEB掲載と同じ宣材
ロボットモード、カーモード、バトルマスク&武器保持の3枚の写真が紹介されていますが、肝心の商品情報に関しては「2018年秋発売予定」とだけ書かれており、詳しい商品名なども未掲載。あくまで新しいバンブルビーの姿を紹介するのが目的のようです。

また、映画そのものに関しても、お馴染みのスチルが1枚掲載されていますが、「アメリカで今年公開予定。日本での公開が楽しみだね。」という微妙な表現での紹介。日本での公開が来春ということには触れられていませんが、ここから半年以上の間、どう繋いでいくのか興味津々といったところ。

◆てれびくん

なし。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、どちらも同じ商品を紹介していますが、構成が少し違います。

基本的には、どちらもスタジオシリーズのSS-01バンブルビー、SS-05オプティマスプライム、SS-09オートボットジャズ、SS-12ブロウル、SS-11メガトロン、SS-10ロックダウンの6体を左右に配した対決の構図にて紹介する広告。

テレビマガジンは、この広告がストレートにそのまま掲載されていますが、てれびくんは、8月4日から実施の店頭キャンペーン、『スーパー変形3大ロボットヒーロー・レジェンドソードキャンペーン』紹介がぶら下がりで掲載されています。ドライブヘッド、シンカリオンはてれびくんの方だけで連載されているからでしょう。



■玩具付きムック:ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~1~3巻アマゾン予約復活

7月3日に予約開始され、翌日には商品ページが削除された、講談社の玩具付きムックのダイアクロン コンバット・クロニクル シリーズですが、ワンフェスで付属玩具の情報が公開されたのに合わせてか、アマゾンでの商品ページが復活しています。

削除からの復活ではありますが、この間、楽天ブックスではずっと削除も無く予約受付をしていたようなので、どういった意図だったのかよくわかりませんが。

とりあえず、各商品の発売日や価格などは、以前から変更なし。画像も未掲載のままです。

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 1
 3780円 12月27日発売 付属玩具は、パワードシステムF型

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 2
 3780円 1月31日発売 付属玩具は、ダートローダー改

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 3
 3780円 2月28日発売 付属玩具は、ジャイロセプター改

以下、画像はワンフェス展示。

37997855_1374040542698541_6391645307704180736_n.jpg 37969532_1374044619364800_938556753400823808_n.jpg 38068043_1374043629364899_5984004133370200064_o.jpg



■フィギュア王No.246

本日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー2ページ分。

◆TFアンコール・ユニクロン<マイクロン集合体カラー>の紹介で1ページ分。メインビジュアルは新撮のようですが、ほかは宣材です。特に新情報的なものは無し。

◆パワーオブザプライム12月商品、PPー41レックガー、PP-42ネメシスプライムの紹介。掲載写真は、宣材と初出ぽいものが混在してます。レックガーは、合体手足モードがきちんと写真で掲載されています。

◆MPビーストウォーズ関連。MP-43メガトロンの価格と発売時期情報、発売直前のMPダイノボット、2月再販のMP-32コンボイなどが紹介されています。メガトロンとその他2体との絡み写真など載っています。

◆スーパー変形3大ロボットキャンペーンの告知。8月4日から開催のレジェンドソード配布キャンペーンの告知が小さく載っています。

◆ワンフェス直前情報として、文字情報のみで、SDCCで発表されたばかりの今年後半の主要アイテムを国内最速展示との煽り文。

以下、ダイアクロン。

95ページから、ダイアクロンコーナーが3ページ分。
主に、バトルバッファローとマニューバデルタの紹介記事ですが、トップページに「特報!!」として、ダイアクロンEXPO大阪出張版が8月開催との噂が!?との記述あり。

詳細は不明で、公式サイトをチェックと記載されていますが、今日更新されたのは、ワンフェス出店情報のみで、特に大阪EXPOに関する内容はありません。



■玩具付きムック・ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~1~3巻アマゾン予約

アマゾンにて、玩具付きムック本のダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~1~3巻の予約が開始されています。
出版社は講談社。

いずれも、表紙や玩具画像はありませんが、付属玩具の名称だけは記載されています。

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 1
 3780円 12月27日発売 付属玩具は、パワードシステムF型

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 2
 3780円 1月31日発売 付属玩具は、ダートローダー改

*ダイアクロン コンバット・クロニクル ~パワードシステム計画~ 3
 3780円 2月28日発売 付属玩具は、ジャイロセプター改

7/4追記:商品ページ削除されたようです。

以下、画像は、ダイアクロンEXPO2018での告知POP

P1570335.jpg

■テレビマガジン、てれびくん8月号

公称発売日、6月30日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連は。

◆テレビマガジン

TF記事はカラー1ページ分。
『大人気ターボチェンジ集結!』として、7月発売のTC-10ホットロッド、TC-11ドリフト、TC-12スラッグを中心に、過去アイテムのTC-05~09も紹介。掲載の写真は、基本的に存在と同じで、特に新情報的なものは無し。

◆てれびくん

無し

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、両誌とも同内容ですが、その内容自体も、先月号の広告と全く同じで、TC-09バトルコマンドオプティマスを中心に、7月新製品3点のぶら下がり。



■フィギュア王‭No.245

23日発売のフィギュア王のTFコーナーは、カラー6ページ分。

◆MP-34マスターピース・メガトロンBWの彩色サンプル紹介が2ページ分。

ロボットモード、恐竜モードの基本的なアングルに加えて、付属品やギミックの紹介、他商品との絡み写真など。

開発者インタビューも掲載されていますが、個人名は出ていません。(現在のMP商品の開発はチーム制で、個人の名前は出さない方針のよう)

付属品には、交換用顔面やレーザーエフェクトの他、ライフルや歯ブラシなどのレア小道具も。
また、劇中にあった、尻尾や各部の外装を取り外した軽装モードが再現可能として写真が掲載されています。

サウンドギミックは、恐竜頭部に内蔵されており、音声は、メガトロン、ナビ子、ブラックウィドーの声優3者による新録音により掛け合いなども再現。13話のオープニングの再現としてセリフ+テーマ曲などもあるそう。音声は30数種類あり、ロボットモードと恐竜モードで切り替え。

今回のフィギュア王特別企画として、収録される音声のサンプルが聞ける特設ページのURLが掲載されています。

インタビューによれば、今後のマスターピースBWの展開として、サイバトロン、デストロンの主要キャラを並べる事が目標となっているそう。

◆復刻版リターンズコンボイ関連の記事が1ページ分。

玩具情報は既出以上のものは無いですが、声優の子安武人のインタビュー記事が多めに掲載されています。

また、MPメガトロンBW同様に、フィギュア王特別企画として、音声サンプルが聞ける特設ページのURLが掲載されています。

◆パワーオブザプライム11月商品4点、ターボチェンジ7月発売商品3点、タカラトミーモール限定MP-36+メガトロンの紹介で1ページ分。

特に、既出情報以上の内容は無いですが、ロディマスユニクロナスのヒゲ顔に関して、『「重すぎた使命」でマトリクスを強奪したスカージに由来する。』と記述されているのですが、一般的には、ロディマスユニクロナスは、シャッタードグラス版ロディマスのカラーリングとヒゲ顔をモチーフにしたという解釈が定説となっていると思うのですが。また、やや余談ですが、SGロディマスそのもののヒゲ顔に関しては、スタートレック(宇宙大作戦)のエピソード「イオン嵐の恐怖」にて登場した鏡像世界のミスタースポックが元ネタと公言されています。今回の記事中で、スカージ由来と断言しているのは根拠があっての事なのか非常に興味深いです。

◆TF35周年企画ゴールデンラグーンプロジェクトで1ページ分。

玩具紹介は、既出のビーチコンバー/パーセプター/シースプレー、スタースクリーム、MPコンボイで既出の通りの内容ですが、アニメ「ゴールデンラグーンの秘密」のエピソード解説に多くのスペースを割いています。当時、関東地方未放映エピソードだった事を前提に論を立てているのが面白い。

◆35周年コンボイの試作品写真が掲載。1ページ分。

おもちゃショーの新製品ステージで初公開された、MPコンボイの新バージョンの未彩色試作品の写真がロボットモード、トレーラーモードの2点掲載。どちらも、おもちゃショーのスライドで公開されたものと同じ写真のようです。

商品仕様やギミックなどについては、写真から推測できる範囲の情報しか記述は無く、詳細は不明。発売日や価格はおろか、正式な商品名なども未掲載。


TFコーナーは以上。以下、TF以外。

◆42ページに、ダイアクロンが1ページ分。

基本的におもちゃショーのレポートで、おもちゃショーで発表された以上の内容は無し。
バトルバッファローの前面、後面の写真が大きめに掲載され、マニューバガンマ、マニューバデルタ、ワルダロイドセットなどが小さめに掲載されています。

◆シンカリオンとドライブヘッドの特集記事が特盛状態で掲載。
シンカリオンが22ページ分、ドライブヘッドが18ページ分でどちらも玩具商品カタログや新製品紹介などの他、開発者インタビュー、開発画稿、未発表デザインなども掲載された充実の内容なので、買って読むと良いと思います。



■ハイパーホビーVol.09

本日発売のハイパーホビーのTFコーナーはカラー2ページ分。

◆マスターピース関連。

MP-43メガトロンBWは、他誌同様の未彩色試作品にて紹介。写真自体は、5枚で小さめ。
フィギュア王にも少し書いてありましたが、左腕の尻尾武器は取り外し可能。尻尾武器自体の伸縮ギミックもあるそう。尻尾を外した左手は指が可動するそうで、小さいですがポージングした写真あり。

その他、MP-29+ショックウェーブ、MP-42コルドンの紹介など。

「黄金のコンボイの謎!」として、金メッキのMP-10コンボイのロボットモードの写真が1枚掲載されています。具体的な内容はおもちゃショーで発表だそう。「単なるゴールドバージョンではないらしい」との記述あり。

◆パワーオブザプライム10月発売商品、スタジオシリーズ7月発売商品、ターボチェンジ7月発売商品が、それぞれ紹介されています。特に新情報的な内容は無し。




■テレビマガジン、てれびくん7月号

公称発売日、5月31日ごろの児童誌2誌のTF関連。

◆テレビマガジン

今月は、カラー1ページ分。7月発売のスタジオシリーズ4点の紹介記事になっています。
4体中3体がディセプティコン側で、映画の主敵であった、メガトロンやロックダウンが含まれている為、『これが最凶の力だ!!』という大見出しにて掲載。唯一のオートボット側であるジャズは製品写真に「オレは正義だ!」というアオリ文を被せて掲載。

◆てれびくん

なし。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、前号と同じ構成にて、バトルコマンドオプティマスプライムが掲載。メインの広告部分は前号と同じですが、下段のぶら下がりは、7月発売のターボチェンジ3種に差し替えられています。




■フィギュア王No.244

本日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー4ページ分。

他、ダイアクロン2ページ分あり。

◆MP-43メガトロン(ビーストウォーズ)今冬発売、価格未定。未彩色の試作品を2ページにわたって掲載。

静岡ホビーショーで展示されたロボッモードだけでなく、恐竜モードやいくつかのギミックも掲載されています。また、ダイノボットBW、コンボイBWとのサイズ比較写真なども。

内蔵されているギミックは、本文によれば、劇中セリフの音声ギミック、ロボット眼の発光、フェイスプレート3種、左腕の恐竜尻尾は取り外し可能、恐竜モードでも関節可動、恐竜の眼球は可動で視線の変更やロボットモード時の白目に対応、ダイノボットに付属する台座に取り付ける為のジョイント付属、と言ったところ。

◆スタジオシリーズ第2弾商品4種。こちらも、静岡ホビーショーで初公開された、日本版のスタジオシリーズ第2弾商品。今夏発売、価格は未定として掲載されています。SS-09オートボットジャズ、SS-10ロックダウン、SS-11メガトロン、SS-12ブロウル。

◆パワーオブザプライム10月発売分5種の紹介。写真はいちおう新撮と思いますが、特記するような新情報は無し。

PP-32アルファトライオン、PP-33スクラップネル、PP-34オートボットテイルゲイト、PP-35オートボットノヴァスター、PP-36オートボットインフェルノ。

◆マスターピースMP-42コルドン、タカラトミーモール限定MP-29+レーザーウェーブの紹介。コルドンのパトライトはルーフ内で移動してロボットモード、カーモード、どちらも露出する設計だそう。

◆東京おもちゃショー告知として、会場で新発表される、新アイテムの試作品の一部の画像が2枚掲載されています。おそらく、初代コンボイのアニメ設定画を再現した胸部とスネの写真と思います。

また、「おもちゃショー開催期間に明らかになる予定」として、MP-10コンボイの金メッキ仕様の写真が掲載されています。

◆次号予告として、メガトロンの音声ギミックに絡めて、キャラ不明の吹き出しに「私も喋りたい…」とのセリフ。先月号には、声優の子安武人の写真が独占スクープとして掲載されていましたが、それと関係ありそう。なお、MPメガトロン自体も音声ギミック内蔵とは記述されている物の、具体的にどこをどうするとしゃべるのかという情報は未掲載だった点に何か秘密があるのかもしれません。(個人の感想です)

◆トランスフォーマーとは関係ありませんが、20ページに、ダイアクロン商品の紹介が2ページ分。

静岡ホビーショーでの写真が中心ですが、バトルバッファローは、新撮写真で大きく掲載されています。ただし、合体ロボットモードのみで、アングルも静岡の展示とほぼ同じ。

新情報として、ダイアクロンEXPO2018の開催が決定したとの記述あり。7月1日コトブキヤ秋葉原館5Fにて開催。新作展示などのほか、新旧開発者によるトークショーもありとの事。詳細はおって公式サイトで発表だそう。

5/25追記ダイアクロン公式サイトにイベント詳細掲載されました。



楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●5月発売アイテム
PP-01 マイクロナス
PP-02 リージマキシモ
PP-03 べクタープライム
PP-04 ダイノボットスラッシュ
PP-05 ウインドチャージャー
PP-06 ビーチコンバー
PP-07 オートボットジャズ
PP-08 ロディマスプライム
PP-09 オプティマスプライム

●6月発売アイテム
PP-10 アルケミストプライム
PP-11 ダイノボットスラッグ
PP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナール
PP-14 ダイノボットスラージ
PP-15 グリムロック

●7月発売アイテム
PP-16 ムーンレーサー
PP-17 ドレッドウインド
PP-18 ブラックウイング
PP-19 スタースクリーム
SS-09 オートボットジャズ
SS-10 ロックダウン
SS-11 メガトロン
SS-12 ブロウル
TC-10 オートボットホットロッド
TC-11 オートボットドリフト
TC-12 ダイノボットスラッグ
MP-41BWダイノボット
DA-21 パワードシステム マニューバアルファ
DA-22 パワードシステム マニューバベータ

●8月発売アイテム
PP-20 クインタスプライム
PP-21 テラーコンリッパースナッパー
PP-22 テラーコンカットスロート
PP-23 テラーコンブロット
PP-24 テラーコンシナーツイン
PP-25 テラーコンハングルー
PP-26 エリータワン
PP-27 オプティマルオプティマス
DA-23 ワルダースーツ フリンガー
DA-24 ワルダースーツ スタング

●9月発売アイテム
PP-28 ソラスプライム
PP-29 ディセプティコンバトルスラッシュ
PP-30 ロードトラップ
PP-31 プレダキング

●10月発売アイテム
MP-42コルドン
PP-32 アルファトライオン
PP-33 スクラップネル
PP-34 オートボットテイルゲイト
PP-35 オートボットノヴァスター
PP-36 オートボットインフェルノ
DA-27 パワードシステム マニューバガンマ

●11月発売アイテム
TFアンコール リターンズ コンボイ
PP-37 メガトロナス
PP-38 オートボットアウトバック
PP-39 シンダーソア
PP-40 ロディマスユニクロナス

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008