■雑誌、書籍

■ハイパーホビーVol.09

本日発売のハイパーホビーのTFコーナーはカラー2ページ分。

◆マスターピース関連。

MP-43メガトロンBWは、他誌同様の未彩色試作品にて紹介。写真自体は、5枚で小さめ。
フィギュア王にも少し書いてありましたが、左腕の尻尾武器は取り外し可能。尻尾武器自体の伸縮ギミックもあるそう。尻尾を外した左手は指が可動するそうで、小さいですがポージングした写真あり。

その他、MP-29+ショックウェーブ、MP-42コルドンの紹介など。

「黄金のコンボイの謎!」として、金メッキのMP-10コンボイのロボットモードの写真が1枚掲載されています。具体的な内容はおもちゃショーで発表だそう。「単なるゴールドバージョンではないらしい」との記述あり。

◆パワーオブザプライム10月発売商品、スタジオシリーズ7月発売商品、ターボチェンジ7月発売商品が、それぞれ紹介されています。特に新情報的な内容は無し。




■テレビマガジン、てれびくん7月号

公称発売日、5月31日ごろの児童誌2誌のTF関連。

◆テレビマガジン

今月は、カラー1ページ分。7月発売のスタジオシリーズ4点の紹介記事になっています。
4体中3体がディセプティコン側で、映画の主敵であった、メガトロンやロックダウンが含まれている為、『これが最凶の力だ!!』という大見出しにて掲載。唯一のオートボット側であるジャズは製品写真に「オレは正義だ!」というアオリ文を被せて掲載。

◆てれびくん

なし。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、前号と同じ構成にて、バトルコマンドオプティマスプライムが掲載。メインの広告部分は前号と同じですが、下段のぶら下がりは、7月発売のターボチェンジ3種に差し替えられています。




■フィギュア王No.244

本日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー4ページ分。

他、ダイアクロン2ページ分あり。

◆MP-43メガトロン(ビーストウォーズ)今冬発売、価格未定。未彩色の試作品を2ページにわたって掲載。

静岡ホビーショーで展示されたロボッモードだけでなく、恐竜モードやいくつかのギミックも掲載されています。また、ダイノボットBW、コンボイBWとのサイズ比較写真なども。

内蔵されているギミックは、本文によれば、劇中セリフの音声ギミック、ロボット眼の発光、フェイスプレート3種、左腕の恐竜尻尾は取り外し可能、恐竜モードでも関節可動、恐竜の眼球は可動で視線の変更やロボットモード時の白目に対応、ダイノボットに付属する台座に取り付ける為のジョイント付属、と言ったところ。

◆スタジオシリーズ第2弾商品4種。こちらも、静岡ホビーショーで初公開された、日本版のスタジオシリーズ第2弾商品。今夏発売、価格は未定として掲載されています。SS-09オートボットジャズ、SS-10ロックダウン、SS-11メガトロン、SS-12ブロウル。

◆パワーオブザプライム10月発売分5種の紹介。写真はいちおう新撮と思いますが、特記するような新情報は無し。

PP-32アルファトライオン、PP-33スクラップネル、PP-34オートボットテイルゲイト、PP-35オートボットノヴァスター、PP-36オートボットインフェルノ。

◆マスターピースMP-42コルドン、タカラトミーモール限定MP-29+レーザーウェーブの紹介。コルドンのパトライトはルーフ内で移動してロボットモード、カーモード、どちらも露出する設計だそう。

◆東京おもちゃショー告知として、会場で新発表される、新アイテムの試作品の一部の画像が2枚掲載されています。おそらく、初代コンボイのアニメ設定画を再現した胸部とスネの写真と思います。

また、「おもちゃショー開催期間に明らかになる予定」として、MP-10コンボイの金メッキ仕様の写真が掲載されています。

◆次号予告として、メガトロンの音声ギミックに絡めて、キャラ不明の吹き出しに「私も喋りたい…」とのセリフ。先月号には、声優の子安武人の写真が独占スクープとして掲載されていましたが、それと関係ありそう。なお、MPメガトロン自体も音声ギミック内蔵とは記述されている物の、具体的にどこをどうするとしゃべるのかという情報は未掲載だった点に何か秘密があるのかもしれません。(個人の感想です)

◆トランスフォーマーとは関係ありませんが、20ページに、ダイアクロン商品の紹介が2ページ分。

静岡ホビーショーでの写真が中心ですが、バトルバッファローは、新撮写真で大きく掲載されています。ただし、合体ロボットモードのみで、アングルも静岡の展示とほぼ同じ。

新情報として、ダイアクロンEXPO2018の開催が決定したとの記述あり。7月1日コトブキヤ秋葉原館5Fにて開催。新作展示などのほか、新旧開発者によるトークショーもありとの事。詳細はおって公式サイトで発表だそう。

5/25追記ダイアクロン公式サイトにイベント詳細掲載されました。



■邦訳アメコミ:トランスフォーマー:メガトロン・オリジン 6月29日発売 アマゾン予約開始

アマゾンにて、ヴィレッジブックス刊の邦訳アメコミ:トランスフォーマー:メガトロン・オリジンの予約が始まっています。

6月29日発売、2700円。
掲載の画像は、原書の表紙で、日本版はいつものように描き下ろしになるようです。

以下、商品説明文転記。


内容紹介

破壊大帝メガトロン誕生への道!

まだサイバートロン星が平和と繁栄をほしいままにしていた時代。だがその繁栄は、一部の者達の犠牲の上に成り立っていた。
トランスフォーマー達はその特性によって職業を振り分けられ、そこに選択の自由はなかった。
だが、盤石かに思えた体制は、ある事件をきっかけに脆くも綻び始める。事件の舞台は、辺境のエナジョン鉱山。
鍵となった男の名は……メガトロン。
メガトロン誕生秘話に加え、ショックウェーブ、サウンドウェーブの短編を同時収録した日本オリジナル編集版登場!

◆◆日本版オリジナルカバーアート:座間慧

【収録】MEGATRON ORIGIN #1-4, SPOTLIGHT: SHOCKWAVE, SPOTLIGHT: SOUNDWAVE




■テレビマガジン、てれびくん6月号

公称発売日、4月28日の児童誌2誌のTF関連

◆テレビマガジン

TF記事はカラー2ページ分。
前号に引き続き、スタジオシリーズの紹介。今回は、ヴォイジャークラス、リーダークラスの4体が紹介。

掲載の写真は、スタースクリーム、ブラックアウト、グリムロックはロボットモード、ビークルモードの2枚ずつ、前号と同じくCG宣材使用。オプティマスは、ビークルモードからロボットモードへの変形モーションを5枚の写真で表現していますが、ロボットモードはCG宣材、その他は実際の玩具のように見えます。

◆てれびくん

TF記事無し。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、両誌とも同じ内容。
バトルコマンドオプティマス他、ターボチェンジ4月発売商品5点が掲載。基本的に前号と同じ内容ですが、クアッドバレルショットガンのキャンペーン告知が追加されています。



■フィギュア王No.243

本日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー6ページ分。その大半が、9月発売のパワーオブザプライムPP-31プレダキング関連の内容になっています。開発者インタビューや開発画稿なども掲載。

◆PP-31プレダキングの発売に関連して、G1当時、1987年初頭から展開された、当時のキャンペーン『デストロンの逆襲』に関する記述や、アニマトロン他の野獣TFの活躍が描かれたアニメTF2010の『原始の呼び声』エピソード紹介など。

◆PP-31プレダキングの玩具紹介は、合体時の各単体TFの構成部位や武器パーツの構成など、詳しめに掲載されています。
その他、9月発売のパワーオブザプライム商品のツーインワンとオクトパンチも掲載。

◆タイタンクラス・プレダキング開発者インタビューが、文字1ページ分。今年のタイタンクラスもメイン開発者は蓮井章悟。記事内容は、パワーオブザプライム全体のコンセプトから始まって、タイタンクラス・プレダキングの開発で最も苦労したという、合体時、単体時のサイズを過去に発売された、タイタンクラス・デバスターと統一するためのバランス配分に関する内容が多め。プレダキングの腕部、脚部は左右入れ替え可能に設計したとか、合体時にライオンの口を開くと大きく見えるなどのTipsも。

関連して、開発画稿と機構試作の写真が掲載。

開発画稿は、プレダキング合体モードと、レーザークロウのロボットモード、ビーストモードの計3枚掲載。製品版ではオミットされているプレダキングの拳のトゲトゲは画稿には描かれています。

機構試作は、合体モードとビースト単体の集合写真の計2枚。

◆その他、プライム1スタジオの最後の騎士王版バンブルビー、クアッドバレルショットガンキャンペーンなど掲載されています。

◆独占スクープとして、「声優の子安武人が、フィギュア王を読んでいる写真」が掲載。それ以外に具体的な内容はありません。続報を待てとの事。

◆トランスフォーマーとは関係ありませんが、97ページのダイアクロン商品紹介ページの欄外に、5月の静岡ホビーショーにて、大型新作発表決定との告知あり。具体的なアイテム名などは載っていません。



■ハイパーホビーVol.8

本日発売のハイパーホビーのTFコーナーはカラー2ページ分。

今回は、概ねスターウォーズTFとパワーオブザプライムが1ページずつ。

今月発売になるスタジオシリーズは、小さく囲みで、シリーズの発売開始とSS-01バンブルビーを紹介しているのみ。前号は情報解禁前にて未掲載だったので、隔月発売誌の弱みと言えましょう。

スターウォーズTFに関しては、01タイアドバンストと02ミレニアムファルコンが紹介されていますが、掲載の写真は基本的に既出の宣材を利用。

パワーオブザプライムは、8月発売商品の8点を紹介しており、こちらは写真は新撮。内容的には、特に新情報的なものは無し。



■テレビマガジン、てれびくん5月号

公称発売日、3月31日の児童誌2誌のTF関連

◆テレビマガジン

TF記事はカラー2ページ分。
スタジオシリーズの初報として、デラックスクラスの4体が紹介されています。掲載の写真は、児童誌には珍しく、パッケージなどに使われているCG宣材で掲載されているものもあり。

他に、4月商品として、バトルコマンドオプティマスが再掲。

次号は、スタジオシリーズの残りのアイテムを紹介するみたいです。

◆てれびくん

TF記事無し。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、両誌とも同じ内容。
ターボチェンジ4月発売商品5点が掲載。メインは、バトルコマンドオプティマスの他商品積載状態の写真。
基本的に、既出の宣材のみで構成。



■フィギュア王No.232

本日発売のフィギュア王では、TF記事はカラー4ページ分。

◆パワーオブザプライム:8月発売商品の紹介。
PP-27オプティマルオプティマスが2ページ分。オボミナス、エリータワン、ブラジオンで1ページ分。
写真は基本的に新撮と思われ、オプティマルオプティマスは武器のギミックなども詳しく掲載されています。

◆ターボチェンジシリーズ:4月発売商品の紹介。TC-09バトルコマンドオプティマスプライムは、ベクターシールドをアックスに組み替えた状態の写真あり。また、スタジオシリーズのグリムロックに跨がらせた写真なども。音声ギミックは、玄田哲章による新規収録とされています。ロストエイジシリーズ時の旧商品にあった敵味方識別ギミックはオミットと明記。
TC-05~08スタンダードサイズの商品は、最後の騎士王版のパッケージ変更商品と明記。

◆その他、ワンフェスアフターレポートとして、プレダキング、ツーインワンの写真などが小さめに掲載。TT社公式サイトで告知されていた、歴代総司令官コースタープレゼントキャンペーン告知など。



■テレビマガジン、てれびくん4月号

公称発売日、3月1日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連

◆テレビマガジン

TF記事はカラー2ページ分。
4月発売のターボチェンジシリーズTC-05~09の紹介ですが、主に誌面いっぱいにTC-09バトルコマンドオプティマスプライムが掲載されており、基本的なギミックの説明などが掲載されています。ただし、写真は全てショップ宣材と同じもので、新しい情報などは無し。

TFコーナーには、特に新しい写真は無かったのですが、次号予告(109ページ)のトランスフォーマーの欄に掲載されている、バトルコマンドオプティマスの写真が、ショップ宣材などには無いもので、ベクターシールドを3つのパーツに分解して組み直した、斧状の武器を構えた写真が掲載されています。たしかに、ショップ宣材などでも分割できそうな感じには見えましたが、実際に組み換えられるものだという情報はこれまで無かったと思います。

◆てれびくん

TF記事は無し。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、2誌共通の内容で、ムービーザベストシリーズの3月発売商品から、MB-18ウォーハンマーバンブルビーとMB-20ネメシスプライムが掲載。




楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●1月発売アイテム
LG58 クローンボットセット
LG59 ブリッツウイング
LG60 オーバーロード

●2月発売アイテム
LG61 クローントロンセット
LG62 ターゲットマスターウィンドブレード
LG63 G2メガトロン
MB-12 オートボットジャズ
MB-13 ボーンクラッシャー
MB-14 メガトロン
MB-15 ロックダウン
MP-40 ターゲットマスターホットロディマス
TC-01 ビッグオプティマスプライム
TC-02 ビッグバンブルビー
TC-03 ビッグメガトロン
TC-04 ビッググリムロック
邦訳アメコミ TFクラシックス
邦訳アメコミ ケイオス・セオリー
戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー&2010 ダブル Blu-ray SET

●3月発売アイテム
TFアンコール ゴッドファイヤーコンボイ
LG64 シースプレー&リオーネ
LG65 ターゲットマスターツインツイスト
LG66 ターゲットマスタートップスピン
MB-16 ジェットファイアー
MB-17 オプティマスプライムリベンジバージョン
MB-18 ウォーハンマーバンブルビー
MB-19 ハウンド
MB-20 ネメシスプライム
SWTF01タイアドバンスト
DA-19 連結戦闘トレーラー
DA-20 パワードシステムセットEタイプ

●4月発売アイテム

●5月発売アイテム
PP-01 マイクロナス
PP-02 リージマキシモ
PP-03 べクタープライム
PP-04 ダイノボットスラッシュ
PP-05 ウインドチャージャー
PP-06 ビーチコンバー
PP-07 オートボットジャズ
PP-08 ロディマスプライム
PP-09 オプティマスプライム

●6月発売アイテム
PP-10 アルケミストプライム
PP-11 ダイノボットスラッグ
PP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナール
PP-14 ダイノボットスラージ
PP-15 グリムロック

●7月発売アイテム
PP-16 ムーンレーサー
PP-17 ドレッドウインド
PP-18 ブラックウイング
PP-19 スタースクリーム
MP-41BWダイノボット

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008