■雑誌、書籍

■邦訳アメコミ:スフォーマークラシックスVol.1 表紙イラストが公開ほか

ミリオン出版ヒーローXのツイッターにて、2月23日発売の邦訳アメコミ、トランスフォーマークラシックスVol.1の表紙イラストが公開されています。

DVbKMjRU0AABFcH.jpg


イラストは、大嶋優木画。こちらのツイートによれば、このイラストをポストカードにして、一部書店にて購入特典として配布する計画があるよう。

対象店舗は、後日、ヒーローXの公式サイトにて発表されるようですが、現時点で、ブリスターコミックは付属すると明記しています。

また、同店のトランスフォーマークラシックスVol.1商品ページには、これまで明らかになっていなかったと思われる、邦訳版独自の追加コンテンツの詳細が掲載されています。

以下、商品説明より転記。

編集:ボブ・バディアンスキー
アート:フランク・スプリンガー
カバーイラスト:木嶋優木
翻訳:石川陽介

1984年にアニメシリーズに先駆けて創刊されたコミック版(MARVEL COMICS刊)の待望の日本版!!
設定の生みの親ボブ・バディアンスキーが編集を担当。
玩具パッケージには載せきれなかった細かな性格やメカ描写がコミックの中に凝縮!
まさに全ページが本邦初公開データの塊。
後年の取材で明らかとなった貴重な制作秘話を序文、編集メモに独占掲載。
日本オリジナルの玩具広告ギャラリー、UK版カバーギャラリー、作品解説も収録!!
#THE TRANSFORMERS
#POWER PLAY!
#PRISONER OF WAR!
#THE LAST STAND



■ハイパーホビーVol.07

本日発売のハイパーホビーのTF関連はカラー2ページ分。

◆パワーオブザプライム日本版6~7月商品の紹介。

写真は基本的に新撮のよう。紹介文自体は特に目新しい内容は無いですが、PPシリーズに関しては、世界共通仕様で全種の発売する方針だそう。

それに関連して、現行シリーズのTFレジェンズの今後に関して、『タカラトミーモールを中心にシリーズ継続予定』との記述あり。

ちなみに、ドレッドウインドとブラックウイングの合体機能に関しては、ここでも言及なしでした。

◆その他、ターボチェンジシリーズ第1弾4種、MP-34Sシャドーパンサーの紹介。基本的に宣材での掲載。

◆トランスフォーマーとは関係無いですが、シンカリオンの玩具に関する記事がカラー3ページ分あり、そのうち1ページが、タカラトミーの開発スタッフインタビュー記事になっています。シンカリオン玩具の開発は、TFチームに相談しながら行ったとの記述有り。



■テレビマガジン、てれびくん3月号

公称発売日2月1日の児童誌2誌のトランスフォーマー記事。

◆テレビマガジン

TF記事は、カラー2ページ分。
2ページ全て、ムービーザベスト2期商品の紹介。2~3月に発売の商品全て掲載されていますが、基本的に既出の宣材のみで構成されている感じ。特に新しい情報などは無し。

◆てれびくん

TF記事は無し。

◆玩具広告

TT社の玩具広告は、今回は珍しく2誌で別の内容。

テレビマガジンは、2月発売のターボチェンジシリーズ4アイテムが掲載。カタログ的に4種が掲載されているだけで、特写的なビジュアルは無いです。

てれびくんは、2月開始のDVD配布キャンペーンをメインに紹介する内容で、下の方にぶらさがりでターボチェンジ4アイテムが掲載。
おそらく、今回のDVDはシンカリオンとドライブヘッドとの連名になっているので、そのどちらも連載中のてれびくんの方だけ告知が掲載されているのだろうと思います。



■邦訳アメコミ トランスフォーマー:ケイオス・セオリーの日本版表紙イラスト

ヴィレッジブックスのツイッターに、2月28日発売のトランスフォーマー:ケイオス・セオリーの日本版表紙イラストが掲載されました。
安國一将による描き下ろしイラスト。

DUsqHDMVwAAtdiH.jpg


アマゾン商品ページの画像はまだ更新されていない模様。


■ホビージャパン3月号に、スターウォーズ/トランスフォーマーインタビュー記事

本日発売の月刊ホビージャパン3月号の連載記事、『タカラトミースターウォーズ玩具通信』にて、タカラトミー担当者のインタビュー記事が2ページ分掲載されています。

インタビューは、SWチームのマーケティング担当の白井貴彦と開発担当の佐藤俊一が登場。

図版で掲載されているのは、タイアドバンスドx1の開発画稿と、初夏発売予定のミレニアムファルコンの未彩色試作品が初公開。

ミレニアムファルコンに関しては、過去のハズブロ版商品と同じように、ハン・ソロとチューバッカに分離。ビークルモードはかなり劇中イメージに近い感じ。ミニフィギュアも2体付属し、コクピットと砲座に1体ずつ搭乗可能で、搭乗したままの変型も可能だそう。

今回のインタビュー記事では、過去にハズブロが展開した、スターウォーズ/トランスフォーマー商品に関して、タカラトミーは開発には関わっていないとハッキリと明言されています。開発のオファーはあったが、諸般の事情で受けられなかったとも。

全体的には、シリーズの立ち上げや、タイアドバンストx1とミレニアムファルコンの開発秘話的な内容が多いです。

このシリーズは、基本的にスターウォーズ側のライセンス商品になるので、フィギュア王やトランスフォーマージェネレーションなどの記事では取り上げられる事が少なく、貴重な内容だと思います。

以下、記事が読めない程度のサイズの画像。

DSC_0804.jpg


■フィギュア王No.240

本日発売のフィギュア王では、TF記事はカラー3ページ分。

◆パワーオブザプライム関連。6~7月発売商品10点の紹介。

ボルカニカス/ダイノボットをメインで2ページ使って紹介。その他の商品は、半ページ分で駆け足気味に紹介されています。
掲載の写真は、基本的に新撮のよう。やはり、海外商品と仕様は同じと明記されています。

ボルカニカスの合体モードは、ショップ宣材と同じように、脚部担当キャラのプライムアーマーをカカトに接続する方式で紹介されています。スタースクリームの合体モードに関しては名称には触れず『ボディ』とのみ表現。

なぜか、ショップや公式サイトの商品説明では触れられていませんが、ドレッドウインドとブラックウイングの2機合体モード、ドレッドウイングの写真が掲載されているのが今回の注目ポイント。(参考:ハズコンでの展示画像

◆ターボチェンジシリーズ。2月発売の第1弾商品4種が紹介。掲載の写真は新撮と思われ、それぞれビークルモードと兜装着モードの2枚ずつ。

◆マーベルコミック版TFの邦訳、トランスフォーマークラシックスの告知が文字情報のみで掲載されています。2011年にIDWから発売されたデジタルリマスター版を元に、1冊4話ずつの収録で、全80話+αの刊行を計画中と記載されています。もちろん、売れればの話なので買いましょう。

◆その他、MP-34Sシャドーパンサー、2月1日から開始のDVD配布キャンペーンの紹介など掲載されています。



■邦訳アメコミ:トランスフォーマー:ケイオス・セオリー2月28日発売 アマゾン予約

アマゾンにて、ヴィレッジブックスの邦訳アメコミ、『トランスフォーマー:ケイオス・セオリー』の商品予約が開始されています。

2月28日発売3232円。

IDWのオンゴーイングシリーズ邦訳版の第4弾。
掲載の表紙画像は原書からの仮画像で、日本版はこれまで同様に新規にイラストが描き起こされるそう。

以下、商品説明文転記。

オプティマスとメガトロン、運命の出会いが今、明かされる…!
「ケイオス・セオリー」「ポリス・アクション」編を同時収録した日本オリジナル編集版!

メガトロンに敗北し、宇宙に放逐されたホットロッドの運命は?
太古の昔に遡る、オプティマスとメガトロンの初めての出会いとは?
スクラッパー殺害の謎を探るプラウルが辿り着いた真相とは?
数々の謎がオプティマスとオートボットを混沌の淵に追いやっていく!

IDWが誇る「トランスフォーマー」オンゴーイング・シリーズ、第4弾!
「ケイオス・セオリー」「ポリス・アクション」編を同時収録した日本オリジナル編集版!

◆◆日本版カバーイラストレーション:安國一将

【収録】The Transformers#19-23, #25, #27, #29(2011)




■邦訳アメコミ:トランスフォーマー クラシックス 2月23日発売 アマゾン予約開始

昨年、大晦日にツイッターにて予告された、ミリオン出版ヒーローXの邦訳アメコミ、『トランスフォーマー クラシックス』のアマゾン予約が始まっています。

*トランスフォーマー クラシックス (ヒーローX)  2月23日 2560円

1984年のマーベルコミック版トランスフォーマー1~4号の邦訳版。
表紙画像や、内容紹介文などはまだ掲載されていないようです。



■邦訳アメコミ:『トランスフォーマー クラシックス』2月23日発売予定

ミリオン出版ヒーローXのツイッターにて、2018年刊行予定の邦訳アメコミ、『トランスフォーマー クラシックス』の告知が投稿されています。

投稿によれば、80年代にマーベルで展開されたトランスフォーマーのコミックの内、ミニシリーズとして発売された最初の4冊を「トランスフォーマークラシックス」のタイトルで刊行予定。2018年2月23日発売、2560円予定だそう。

マーベルコミック版トランスフォーマーは、本筋だけでも91年まで80号が刊行されていますが、全号の発売を前提とした準備をしているという話。ただし、それも売れればという話なので、興味のある方は全力購入で。

画像はまだ無いですが、表紙は日本版描き下ろしで、解説ページや表紙バリアント紹介などの企画コーナーが追加されるという話。

今回発売される、ミニシリーズ(第1~4号)の時点では、マーベルユニバースと同一の世界観として描かれており、特に3号にはスパイダーマンが登場する事で有名。

予約開始は、来年早々とのこと。

以下、画像は80年代のコミック表紙。(#1~4)

5464648922.jpg


■テレビマガジン、てれびくん2月号

本日発売の児童誌2誌のTF関連

◆テレビマガジン

TF記事はカラー2ページ分。2月発売のターボチェンジシリーズの導入記事で、TC01~04までのアイテムをTLK-07スピードチェンジオプティマスプライムとのサイズ比較を交えながら紹介。掲載の写真は基本的にショップ宣材と同じもの。紹介のみで、特にストーリー的な物は無し。

◆てれびくん

TF関連の記事は無し

◆玩具広告

両誌とも同じ内容。
メインビジュアルは前号までと同じ、TLK-05キャリバーオプティマスとTLK-19メガトロンの対峙の構図がそのまま流用で、ぶらさがりで、2月発売のターボチェンジシリーズの告知入り。
21日発売のコロコロイチバン!に掲載された広告と同じものでした。




楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●1月発売アイテム
LG58 クローンボットセット
LG59 ブリッツウイング
LG60 オーバーロード

●2月発売アイテム
LG61 クローントロンセット
LG62 ターゲットマスターウィンドブレード
LG63 G2メガトロン
MB-12 オートボットジャズ
MB-13 ボーンクラッシャー
MB-14 メガトロン
MB-15 ロックダウン
MP-40 ターゲットマスターホットロディマス
TC-01 ビッグオプティマスプライム
TC-02 ビッグバンブルビー
TC-03 ビッグメガトロン
TC-04 ビッググリムロック
邦訳アメコミ TFクラシックス
邦訳アメコミ ケイオス・セオリー
戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー&2010 ダブル Blu-ray SET

●3月発売アイテム
TFアンコール ゴッドファイヤーコンボイ
LG64 シースプレー&リオーネ
LG65 ターゲットマスターツインツイスト
LG66 ターゲットマスタートップスピン
MB-16 ジェットファイアー
MB-17 オプティマスプライムリベンジバージョン
MB-18 ウォーハンマーバンブルビー
MB-19 ハウンド
MB-20 ネメシスプライム
SWTF01タイアドバンスト
DA-19 連結戦闘トレーラー
DA-20 パワードシステムセットEタイプ

●4月発売アイテム

●5月発売アイテム
PP-01 マイクロナス
PP-02 リージマキシモ
PP-03 べクタープライム
PP-04 ダイノボットスラッシュ
PP-05 ウインドチャージャー
PP-06 ビーチコンバー
PP-07 オートボットジャズ
PP-08 ロディマスプライム
PP-09 オプティマスプライム

●6月発売アイテム
PP-10 アルケミストプライム
PP-11 ダイノボットスラッグ
PP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナール
PP-14 ダイノボットスラージ
PP-15 グリムロック

●7月発売アイテム
PP-16 ムーンレーサー
PP-17 ドレッドウインド
PP-18 ブラックウイング
PP-19 スタースクリーム
MP-41BWダイノボット

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008