FC2ブログ
■雑誌、書籍

■月刊ホビージャパン3月号(ビーストジェネレーション第3回)

本日1月24日発売のホビージャパンの連載記事ビーストジェネレーションの第3回は、ブラックウィドーの特集。

主に国内版を中心としたブラックウィドーの歴代玩具紹介には変わったところで未発売になったバイナルテック版ブラックウィドーも掲載されています。

インタビュー記事はアニメ版ビーストウォーズでブラックウィドーを演じた柚木涼香が登場。



■邦訳アメコミ:トランスフォーマー:モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ2 2月28日発売 アマゾン予約

アマゾンにて、ヴィレッジブックスの邦訳アメコミトランスフォーマー:モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ2の予約が開始されました。

2月28日発売 3190円

表紙画像などは未掲載。

以下、商品説明転記

内容紹介

噂の最凶チームDJD登場!


サイバートロンの伝説に名高い「ナイツ・オブ・サイバートロン」の行方を求め、母なる星を旅立ったロディマスと200余名の同志達。

しかし出発早々、量子発生器の不調で予定航路を外れた彼らの宇宙船「ロスト・ライト」は、名もなき惑星に不時着する。

事故による仲間達の死、長らく生死不明だったスキッズとの再会、怪物「スパークイーター」の出現、医療基地「デルファイ」での騒動……。

出足からつまづいたロディマス達の旅路に次々と降りかかる困難の数々、果たして次に彼らを待つものとは……。

シリーズ第2弾、注目の「DJD」ことディセプティコン司法局登場!


【収録】THE TRANSFORMERS: MORE THAN MEETS THE EYE #6-11,THE TRANSFORMERS: MORE THAN MEETS THE EYE ANNUAL 2012.




■テレビマガジン、てれびくん2月号

公称発売日12月26日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連

◆テレビマガジン

トランスフォーマーの記事はカラー4ページ分続けて掲載されていますが、目次によれば2ページずつの別記事扱い。

*1つ目は、「35周年記念!トランスフォーマーのひみつにせまれ!」

トランスフォーマーの基本的な情報をいくつかトピックとして掲載した記事で、当然のようにトランスフォーマーパーフェクト超百科の宣伝も含まれています。

この記事は35周年記念とされていますが、記事本文によれば「トランスフォーマーは来年で35周年」と、あくまで日本国内導入を起点としたカウントであるところが、国内展開のスタートから長年掲載を続けてきたテレマガらしいところ。

*2つ目は、サイバーバースの記事。サイバーバース版バンブルビーを大分析とした内容で、玩具写真やアニメ本編映像、アニメ設定3面図などを使ったキャラクター解説が掲載されています。

◆てれびくん

なし

◆玩具広告

TT社の玩具広告枠は両誌とも同じ。

今回は映画公開時期でも無いのに珍しくスタジオシリーズを扱った広告で、1月発売の4アイテム(ニューバンブルビー、ミックスマスター、アーシー3姉妹、サウンドウェーブ)が掲載されています。



■ホビージャパン2月号(ビーストジェネレーション第2回)

本日発売のホビージャパン誌の連載記事、ビーストジェネレーションの第2回。

今回もカラー2ページ分ですが、内容は前回の国内展開初期を扱った内容から一転、時系列順のシリーズ紹介では無くテーマ的な切り口で記事展開するという事で、今回はビースト系の歴代司令官を扱った内容。ライオコンボイ、ビッグコンボイなど日本版司令官の他、ビーストマシーンズまでも含めた内容になっています。

ビーストウォーズ証言集と題されたインタビュー記事には、餘家英昭が登場。メインテーマの歴代ビースト司令官とは関係なく、そもそものビーストウォーズの企画の始まりの頃をケナーやメインフレームとの関わりを交えながら証言しています。




■フィギュア王No.263

本日発売のフィギュア王のTFコーナーはカラー4ページ分。

◆アースライズは、アイアンワークスを中心としたウェポナイザー機能、基地拡張機能を現在公開されているアイテムを使って詳細に解説。

オプティマスとホリルジャックの武器装備例が掲載されています。ちなみに、今回の記事に掲載されているオプティマスは手首と眼が青いバージョンになっています。

◆スタジオシリーズは1月発売予定のミックスマスター、アーシー3パック、ニューバンブルビー、サウンドウェーブのほか、発売日未定としてショックウェーブとWWⅡホットロッドが掲載されています。

◆MP-49ブラックコンボイの紹介の他、文字情報のみでトレインボット/ライデンのマスターピース化発表が報じられています。



■12月10日発売トランスフォーマージェネレーション2020の内容紹介文

現在予約受付中のムック、トランスフォーマージェネレーション2020のアマゾン登録に商品内容の紹介が掲載されました。

以下転記
----------------------------------------------------

トランスフォーマー35周年記念史上最大の変形トイユニクロン大特集号

●トランスフォーマーシージ/サイバーバース/スタジオシリーズ/マスターピース最新トイを完全網羅!!

●最新作トランスフォーマーアースライズ徹底解剖!!

●映画『バンブルビー』海外トイ総決算!!

●連載スタート!アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』記録全集

●描き下ろしスペシャルコミックス:うるし原智志

●永久保存版「マスターピース」スペシャルポスター付属!!

………etc
----------------------------------------------------

概ね今年のトピックの集大成のような感じですが、連載スタートとされている「記録全集」はもしかしたら、クラウドファンディグ失敗したTF超全集用に集められた資料が採用されるのかもしれないと期待。(勝手に期待しているだけで根拠は無いです)

スペシャルコミックのプレビューは、少し前にヒーローXのツイッターに掲載されていました。

画像。

EK2B6LqU4AAJq9Y.jpeg






■テレビマガジン、てれびくん1月号

公称発売日11月29日の児童誌2誌のトランスフォーマー関連。

◆テレビマガジン

TF記事はカラー2ページと別枠でテレマガデラックス超百科の告知あり。

メイン記事は見開きで『アーマーアップ全面対決(ビッグバトル)!!』として、サイバーバース・スパークアーマーシリーズの玩具の全種紹介。

テレマガデラックスのトランスフォーマーパーフェクト超百科の告知は、TF検定の予習アイテムとしての記事風の告知になっています。

◆てれびくん

なし

◆玩具広告

TT社の玩具広告枠は、両誌とも同内容にして前号と同じ。

いちおう具体的に書いておくと、上半分が、アークコンバインオプティマスとショベルファイタースタースクリーム&バトルローターメガトロンのイラスト。下半分の玩具掲載がアークコンバインオプティマス、ダンプダイノグリムロック、バトルローターメガトロン。




■ホビージャパン1月号にて「ビーストジェネレーション」が連載開始

本日発売の月刊ホビージャパン1月号にて、今月から新連載として『ビーストジェネレーション』がスタート。

TF35周年記念企画として、ビーストウォーズ時期の展開を振り返る連載企画。
ちなみに、このコーナーの構成執筆はトランスフォーマージェネレーションなどと同じ顔ぶれとなっています。

記事はカラー2ページ分で、第一回の今回は、日本国内におけるビーストウォーズのスタート時期の話が中心。当時のタカラのマーケティング担当者の板垣耕三のインタビューが掲載されています。テスト販売の話など、日本国内導入前後の貴重な話が読めます。

カタログ的な玩具商品の紹介としては、アニメ版の初期メンバー10体とコンボバット&メガリゲーターが掲載されています。



■フィギュア王No.262

本日発売のフィギュア王のTF記事はカラー4ページ分。

◆アースライズ商品の紹介。3ページ使っていますが、そのうち2ページは見開きでまだ国内発表されていないアイテムを含むwave1商品の集合写真。

見開きの集合写真は、先日予約開始された4体の他、ホイルジャック、アイアンワークス、クリフジャンパー、ミリタリーパトロールの4種が一緒に写っていますが、それに関するコメントは一切無し。おそらく国内第2弾商品なのでは。

残る1ページは、予約開始された一般販売のER-01 ホイスト、ER-02 オプティマスプライム with トレーラー、タカラトミーモール限定のER EX-01 サウンドバリア、ER EX-02 グラップルの計4点が紹介。
定番アイテムは一般販売、コアなアイテムはモール限定で発売すると説明されています。

写真は新撮ぽいですが、オプティマスは手首がグレー眼が黄色のバージョンになっています。

◆サイバーバース12月発売ターボチェンジ3点の紹介。
TCV-24 ターボチェンジホットロッド、TCV-25 ターボチェンジスカイバイト、TCV-26 ターボチェンジオートボットジャズ。写真は宣材。

◆G-SHOCK × TRANSFORMERS マスターネメシスプライム レゾナントモード。写真は時計とのセット商品のみ掲載されていますが、記事によれば、変形ロボット単品も全国のサイバトロンサテライトで同日発売されるとの事。

◆スタジオシリーズ。発売日、価格未定として、SS-40ニューバンブルビー、SS-41クロミア・アーシー・エリータ1、SS-42サウンドウェーブwithレーザービーク、SS-43ディセプティコンミックスマスターが紹介。

◆その他、トランスフォーマー検定と12月3日ライデンプロジェクト発表の告知。特に新情報的なものは無し。

楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008