FC2ブログ
■アジア

■中国向け新シリーズ『哪吒トランスフォーマー』の玩具製品かもしれない画像

中国のSNSで、これまでに見たことのない新シリーズの商品画像が出回っています。

シリーズ名は、『哪吒与変形金剛』(NEZHA:TRANSFORMERS)で、以前から、中国向けに現地企業と独自の新作アニメを制作すると公言されていたものと思われます。

このタイトルは、ハズブロの投資家向けイベントなどでは何度か名前は出ていましたが、具体的なビジュアルはまだ公開された事は無かったと思います。この中国向け新作は、最近の情報では中国以外での展開も視野に入れており玩具展開もあると言われていました。
おそらくリーク画像とは思いますが、今回の画像で初めて具体的なビジュアルが明らかになりました。


今回の画像には、製品パッケージと説明書などが写っており、主役を含む3体セットのようです。いずれも車に変形しそうな感じですが、画像は無し。

各キャラクター名は、哪吒(NEZHA)、雷震子(LEI ZHENZI)、土行孫(TU XINGSUN)で、いずれも封神演義の登場人物がモチーフになっているようです。(日本では、ナタ、ライシンシ、ドコウソンと読まれています)

現地向けラベルなども写っており、おそらく本物だろうとは思いますが、オフィシャルな情報はまだ出ていない事に留意する必要はあるでしょう。

以下画像。(最初の2枚がオリジナル。ほかはトリミング)

4733e2baly1g8xh8w42m1j20u01sze82.jpg 4733e2baly1g8xh8r6uy4j20om1hcqv5.jpg 4733e2baly1g8xh8r6uy4j20om1hcqv533.jpg 4733e2baly1g8xh8w42m1j20u01sze8255.jpg 4733e2baly1g8xh8w42m1j20u01sze82551212.jpg

■MP-44コンボイver.3.0のアジア限定特典コレクターピン

香港のショップ、ロボットキングダムに今週末に発売のMP-44コンボイver.3.0のパッケージと特典のコレクターピンの画像が掲載されています。

コレクターピンは、従来のコレクターコインに変わって、先月発売のMP-18+ストリークから特典として配布されるようになったもので、いわゆるピンバッジの事。

今回もパッケージは、ストリークの時と同様のシンプルなもの。
中身のコレクターピンは、ストリークの時と同様にマトリクスの中にコンボイの顔がレリーフされたデザイン。顔と品番の部分以外は同じみたいです。

以下画像。

69521234_2670363136315718_2667686354564939776_n.jpg 69240111_2670363126315719_8826284241412161536_n.jpg 69374934_2670363176315714_4406082596778278912_n.jpg 69404161_2670363322982366_2976207680936345600_n.jpg



■(追加)MP-18+ストリークのアジア限定特典コレクターピン

玩家/PlayHouseのフェイスブックにMP-18+ストリークのアジア限定特典の画像が掲載されています。

これまでは、専用デザインのスリーブに収められたコレクターコインが長らくアジア限定特典として配布されていましたが、今回からは、コレクターピンが配布されているようです。マトリクスの中心にストリークの顔が配置された、パワーオブザプライムのようなデザイン。

今回の記事は『アジア限定特典』と書きましたが、実際には北米でも今年から開始された、マスターピースオフィシャルリテイラーの登録店舗では配布されるようです。

以下画像
パッケージと中身、参考までに北米MPオフィシャルリテイラー章(エンターテインメントアースより

67824615_2693093400723621_8198791946123083776_o.jpg 67658899_2693093520723609_7038365329763860480_o.jpg db87b2c647de45b495d003232f1397721.jpg



追加:台湾のTFNDに入手画像が投稿されています。
当初の画像の印象よりも実際のサイズは小さい感じ。日本で言うところのピンズ。

67976087_10157436580069814_7216402641989926912_o.jpg 67363576_10157436577994814_8058256961180794880_o.jpg 67296712_10157436578169814_5047086214935478272_o.jpg 67495461_10157436577719814_5684174107113947136_o.jpg 67403407_10157436577804814_1941956582279479296_o.jpg

■MP-43メガトロンBWのアジア限定コイン

北京の塑唐玩具に、MP-43メガトロンBWのアジア限定コインの画像が出ています。

掲載されている画像は、コインの裏表とスリーブの表と内部。
現物を撮影したものでは無く、どうやらメーカーから配信されたCG画像のように見えますが、実際の現物の画像はまだ出回っていない感じ。

O1CN01Xb9MRb1dKQgc2O09P_!!36073717.jpg
O1CN01RNBuwz1dKQgeuHwmA_!!36073717.jpg

■MP-36+メガトロンのパッケージと中身画像&アジア特典コイン

日本では、タカラトミーモール限定商品として、12月下旬発送予定のMP-36+メガトロンですが、台湾では今週に出回っている模様で、いくつか画像が出ています。

*パッケージ類の画像は、イーベイ出品より。その1その2
*中身画像は、Chih Sheng Liuの投稿より。

製品は、MP-36メガトロンのG1玩具カラー版で、顔面もG1玩具風のものが新造されています。胸部もG1f玩具モチーフの形状を再現した新造パーツ。カラーリングも、G1玩具準拠にて、G1玩具でメッキ処理されていた部位のみがメッキパーツとなっています。

今回のパッケージ画像と一緒に、アジア限定特典コインの画像が写っていますが、このコインは、通常版のMP-36発売時に配布されたものと同一と思われ、流通在庫をそのまま添付したものと推測されます。

追加:表から見る限り、通常版発売時のものと全く同じデザインのコレクターコインですが、コインの裏面の刻印は、「MP-36+」となっており、今回の為に生産されたものだとわかります。

48391672_1297531373720452_5921894491043659776_n.jpg 48430077_1297531397053783_1535390777562103808_n.jpg 48958807_1297531420387114_6394145657275285504_n.jpg 48391005_1297531450387111_3770992435623100416_n.jpg 23123131315656.jpg 23213231565689.jpg 6154654614164.jpg 898765464654564.jpg 49257759_647195979016494_6084763920105472000_n.jpg

■2018 Gamer Party:WFCシージ・ウルトラマグナス、ショックウェーブ、スタジオシリーズ・ボーンクラッシャー、WWⅡバンブルビーほか展示画像。

引き続き、台湾のイベント2018 Gamer Partyのトランスフォーマーブースの展示画像。(TFND

WFCシージは、12月発売とされている、ウルトラマグナスとショックウェーブが展示され、プレイ画像が各種撮影されています。
スタジオシリーズは、ボンークラッシャーとWWⅡバンブルビーが展示。
これら以外は、発売済のアイテムや歴代商品と思われます。

以下画像。

48339985_10218693789481188_4781799996460630016_n.jpg 48412323_1978497155564148_8660337025901133824_n.jpg 48396585_1978497212230809_3119531581417455616_n.jpg 48183811_1978723325541531_2095711051357093888_n.jpg 48363263_1978723382208192_7716145060659593216_n.jpg 48374175_1978723405541523_757654603499044864_n.jpg 48270719_1978723478874849_6576991378662752256_n.jpg 48380779_1978723452208185_1938381103609937920_n.jpg 48367832_1978723622208168_3752612020000653312_n.jpg 48209169_1978723658874831_1296253780274184192_n.jpg 48281434_1978723672208163_7594643253354299392_n.jpg 48252676_1978723708874826_4209801401645137920_n.jpg 48367430_1978723805541483_7944664370510823424_n.jpg 48365706_1978723765541487_1253406722672820224_n.jpg 48275831_1978723915541472_3342856862763581440_n.jpg 48373039_1978723865541477_877403982543192064_n.jpg 48385724_1978724015541462_1280147146108043264_n.jpg 48367849_1978723935541470_3622741000767668224_n.jpg 48260271_1978723982208132_6143473842414157824_n.jpg

■(追加)2018 Gamer Party:海外復刻版オプティマスプライム(トレーラー無し)のパッケージ

台湾で開催中のイベント、2018 Gamer Partyのトランスフォーマーブースにて、海外復刻版オプティマスプライムのパッケージが展示されている模様。

このイベントは、台湾のACGポータルサイトのバハムートが主催するイベントで、トランスフォーマーブースは台湾のファンサイトTFNDを主体に、ハズブロの協賛で出展しているようです。

今回のオプティマスプライムは、現行の海外復刻版シリーズ同様に、G1当時のパッケージフォーマットを踏襲しながら、独自要素として、コンテナをオミットしたロボット部分だけの商品となっているようです。過去の海外復刻版では、短くされた事もあった煙突は普通の長さに見えます。
今回のイベントでの情報初出アイテムはこのオプティマスのみのようです。

48358373_1978433655570498_6182893009307172864_n.jpg 48269405_1978433715570492_3745543410069536768_n.jpg 48394763_1978433755570488_1400656596924628992_n.jpg 48363412_2437769406238585_8011583199387844608_n.jpg


12/16追加:イベント2日目、中身を取り出しての展示が行われています。

付属品は、手首2個と、銃の細いバージョンと太いバージョンが両方。シールは、本体に貼るものだけなので少量。

48370521_1979834675430396_5919624540698181632_n.jpg 48366844_1979834698763727_3827711198208458752_n.jpg 48363768_1979834762097054_6078731273466019840_n.jpg 48270310_1979834785430385_746072262112706560_n.jpg 48382842_1979834812097049_865133467136950272_n.jpg 48281732_1979834848763712_6622916660799995904_n.jpg 48373715_1980222408724956_4936309593803325440_n.jpg 48422926_1980222365391627_557549521672863744_n.jpg 48379348_1980222332058297_79823453254844416_n.jpg


■アジア向け再販 MP-9ロディマスコンボイの特典コイン

香港のショップ、ロボットキングダムに、アジア向け再販版MP-9ロディマスコンボイのパッケージ、説明書、特典コインの画像が掲載されています。

パッケージは、ロングライフデザイン賞のマーク入り。
元々は、中国向けの再販という話だったので、説明書も中国語版になっている模様。

今回の特典コインは、2011年の初版時に配布されたコインとよく似ていますが、コインそのものは別物。スリーブも全体のデザインは同じですが、ロゴや文字などが異なっています。

初版のコインは、「RODIMUS PRIME 2011.01」とモールドされていましたが、今回のコインは、「RODIMUS CONVOY CYBERTRON PROTECTOR」となっています。

以下、画像。

48277779_2227096017309101_2298774141584539648_n.jpg 48363306_2227096057309097_5049937897126363136_n.jpg 48059090_2227096120642424_2336149599829360640_n.jpg 48228798_2227096157309087_4383786261903572992_n.jpg 48086485_2227096220642414_3768659783050067968_n.jpg 48364119_2227096010642435_6697488700491694080_n.jpg 48056395_2227096113975758_4375893877245083648_n.jpg 48211976_2227096213975748_3908937323357667328_n.jpg



■MP-9 マスターピース・ロディマスコンボイ12月初旬に中国限定再販

中国のNOTRABに、MP-9 ロディマスコンボイが中国限定で12月初旬に再販されるとの情報が投稿されています。

画像は9枚掲載されていますが、過去の製品と明らかに違うのは、パッケージ右下のロングライフデザイン賞のマーク。ここで、過去製品と違う最近の生産だという事がわかります。

その他の仕様の違いなどは、再販なのでたぶん無いとは思いますが、MP-9と言えば、パーツの合わせが悪い事で悪名高かった商品なので、その辺りがどうなっているのかは気になるところ。

以下画像。

4559020cly1fxjm7oe9jhj21h21561co.jpg 4559020cly1fxjm7q2hxzj217f1witzk.jpg 4559020cly1fxjm7p1p1kj22001c0e6x.jpg 4559020cly1fxjm7sde3qj22001c0tpf.jpg 4559020cly1fxjm7phepmj21c0200dur.jpg 4559020cly1fxjm7rumwnj20ku0s57rk.jpg 4559020cly1fxjm7r4qboj22001c01kx.jpg 4559020cly1fxjm7qjew2j21q81agdxi.jpg 4559020cly1fxjmbwxxpgj20ku0wr7wh.jpg

■中国TF公式旗艦店のプレダキング購入特典の大剣の中身画像

TFW2005のフォーラムに、中国のTF旗艦店のプレダキング購入特典の大剣の入手画像が投稿されています。

プレダキング本体とは別梱包で、現物がビニール袋に入れられているだけの簡易な梱包。
剣の入った袋の下にある、ハズブロマークの入ったプチプチで梱包されているのがプレダキング本体。

本体は、軟質樹脂製で、プレダキング本体とは成形色の色味が合っていないと言う話。

また、剣の内部にはどういうつもりなのか、ボールペンが内蔵されています。告知の時点でそれらしい記述はありましたが、まさか本当に普通のボールペンが入っているとは思いませんでした。

以下画像。

MRQj6r6.jpg 2pOEriv.jpg 24jqp9c.jpg M9qg8YR.jpg j5uVIF9.jpg Oh6yIk8.jpg



楽天市場

Amazon商品一覧





月別リスト

●2月発売アイテム
SG-01 ファイヤードライブ
SG-02 ライオナイザー
SG-03 ロードハンドラー&スウィンドラー
SG-04 サイドスワイプ
SG-05 オートボットコグ
SG-06 オプティマスプライム
SG-07 ウルトラマグナス
PP-44 パンチ/カウンターパンチ
MP-20+ホイルジャック
DA-31 ワルダレイダー ラプトヘッド

●3月発売アイテム
SS-23 ラスティバンブルビー
SS-24 ボーンクラッシャー
SS-25 オプティマスプライム
SS-26 ジェットファイアー
SS-27 メガトロン
SS-28 ドロップキック
SG-08 ブローパイプ
SG-09 トップショット&フラック
SG-10 ストームクラウド&ヴィスパー
SG-11 スカイトレッド
SG-12 ハウンド
SG-13 メガトロン
SG-14 ショックウェーブ
MP-43 メガトロンBW
DA-32 マニューバ スカイジャケット
DA-33 ビッグパワードGV〈デストロイヤー〉

●4月発売アイテム
SG-15 エイムレス
SG-16 サウンドウェーブスパイパトロール
SG-17 アイアンハイド
SG-18 シックスガン
SG-19 スタースクリーム

●5月発売アイテム
SG-20 テラクサドン
SG-21 レッドヒート&ステイクアウト
SG-22 クロミア
SG-23 プロール
SG-24 サウンドウェーブ

●6月発売アイテム
DA-35 スカイジャケット ストームセイバーズ
DA-36 マニューバ アルファスパルタン

●7月発売アイテム
SG-25 ブラント
SG-26 ジェットファイヤー

●8月発売アイテム
MP-44 コンボイ Ver.3.0

●9月発売アイテム
MP-45 バンブルVer.2.0

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008