FC2ブログ
■イベント

■『トランスフォーマー クラシックス』新刊発売記念玩具展示 @ 紀伊國屋書店新宿本店

メディアボーイ/ヒーローXから発売の邦訳アメコミ、「トランスフォーマークラシックスVol.2」及び、「トランスフォーマークラシックス スペシャル・ヘッドマスターズ」の発売を記念して、11月29日から、紀伊國屋書店新宿本店 別館アドホックビル2Fコミック売り場にて開催された特別展示の模様。

前回、2018年2月にも「トランスフォーマー クラシックスVol.1」の発売を記念して同所で同様の展示が行われています。

今回も展示はケース1つ分で、上段が「クラシックスVol.2」、下段が「ヘッドマスターズ」関連の展示となっています。

「Vol.2」の展示では、玩具は、ショックウェーブとダイノボット5体。コミックは、いずれもイギリス版マーベルコミックで、今回の「Vol.2」に相当する内容を収録している、第22~28号の中から、22,24,25,27,28が展示。中央には、「Vol.2」本誌も。

「ヘッドマスターズ」の展示は、玩具はヘッドマスターのオートボット側4体、ディセプティコン側5体に加え、コグ、ファストトラック、ロードザラクが並んでいます。コミック展示は、原書のヘッドマスターズ第1~4号と、今回の「ヘッドマスターズ」。

コミック売り場には、クラシックス新刊2冊が(たぶん)自作のPOP付きで平積み。

この記念展示の終了日は記事を書いている時点では不明。

以下画像。

KIMG2662_2018120523383949f.jpg KIMG2669_20181205233837f00.jpg KIMG2672_201812052338469ca.jpg KIMG2675_20181205233848e12.jpg KIMG2684.jpg

■東京コミコン2018:タカラトミー/映画バンブルビーブースのレポ

2018年11月30日から、12月2日までの3日間、幕張メッセにて開催された、東京コミコン2018のタカラトミーブースの模様。

今回、タカラトミーは、『映画「バンブルビー」 / タカラトミー』の出展者名にて登録されています。
ブースの内容も、ほぼバンブルビー(と関連TF商品)一色。

47320863_1528014040634523_7436973839982002176_o.jpg 47388814_1528013893967871_6249951209872949248_o.jpg 47389845_1528013733967887_132694191430959104_o.jpg


ブースのディスプレイで目立ったのは、実物大サイズと思われる、バンブルビーの大型立像。他に、映画告知パネルなども。また、等身大バンブルビーの着ぐるみも登場し、記念撮影など行っていた模様。

玩具の展示は、主に、映画関連商品が中心。実写バンブルビー映画の関連商品、歴代映画シリーズ、マスターピース、コラボ商品など。

フェイスブックに画像アルバムを掲載しています。
*ブース全体、ステージイベント
*新作映画玩具/映画バンブルビー
*歴代映画玩具/スタジオシリーズ
*マスターピース
*トランスフォーマーシージ
*コラボ商品、物販ブース

◆実写バンブルビー商品の展示

「新作映画商品」と題されたブースでは、主に実写バンブルビー関連の商品が展示。
発売前の商品としては、スタジオシリーズのSS-28ドロップキック、SS-29シャッターが来春発売として展示。12月発売のターボチェンジ3種とMPM-6アイアンハイド、それと映画では無いのにスペースの都合なのか、なぜか、TFアンコールビッグコンボイが展示。

また、このブース外になりますが、セブンネット限定ムビチケ特典のSS-EX 1967 ラスティバンブルビーが、単独で展示されており、アクリルキーホルダーも一緒に写っています。

47354294_1527995310636396_3920104616284389376_o.jpg 47422727_1527996950636232_1431528319337103360_n.jpg 47212601_1527996633969597_5496552880309534720_n.jpg 47136626_1527995653969695_503819257461604352_o.jpg 47385871_1527995537303040_8105084753385881600_o.jpg 47270454_1527996527302941_6833595166129913856_o.jpg 47357546_1528013510634576_3856449438566318080_o.jpg


◆歴代映画商品の展示

「歴代映画商品」と題されたブースは、5つのスペースに区切られ、過去5作の映画のキャラクターがそれぞれ展示。ただし、各作品の公開当時の商品では無く、基本的にスタジオシリーズとせいぜい去年に発売された商品から選抜したラインナップで展示されているので、ロストエイジなどは主要なキャラクターがほぼ居ないという寂しい感じの展示に。

今回、SS-27メガトロン(ダークサイドムーン)が世界初公開された他、国内向け情報は初公開になる、以下のアイテムが「来春発売」として展示されています。

SS-23ラスティバンブルビー
SS-24ボーンクラッシャー
SS-25オプティマスプライム
SS-26ジェットファイヤー
SS-27メガトロン
SS-31コグマン
SS-32ディセプティコンスクラップメタル
SS-33ディセプティコンランページ

47251001_1527972697305324_6258162598932381696_o.jpg 47377809_1527974050638522_4462526584535908352_n.jpg 47681398_1527972817305312_6421868099212935168_n.jpg
47240877_1527972923971968_2701674634096410624_n.jpg 47322231_1527972953971965_7118215317326659584_n.jpg 47150394_1527973450638582_1933140904206401536_o.jpg 47396894_1527972503972010_7296051225651314688_o.jpg 47320979_1527972043972056_6373991875426123776_o.jpg 47322890_1527972167305377_7799600106331701248_o.jpg


◆マスターピース関連

マスターピース商品のブースは、ワンフェスから引き続き、未彩色の試作品でMP-44コンボイVer.3.0が「参考出品」としてメイン扱いで展示。会場配布のチラシでは、彩色版の写真も掲載されており、販売価格税抜き500,000円、発売時期未定と告知されています。

MP-44以外は、過去に発売されたサイバトロン戦士が周辺に配置。ワンフェスにて公開されたハウンドの姿は無し。また、次期発売予定のMP-43メガトロンBWを中心にMP-BW商品も並んでいます。

47398087_1527990213970239_4703583994845855744_o.jpg 47391794_1527989543970306_1237089974411591680_o.jpg 47385873_1527989733970287_5642384101093670912_o.jpg 47379680_1527990107303583_2727289149034856448_o.jpg 47356111_1527990347303559_1345584645059641344_n.jpg 47001516_1524451497657444_6328602656747028480_o.jpg


◆トランスフォーマーシージ

「シージ」は、2~4月に発売予定の全アイテムが展示。ショップ宣材などでは未彩色の試作品だった、アイアンハイドとスタースクリームも彩色された状態で展示されています。
今回の展示では、特に武器装備のギミックなどはアピールされず、カタログ的に全アイテムが整然と陳列されていたのが印象的。

47326390_1527935800642347_7203708007153139712_o.jpg 47395363_1527938163975444_8184042431428165632_o.jpg 47293058_1527937933975467_4075616787842990080_o.jpg
47438198_1527937380642189_5555315823989489664_o.jpg 47220517_1527937583975502_6473195642754695168_o.jpg 47371612_1527936163975644_674557569120862208_o.jpg


◆コラボ商品

コラボ商品のブースは、G-SHOCKと、幕末維新博の2枠。
G-SHOCKは発売直前の製品の展示、幕末維新博は、ワンフェスでもあったキャラクター刀剣と、今回コラボ商品として販売された根付2種が展示。どちらも、プロモ映像の上映などもあり。

47342457_1528002900635637_4127508505403850752_n.jpg 47578014_1528003830635544_2120261342119067648_o.jpg 47322912_1528003210635606_2516489783325229056_o.jpg 47362124_1528002423969018_5355674809084674048_o.jpg 47260174_1528002533969007_5463422464660865024_o.jpg 47253184_1528002573969003_3689020021251506176_o.jpg


◆物販ブース

物販は、今回限定商品として、アメリカではSDCC限定商品だったレトロロックガレージと、会場限定のバンブルビーキーホルダー付きムビチケ(300セット限定)が販売。
会場先行販売として、幕末維新博コラボのTシャツ2種、クリアファイル2種、根付2種が販売。

また、タカラトミーモールは、今回も開催記念蔵出し販売を行っており、会場配布のチラシに記載のURLからアクセスできる特設サイトからキャンペーンコード記入で購入すると、ポイント20倍&歴代司令官コースター2種がもらえるという趣向。会場には、告知ポップの他、蔵出し販売される商品の一部が展示されていました。

47380603_1528008950635032_6536739164207972352_n.jpg 47238391_1528007853968475_238915802177208320_n.jpg 47304824_1528007537301840_3837525675221188608_o.jpg 47365739_1528008640635063_4741864364045238272_o.jpg 47270484_1528008577301736_3609567584451559424_n.jpg 47174618_1528007923968468_4696517128671461376_n.jpg


◆ステージイベント

開催2日目の12月1日には、11時30分から約45分間、ゲストに玄田哲章を迎えたステージショー『トランスフォーマースペシャルトークイベント』も行われています。今回は、純粋に映画関連のステージイベントとして行われており、玩具新製品の発表といった要素は無し。映画バンブルビーの映像クリップや、主演のヘイリー・スタインフェルドからのメッセージ映像などが上映され、ステージにはバンブルビーの着ぐるみも登場し、玄田氏と愉快な掛け合いを展開していた模様。

玄田氏の発言によれば、映画バンブルビーの吹き替え作業はすでに完了しているとの事で、オプティマスプライム役での続投が大きく告知されていました。

47191588_1528016223967638_4086663276224577536_o.jpg 47320474_1528016387300955_537559876293885952_o.jpg 47382862_1528016860634241_5941250182069878784_n.jpg


ステージショーに関しては、映画情報サイトのレビュー記事に詳しく掲載されているものがあります。

*映画バンブルビー公式サイト
*THE RIVER

公式サイトでは、全体の内容がわかりわすく掲載。
THE RIVERの記事では、玄田哲章の発言が全文文字起こしされており参考になります。

なお、今回上映された映像中、ヘイリー・スタイフェルドのメッセージは、パラマウントジャパンがユーチューブで公開しています。



以上。

■幕末維新博「特別プロジェクト」 特別企画展示@ジョン万次郎資料館

2018年11月5日から、11月25日まで、高知県のジョン万次郎資料館にて、特別企画展示された、幕末維新博コラボの展示。

公式の告知では、企画展示の名称は、『幕末維新博「特別プロジェクト」 特別企画展示 トランスフォーマー(タカラトミー)×幕末維新博』となっています。

とりあえず、公式サイトや関連SNSの告知からの抜粋。

*幕末維新博公式サイトの告知
*ジョン万次郎資料館公式サイトの告知
*土佐清水観光協会のツイッターでの告知

11月5日から25日まで、ジョン万次郎資料館の2階にて以下の展示内容。

<展示内容>
*初代コンボイ 立像(約2m)
*幕末維新博×トランスフォーマー オリジナル刀剣
*台座サイズ コンボイ
*モニターでのプロモーションムービー放映

以下、画像。

DsQGZhxUwAAL_xd.jpg DsQGaDYU8AAknkr.jpg 154233061017.png DrSBSQTVsAc1fhE.jpg DrSBSROVsAAk2Hh.jpg 1541991271643.jpg DrSBTA5U0AI1SM7.jpg

■第58回全日本模型ホビーショー 一般公開日のトランスフォーマーとダイアクロン関連

2018年9月29~30日開催の第58回全日本模型ホビーショー一般公開日のタカラトミーブースより、トランスフォーマーとダイアクロン関連のみ抜粋。

掲載の画像は、全て29日に撮影されたもの。

フェイスブックに、画像アルバムを掲載してあります。

◆トランスフォーマー関連

トランスフォーマー関連はケース1個分の展示。

展示アイテムは、2019年の新シリーズ、トランスフォーマーシージの初回発売商品7点と、マスターピースムービーMPM-7バンブルビー、LG-EXビッグパワード(仮)。

42787222_1450459571723304_663112503479238656_o.jpg 42701597_1450457218390206_148352473961070592_o.jpg 42707511_1450457095056885_2901743788521160704_n.jpg


*シージ関連は、製品版に近い状態と思われるものが、7アイテムが2モードずつ展示。ウルトラマグナスはワンフェスでは未彩色のテストショットの展示でしたが、今回は、他と同じ製品版に近い状態と思われます。

42858294_1450459438389984_67419755207720960_o.jpg 42662043_1450455765057018_2807294867816841216_o.jpg 42745736_1450459198390008_2824521891446784000_o.jpg


*MPM-7バンブルビーは、パッケージとロボットモード、カーモードで展示。アジアでは、丁度今週から発売開始されている地域もあるので、今回の展示品は製品そのものと思います。

42727131_1450458185056776_2863028180220903424_o.jpg 42790133_1450458521723409_1258391122414141440_o.jpg 42763966_1450455601723701_469813918320033792_o.jpg


*LG-EXビッグパワード(仮)発売時期、価格、販売方法など一切不明で、合体モードの未彩色試作品のみが展示。画像から判断する限りでは、過去に発売されたタイタンズリターンの製品のパーツを一部流用しているようですが、新造部分はかなり多そう。

見たところ、機首になるソニックボンバーは、ミスファイヤーの腕部、胴体の後ろ半分(コクピット部)が流用されているよう。
後部上面に合体しているロードファイヤーは、ツインツイストが流用され、新規に機首部と砲塔が新造されている模様。砲塔部には開閉できそうな分割線と覗き窓があり、実際に中に何か入っているようで、おそらくここがヘッドマスターのコクピットになるのではないかと思われます。
ダイアトラスは、日本未発売のスカイシャドウの脚部と主翼が流用されているようですが、上半身はほぼ全体が新造になるものと思われます。

42750273_1450455631723698_211727482372489216_o.jpg 42885074_1450457665056828_3967252615481262080_o.jpg42727615_1450454278390500_893007087628451840_n.jpg 42724871_1450453911723870_4347750996663861248_n.jpg 42863917_1450456998390228_2289982188910804992_o.jpg 42741161_1450457285056866_8983971702237036544_o.jpg 42850435_1450457418390186_4694342981866487808_o.jpg


◆ダイアクロン関連

ダイアクロンはケース3つ分と、他に関連イラストの原画コーナーがあり。

展示品は、年内発売のバトルバッファロー、マニューバデルタ、マニューバガンマ。1月から展開予定の講談社の玩具付きムックの彩色試作。発売時期など未定のビッグパワードGV新型装備仕様、マニューバスカイジャケット、ワルダレイダーの試作品が公開。ほかにビッグパワードの格納庫ジオラマがケース1個を専有。

42833616_1450457898390138_9213540229649006592_n.jpg 42719760_1450458261723435_2170391315634716672_n.jpg 42851962_1450457771723484_3567129218758213632_n.jpg 42742052_1450456915056903_5302429034364272640_o.jpg


*講談社ムック同梱玩具は、彩色版の試作品が公開され、これまでの情報には無かった、パワードスーツ用のオプション武器らしきものも並んでいます。

42853831_1450453755057219_6796111186946424832_n.jpg 42727143_1450453698390558_8399902814800707584_n.jpg 42781556_1450453645057230_6173699524435902464_n.jpg 42727219_1450457965056798_1926435798832381952_o.jpg


*ビッグパワードGV新型装備仕様は、主に武装パーツが新規に制作されているよう。各武器パーツの他には、肩の形状、頭部、パワードスーツの前面装甲などが新規形状になっています。

42808475_1450456078390320_8171353629156966400_n.jpg 42808538_1450456285056966_35197106666864640_n.jpg KIMG18401.jpg


*マニューバスカイジャケットは、マニューバシリーズの飛行用オプション装備で、雑誌記事のインタビューによれば、「システマティックな合体シチュエーションに挑戦した」というアイテム。今回の展示では、パネルで飛行メカとパワードスーツが接続し、パーツの移動でパワードスーツに強化パーツが換装されていくという手順が説明されています。

42813457_1450456601723601_5946036433494999040_o.jpg 42709190_1450456765056918_8756733031374389248_o.jpg 42745781_1450456665056928_7464961543394820096_o.jpg


*ワルダレイダー”ラプトヘッド”は、ワルダースーツ用の強化パーツで、ラプター風のメカを分解して、ワルダースーツと組み合わせる事ができるというアイテムのよう。パネルで組み合わせ例が多数例示されています。

42752883_1450456441723617_3767889570859843584_n.jpg 42738327_1450456331723628_8263967692587794432_n.jpg 42761193_1450456475056947_9140735981316472832_o.jpg


*ジオラマと原画コーナー各種。

42713274_1450456818390246_3206859162877165568_n.jpg 42870038_1450454581723803_2299268204557500416_n.jpg 42863279_1450456801723581_2841977974272557056_n.jpg 42870042_1450459075056687_2565445439767707648_n.jpg 42723699_1450458948390033_5016215613509468160_o.jpg

■ワンダーフェスティバル2018夏のトランスフォーマー関連

7月29日開催のワンダーフェスティバル2018夏の企業ブースのトランスフォーマー関連。この記事では、ブース全体の模様を中心に記述します。

この記事では展示アイテムの全てに言及はしていないので、タカラトミーのTF関連の新発表製品のリストなどは、こちらの記事を参照してください。

画像はフェイスブックアルバムに掲載してあります。
*実写シリーズ関連24枚
*MP、PP、LG、アンコール31枚
*WFCシージ36枚
*タカラトミーモール16枚
*志国高知コラボ、他メーカーなど24枚
*ダイアクロン27枚

◆タカラトミー

○実写TF関連

今回は、日本では2019年春公開となった実写バンブルビー映画の商品が国内初公開という事で、その関連を中心にしたブースデザインになっています。また、おなじみとなったジオラマ展示は、以前にも公開された、ロストエイジと最後の騎士王の2点が展示。

メインとはいえ、実写バンブルビーブランドで発表される商品は、「パワーチャージバンブルビー」「レジェンダリーオプティマスプライム」の2点のみで、スタジオシリーズのSS-16として、フォルクスワーゲン版バンブルビーがラインナップされているのを含めてもわずか3点。
サイズ情報が錯綜した、レジェンダリーオプティマスは、結局、クラシックオプティマスの拡大アップグレード版でサイズは18センチ→22センチと大型化。

37961298_1374007952701800_7049464388545150976_o.jpg 37954450_1374007009368561_8567322740237795328_o.jpg 37989615_1374007036035225_3530819109971296256_o.jpg


SS-16バンブルビーは、2箇所に展示されており、1つ目は、他のスタジオシリーズの隣の位置で、パースのついた背景に展示され、カメラ位置を調整して、背景が長方形に収まるように撮影してSNS投稿しよう!という仕掛けになっていました。

37934560_1374006262701969_9110334759686373376_o.jpg 38084941_1374006596035269_8319974435494821888_n.jpg 37928856_1374008409368421_6561991944115847168_o.jpg


SS-16のもうひとつの展示は、実写バンブルビー2019年春公開と告知されたパネルをくり抜いた中に仕込まれており、バンブルビーの玩具の周辺にホログラムで他のキャラクターが浮かび上がるという仕掛け。

38029610_1374006502701945_4036794861922287616_o.jpg 38007844_1374005332702062_5346222359160291328_o.jpg 37976057_1374005426035386_7941204795828731904_o.jpg


○マスターピース関連

6月のおもちゃショーの新製品ステージにて公開された、MPコンボイVer.3が、ロボットモード、トレーラーモードの未彩色試作品が展示。また、今回、全く予告無く初公開されたMPハウンドはロボットモードのみですが、いきなり彩色版の試作品で展示。今回は、コンボイの新バージョンの登場を祝す感じで、歴代のMPカーロボット戦士が多く並べられていたのが印象的。

37926789_1373979686037960_6418709674752737280_o.jpg 38020046_1373977672704828_9905100822675456_n.jpg 37933982_1373977312704864_449896935197769728_o.jpg 37989578_1373979096038019_2981720340180238336_o.jpg 37947345_1373980206037908_7571935890109366272_o.jpg 38028725_1373979959371266_1409035755996577792_o.jpg


その他、直近の製品としては、この週末に発売されたばかりのMPダイノボットや、1月発売のMPメガトロンBW、TTモール限定シャドーパンサーなどのビーストウォーズ勢もあり。

37976072_1373978646038064_3742542954506485760_n.jpg 37978038_1373980816037847_566526029091307520_o.jpg


○WFCシージ

ジェネレーションズ新シリーズのWFCシージも国内初展示。というか、世界でもSDCCに次いで2ヶ所目と思います。
SDCCでは、基本的に彩色試作品をジオラマ仕立てで展示していましたが、今回のタカラトミー展示では、一部を除き実際の製品版に近い状態と思われる成形品と、SDCCでは展示されていなかったパッケージが初公開されています。

ラインナップは、SDCCではオートボット側商品のwave2アイテムまでしか公開されていなかったのですが、今回の日本展示は、その中でもwave1商品に当たる部分のみが公開されています。(SDCCにあった、アイアンハイド、クロミア、レスキューパトロールがwave2商品)
ディセプティコン側が公開前という事で、商品番号も一部が抜けています。

37930239_1373993966036532_6940653780102807552_o.jpg 38022279_1373990232703572_4843958257816961024_n.jpg 37917082_1373993149369947_4041952447629885440_n.jpg 38012308_1373993439369918_5910892584422604800_o.jpg 37979088_1373990932703502_8371863739284062208_o.jpg 37935104_1373989509370311_9035171096839585792_o.jpg


○タカラトミーモール

タカラトミーモールのブースでは、今回のイベント限定品である、ゴールデンラグーンコンボイや、その他のラインナップ、蔵出し商品の展示などが行われています。

蔵出し商品に関しては、こちらの記事にまとめてありますが、会場配布のキャンペーンコードが無いと、ポイント増量特典が受けられないのであまり参考にならないかもしれません。

38072344_1374001626035766_1361230193011720192_o.jpg 37951067_1374001282702467_2450550971495874560_n.jpg 37962533_1374001506035778_4712836672956399616_n.jpg


○志国高知 幕末維新博コラボ展示

予告のあった通り、幕末に坂本龍馬と共に活躍していたという設定の元、コンボイが幕末時代に持っていた刀という設定で、キャラクターをモチーフ制作された刀剣が展示されています。

その他、ネット上でも公開されたコラボPVの上映や、スタンプラリーなども行われていた模様。

37973446_1374028132699782_6224810223668822016_o.jpg 37960181_1374027399366522_681075220647247872_o.jpg 37994150_1374027916033137_2055572829629317120_n.jpg


○ダイアクロン

今回は、ダイアクロンEXPO直後という事で、初出の情報は、講談社のダイアクロン書籍に付属する玩具の情報ぐらいで、他は既出の範疇。新作PVの公開もありました。

講談社の書籍付録は、パワードシステムF型が試作品で展示。コクピットカバーが新規形状で、手首がマニューバガンマ同様の可動式となったもの。2~3号に付属すると思われる、新型強化パーツは、新規金型で、NEWローダー(仮)とNEWセプター(仮)の2点のCG画がパネルで公開されています。

37997855_1374040542698541_6391645307704180736_n.jpg 37969532_1374044619364800_938556753400823808_n.jpg 38068043_1374043629364899_5984004133370200064_o.jpg


以下、他メーカー

◆アルファマックス

トイアライアンス製のハズブロ正規ライセンス品、メガアクションシリーズMAS-01オプティマスプライムとMAS-02メガトロンが展示されていました。どちらも約45センチサイズの非変形フィギュアですが、近日予約開始予定として、価格などは未掲載。

38023478_1374030229366239_6850518982248628224_o.jpg 37960488_1374029919366270_5360783586783920128_o.jpg 37938202_1374030542699541_2701965145684312064_o.jpg


◆ユニオンクリエイティブ

Tシャツや手ぬぐいなどのグッズの物販各種。

37973277_1374034362699159_7099210426344275968_o.jpg 37936623_1374033619365900_7886681710719401984_n.jpg 38072439_1374034139365848_1728374812201451520_n.jpg


◆プライム1スタジオ

新発表のジェットパワーオプティマスプライムやセンチネルプライムなど、大型スタチューが多数展示。

37989613_1374034736032455_7599239555555786752_n.jpg 38029013_1374034539365808_6449447643293679616_o.jpg 37956607_1374035069365755_7275899685775081472_o.jpg



以上。

■東京おもちゃショー2018:一般公開日の展示画像、新製品ステージ情報など

2018年6月8~10日に開催の東京おもちゃショー2018のタカラトミーブース一般公開日の画像など。

*フェイスブックアルバムに画像76枚ほど掲載しています。

一般公開日では、先日、他サイトからの引用の形で記事にした、東京おもちゃショー業者日の展示とは、配置などの構成が変わっています。
この記事では、主にトランスフォーマー関連の内容のみを扱います。ダイアクロンは、業者日からほぼ変化無しなので割愛。

業者日にあった、スタジオシリーズ、パワーオブザプライムの新製品展示は撤廃。代わりに、ターボチェンジの体験コーナーが作られ、横にはスタジオシリーズを使ったジオラマが展示。今回最も力を入れていたと思われる、歴代司令官展示はそのまま。

34775012_1305095412926388_5336122661959368704_o.jpg 35055110_1305095499593046_349969143757275136_o.jpg 34825388_1305098172926112_7043379098491551744_o.jpg 34861221_1305100422925887_2328757136479223808_o.jpg 34844871_1305095596259703_1925621696371359744_o.jpg 35058145_1305092962926633_7483829210172096512_n.jpg 34847127_1305098786259384_5482965725498834944_o.jpg 34893270_1305100382925891_1538589153808089088_o.jpg 35051768_1305098592926070_8303611576464703488_o.jpg 34901673_1305096799592916_557768599364698112_o.jpg 34923667_1305100289592567_3106513831896023040_o.jpg 35051972_1305096679592928_921305652184219648_o.jpg


マスターピースBWを展示したケースは、業者日には、未彩色メガトロンと復刻版リターンズコンボイの2体の並びでしたが、一般公開日では未彩色メガトロンとダイノボットBW、コンボイBWの3体が展示。この後、さらにメガトロンが彩色版に差し替え(後述)

34885600_1305095936259669_5169745666250899456_o.jpg 34882922_1305097276259535_1846957227156439040_o.jpg 34877802_1305094639593132_3777614721142751232_o.jpg


タカラトミーモールのコーナーには、モール限定品の数々が展示。
トランスフォーマー関連は、業者日からあったMP-36+メガトロンとMP-29+レーザーウェーブの他、復刻版リターンズコンボイとパワーオブザプライムのロディマスユニクロナスがタカラトミーのメイン展示からこちらに移行。

34906671_1305095222926407_2692575866138918912_o.jpg 34849747_1305095149593081_9189035018863771648_o.jpg 34798355_1305097449592851_8029131387787280384_o.jpg


スターウォーズブース内のスターウォーズTFコーナーには、01タイアドバンストと02ミレニアムファルコンが展示。第3弾商品に関する情報無し。
02ミレニアムファルコンは、本年の日本おもちゃ大賞ハイターゲット部門の優秀賞を受賞しており、日本おもちゃ大賞受賞アイテムのコーナーにも展示あり。

34872005_1305093276259935_3793188281147981824_n.jpg 34872822_1305093359593260_5255789816993284096_o.jpg 34841715_1305095282926401_4799882766554497024_o.jpg


◆ステージショー後の追加展示

6日午後3時30分からのTF新製品ステージ(後述)の終了後に、ステージで発表された新製品が追加展示されています。

MPビーストウォーズのケース内の未彩色MPメガトロンが彩色版に差し替え。さらに、あらたにケースがひとつ追加され、TF35周年記念ゴールデンラグーン企画の商品群が展示されています。

35102784_1305097549592841_1614990901107490816_o.jpg 34826170_1305099119592684_7039205098949443584_n.jpg 35118870_1305100702925859_8180241415435976704_n.jpg 35051318_1305099272926002_8914772636567863296_o.jpg 34859471_1305100506259212_3308480764865150976_n.jpg 34963534_1305099399592656_4112535532150456320_o.jpg 34826170_1305099119592684_7039205098949443584_n.jpg 34919442_1305099949592601_7114982263514726400_n.jpg 35050074_1305100819592514_8980701359519039488_o.jpg


◆トランスフォーマーステージショー発表アイテム

6月9日昼15:30分から開始のトランスフォーマー新製品発表ステージで発表されたアイテムの情報など。
(この記事を書いている管理者本人は、ステージを見れなかったので、基本的に教えてもらった内容です。)

この新製品発表ステージは撮影禁止だった為に、ステージ自体の画像は無し。
以下のアイテムが発表された模様。

*G-SHOCK(腕時計)とのコラボアイテム予定あり。(具体的な詳細は無し)

*志国高知 幕末維新博とのコラボ。坂本龍馬とコンボイ、メガトロンをモチーフにした刀(本物)を制作。今の所、刀の話だけで変形ロボット玩具が出るかどうかは不明。続報は、ワンフェスと言われていたそうですが、3月に出た幕末維新博のリリースでは、6月22日に発表したいとなっています。

*ゴールデンラグーン企画 初代アニメのエピソード『ゴールデンラグーンの秘密』に登場した金色無敵モードのTFを発売するシリーズ企画。これは、ステージイベント直後に公式サイトなどで情報が公開されました。

*MP-43メガトロンBWの彩色版公開。他に収録音声の一部が披露されたそう。ナビ子の音声も同時収録でアニメ同様の掛け合いが再現されているとか。

*マスターピース・コンボイ3.0の未彩色試作品が公開。来年発売予定。アニメ設定画をベースにした造型で、トレーラーモードはコンテナもあり。玄田哲章新録ボイス収録。との事。

ちなみに、画像はここには載せませんが、海外のTF情報系サイトではどこもトップニュース扱いでMPコンボイ3.0の盗撮画像を大きく掲載しています。今回、事前に中国のファンがMPコンボイ3.0の情報を撮りに行くと派手に予告しており、中国語圏では話題になっていましたが、その通りに実行された形。たぶん、会場でも中国語で撮影禁止とは言っていなかったのでは?言ったところで無駄とも思いますが。

以上。

■静岡ホビーショー2018のトランスフォーマー関連 一般公開日レポ

先日、他サイトからの引用の形で、静岡ホビーショー2018業者日のトランスフォーマーとダイアクロン関連の新発表アイテムの記事を投稿しましたが、今回は、一般公開日の模様をいくつか画像を撮ってきました。

と言っても、展示内容自体は、業者日と全く同じで変化は無いです。

タカラトミーブースは、ダイアクロン、トランスフォーマー、ゾイドの3タイトルを展示。それぞれ1ケースずつの玩具展示と、トランスフォーマーとゾイドはジオラマ展示あり。ダイアクロンは大サイズのモニターで、以前ネットでも公開されたプロモ動画を上映していました。

以下、トランスフォーマー関連の内容のみ、あらためて記述します。

まず、ジオラマ展示はワンフェスで初登場した、ロストエイジの最終決戦をモチーフにした物の再展示。

玩具展示は、スタジオシリーズが、4月に発売された第1弾商品の8種類と、ホビーショーで初公開された、今夏発売の第2弾商品4種(SS-09オートボットジャズ、SS-10ロックダウン、SS-11メガトロン、SS-12ブロウル)が展示。

DSC_1467.jpg DSC_1502.jpg DSC_1503.jpg DSC_1495.jpg DSC_1494.jpg


マスターピースシリーズは、ホビーショーでオフィシャル情報初出となった、MP-42コルドンの彩色試作品とMP-43メガトロン(BW)の未彩色の試作品。7月発売のMP-41ダイノボット(BW)と、去年発売されたMP-39サンストリーカーが展示。

それらの展示以外に、ケースの下に、タカラトミーモール限定商品の予告パネルが掲載されており、ホビーショー開催と同日に情報公開となった、MP-29+レーザーウェーブと、近日予約開始として、MP-36+メガトロンが情報初出。

MP-42コルドンは、サンストリーカーの仕様変更アイテムで、ダイアクロン当時に発売されたカーロボット・カウンタックパトカータイプを再現したもので、サンストリーカーがアニメ設定画をベースとした商品だったのに対して、当時の玩具版のデザインを踏襲した頭部形状が特徴。カーモードの画像などはまだ公開されていないが、脚部の側面には「警視庁」のマーキングがある事が確認できる。
手持ち銃は、サンストリーカーとは異なり、G1玩具に付属していたミサイルパーツを模した形状にグリップを付けて手持ちとしている。もしかしたら、G1当時品のように手首の代わりに直接、腕に取り付ける事も可能かもしれない。

MP-43メガトロン(BW)は、アニメ劇中対比に従って、かなりの大サイズ。恐竜モードは未公開。各種ギミックなども不明。

DSC_1586.jpg DSC_1510.jpg DSC_1512.jpg DSC_1525.jpg DSC_1587.jpg DSC_1516.jpg


タカラトミーモール限定MP-36+メガトロンは、G1当時の海外版メガトロンの玩具をモチーフにした仕様変更が施され、当時の玩具版の顔面を再現した新規フェイスパーツと、当時品ではシールで表現されていた、胸部のエングレービング(胸毛)がモールドで再現。
本体カラーは、胸部や腕部分が当時品と同じメッキ仕様に見えます(説明文では「メタリック仕様」となっている)。また、スコープや、腕部、脚部の内側にG1当時品のシールの図案が再現されている。MPアートファイアーの様に製品ではプリントで再現されるのかもしれない。

DSC_1505.jpg 855445546544.jpg DSC_1507.jpg



■ユニバーサルスタジオジャパンの新ナイトパレードにトランスフォーマー登場

4月9日付けで、ユニバーサルスタジオジャパンの新しいナイトパレードの情報が出ており、その中の登場キャラクターに実写トランスフォーマーが含まれています。

今回のナイトパレードは、『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード~ベスト・オブ・ハリウッド~』と題して、5月17日から開始されるもので、プロジェクションマッピングによって、動き回るキャラクターの演出が特徴。その登場キャラクター(作品)は、ハリーポッター、ミニオンズ、ジュラシックワールド、トランスフォマーの4作品。

CM動画も公開されていますが、その中では、ドリラー、メガトロン、オプティマスプライムが登場しています。説明文にによればバンブルビーも登場するようです。

動画の中のメガトロンとオプティマスは、どちらも実写映画第1作をモデルにしているよう。(イメージイラストらしきものなどでは、別のバージョンが描かれている場合あり)。

以下、CM動画埋め込み。

■大おもちゃ博@イオンモール堺鉄砲町(3/17~4/1)の簡易レポ

1週間前に終了したイベントですが、2018年3月17日から4月1日まで、大坂のイオンモール堺鉄砲町にて開催された、「大おもちゃ博」の簡易レポ。

◆大おもちゃ博について。

大おもちゃ博は、タカラトミーが協賛する、同社ライセンス玩具をメインとした中規模の催事で、ショッピングモールなどで不定期に開催されている。
このイベントは、タカラトミーの公式サイトにて、ファミリー向け中~大規模催事の法人向けイベントパックとして提案されているのが確認できる。

「大おもちゃ博」の名前を使ったイベントで最初の物は、恐らく、2013年5月に品川プリンスホテルで開催された、「大おもちゃ博in品川プリンスホテル」。この時は、イベント公式サイトも作られ、企業公式の告知や雑誌告知など広く行われていました。当ブログでも、簡易的なレポート記事を掲載しています。

その後、こちらで確認しただけでも、以下のように開催されていますが、開催地域のコミュニティ以外では、いずれも大きな宣伝、告知はされておらず、メーカー側が仕掛けるイベントというよりも、地方向けの催事という側面が強くなっている印象。

以下、こちらで把握している、大おもちゃ博開催リスト(この他にもある可能性大)

2013年5月3日~6日 品川プリンスホテル
2014年4月26日・27日・29日、5月3日~6日 中部国際空港セントレア
2016年8月6日~14日 シーモール下関
2016年11月3日~13日 イオンモール木更津
2016年11月18日~27日 イオンモール富津
2018年3月17日~4月1日イオンモール堺鉄砲町

基本的に、タカラトミーのラインセンス玩具のみを扱うイベントですが、同社の主力商品の一翼を担う、トミカ、プラレールや、その派生キャラクターのドライブヘッド、シンカリオンに関しては一切扱われていないのも特徴。恐らく、すでにトミカ博、プラレール博といったイベントが全国展開している関係ではないかと思います。

そういった中で、男児キャラクター枠として、このイベントでは、常にトランスフォーマーが大きな位置を占めるのも特徴。

◆今回の「大おもちゃ博 イオンモール堺鉄砲町」の展示。

その1

トランスフォーマー玩具のブログなので、トランスフォーマー関連の展示のみ書き出しますが、まず、南海本線 七道駅出口からの陸橋を渡って入る、イオンモールの2階エントランス部分(2階ユニクロ前)に、コンボイの実物大頭部と、実写映画ジオラマ2点、実写オプティマスプライムの等身大立像が展示。

ジオラマ2点は、2018年冬ワンフェスで初公開された、「ロストエイジ」と「最後の騎士王」をモチーフにしたもの。ジオラマの展示向きが、本来正面になる面が立像と実物大頭部で塞がれていて、見難い感じの展示でした。
オプティマス立像は、2017年から登場したロストエイジ版。
コンボイの実物大頭部は、2014年のTF30周年時に制作された、トレーラーの内部に設置されていたものを改装したものと思われます。(後述)

DSC_0895.jpg DSC_08688.jpg DSC_0869_HORIZON.jpg
DSC_0885.jpg DSC_0860.jpg DSC_0864.jpg


その2

1階フロアのビックカメラ前のスペースには、毎度お馴染みの、バンブルビー等身大立像と実車カマロが展示。

DSC_0889.jpg DSC_0888.jpg


その3

3階イオンホールでは、実際におもちゃで遊べる「大おもちゃ博プレイランド」が実施。
トランスフォーマーに関しては、隅の方の一角に、歴代総司令官パネルと共に専用テーブルがあり、スピードチェンジシリーズやビッグターボチェンジが遊べました。

DSC_0876.jpg DSC_0875.jpg


その4

赤レンガ広場の屋外ステージにて、3月17日と3月31日の2日間のみ。13時~、16時~の2回ずつ、オプティマスプライムのクイズステージが開催。

当方、来訪時は未開催の日だったので、画像などは無し。
告知などから判断するに、きぐるみは、ロストエイジ~最後の騎士王版のオプティマスと思われます。

その他、トランスフォーマー以外の展示、イベントは、ベイブレードバーストのチャレンジトーナメントや、アニア、リカちゃんのフォトスポット、チョロQのペイント工作などが行われていました。

◆コンボイの実物大頭部に関して。

今回のイベントで展示された、コンボイの実物大頭部ですが、画像から判断する限りでは、おそらく、2014年に制作された、TF30周年記念トレーラーの内部に設置された、コンボイの実物大バストの頭部のみを独立して展示できるように改装したものと思われます。単独での展示は、顔がかなり上向きになっていて、トレーラー設置時とは表情が違って見えます。

この頭部は、2018年2月に開催された、タカラトミーグループ商談会にも展示されていました。

下画像左は、2014年の30周年トレーラー内部バスト、右は2018年TT社商談会展示。

250689_615.jpg DSC0154.jpg


頭部単独での一般向け展示例は、今回の大おもちゃ博堺鉄砲町が初めてではないかと思っていましたが、これまでの大おもちゃ博をあらためて調べたところ、過去にも展示例がありました。

2016年8月に開催された、シーモール下関での大おもちゃ博にて、今回と同様の頭部のみ単独での展示があったようです。
シーモールのフェイスブックには画像が掲載されており、また、イベントの告知にも「実物大のコンボイヘッド」との予告があり。

2016年のシーモール下関の展示画像と告知

13906770_672458296235099_8203875183849753703_n.jpg 13895593_675704969243765_2852941786241795444_n.jpg


■『トランスフォーマー クラシックス』発売記念特別展示 @ 紀伊國屋書店新宿本店

ミリオン出版ヒーローXから、2月23日頃発売の邦訳アメコミ『トランスフォーマー クラシックスVOL.1』の発売を記念して、紀伊國屋書店新宿本店 別館アドホックビル2Fコミック売り場にて開催された特別展示の模様。

展示はショーケース1個分で、コミックの1号に登場するキャラクターの玩具とアメリカ版&イギリス版マーベルコミックの原書などが展示。

玩具は、基本的に海外での1984年の最初のラインナップが展示されていますが、全て当時品という訳ではなく、復刻版もそこそこ混ざっている模様。
また、上段のスカイワープの後ろには、日本でも発売されたハズブロ製の変型トイ「マーベルクロスオーバー・スパイダーマン(ブラック)」が置いてあります。

コミック原書は、今回のクラシックスVol.1に収録されている、アメリカ版マーベルコミック第1~4号と、1エピソードを2分割にして収録しているイギリス版マーベルコミック第1~8号の計12冊。下段中央には、クラシックスVol.1が鎮座しています。

売り場には、クラシックスVol.1が平積みで陳列されており、手書きポップなども。

紀伊國屋書店 新宿本店での特別展示は、2月23日から開始になっていますが、終了日は不明。おそらく、それほど長くは無いと思うので、早めにどうぞ。

P1560687.jpg P1560681.jpg P1560682.jpg P1560656.jpg P1560652.jpg P1560648.jpg P1560671.jpg P1560669.jpg P1560665.jpg P1560690.jpg P1560692.jpg P1560696.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●5月発売アイテム
PP-01 マイクロナス
PP-02 リージマキシモ
PP-03 べクタープライム
PP-04 ダイノボットスラッシュ
PP-05 ウインドチャージャー
PP-06 ビーチコンバー
PP-07 オートボットジャズ
PP-08 ロディマスプライム
PP-09 オプティマスプライム

●6月発売アイテム
PP-10 アルケミストプライム
PP-11 ダイノボットスラッグ
PP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナール
PP-14 ダイノボットスラージ
PP-15 グリムロック

●7月発売アイテム
PP-16 ムーンレーサー
PP-17 ドレッドウインド
PP-18 ブラックウイング
PP-19 スタースクリーム
SS-09 オートボットジャズ
SS-10 ロックダウン
SS-11 メガトロン
SS-12 ブロウル
TC-10 オートボットホットロッド
TC-11 オートボットドリフト
TC-12 ダイノボットスラッグ
MP-41BWダイノボット
DA-21 パワードシステム マニューバアルファ
DA-22 パワードシステム マニューバベータ

●8月発売アイテム
PP-20 クインタスプライム
PP-21 テラーコンリッパースナッパー
PP-22 テラーコンカットスロート
PP-23 テラーコンブロット
PP-24 テラーコンシナーツイン
PP-25 テラーコンハングルー
PP-26 エリータワン
PP-27 オプティマルオプティマス
DA-23 ワルダースーツ フリンガー
DA-24 ワルダースーツ スタング

●9月発売アイテム
PP-28 ソラスプライム
PP-29 ディセプティコンバトルスラッシュ
PP-30 ロードトラップ
PP-31 プレダキング

●10月発売アイテム
MP-42コルドン
PP-32 アルファトライオン
PP-33 スクラップネル
PP-34 オートボットテイルゲイト
PP-35 オートボットノヴァスター
PP-36 オートボットインフェルノ
DA-27 パワードシステム マニューバガンマ

●11月発売アイテム
TFアンコール リターンズ コンボイ
PP-37 メガトロナス
PP-38 オートボットアウトバック
PP-39 シンダーソア
PP-40 ロディマスユニクロナス

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008