■簡易レビュー

■(追記)マクドナルドのトミカスペシャルDVD2017内のトランスフォーマー関連

4月15、16日に、マクドナルドでハッピーセットトミカを購入するともらえる週末配布DVDの『トミカスペシャルDVD2017』

今回も少しだけ、トランスフォーマー関連が収録されていました。

収録内容は、以下の通り。

*スピードチェンジPV
*通常TLKライン紹介動画
*最後の騎士王劇場予告第一弾

特に情報として新しい内容は無いですが、通常TLKライン紹介動画が、2~3月の玩具店やイベントで配布されたDVDに収録されているものといくつか違いがあります。

具体的には、ディセプティコンバーサーカーが「クランクケース」名義になっている。ダイノボットスラッシュが単なるスラッシュ表記。発売時期に関する告知が無い。以上の3点が大きな違い。マクドナルド配布DVDは、過去のDVDの収録内容から見ても製作時期がかなり早いようなので、詳細が確定する前の情報で収録されているのでしょう。

ついでなので、他にロボット玩具関連で初出映像ぽいものは、ドライブヘッドのアニメで使われている操縦アイテムの「ドライブギア」が初夏発売としてギミックなどが紹介。シンカリオンでは、4月発売の800つばめの玩具紹介動画が収録されていました。

なお、4月15日から、全国の玩具店でドライブヘッド関連商品3000円以上の購入でもらえる、『ドライブヘッドスペシャルDVD』には、特にトランスフォーマー関連の内容は収録されていませんでした。

追加タカラトミー公式サイトにて、今回のDVD収録内容に関する訂正とお詫びが掲載されました。
    誤)クランクケース → 正)ディセプティコンバーサーカー との事。 

565446465.jpg

86845354.jpg 5641464.jpg 561541654.jpg

78964.jpg

■トランスフォーマー最後の騎士王トイ&ムービースペシャルDVDレビュー

3月25日からメガウェブで開催されている、「第8回こどもモーターショー」内にて実施の「トランスフォーマー最後の騎士王スペシャルイベント」にて配布が確認されたDVD、「トランスフォーマー最後の騎士王トイ&ムービースペシャルDVD」のレビュー。

装丁は、2月に玩具店で配布されたトランスフォーマー映画のおもちゃ大集合スペシャルDVDと同様に、透明ビニールのスリーブに紙1枚のジャケットという構成。

まず、今回のDVDはタイトルやイラストなど明確に「最後の騎士王」バージョンとなっており、2月の配布DVDが「ムービーザベスト」のロゴ、イラストを使っていたのと異なります。

収録内容に関しては、以下の通り。

*スピードチェンジシリーズ紹介動画
*通常TLKライン紹介動画
*最後の騎士王:予告編(ビッグゲームスポット)
*ムービーザベスト紹介動画
*ムービーザベストTVCM15秒
*ムービーザベストTVCM30秒
*実写映画過去4作品の予告編

内容は、2月の配布DVDとは実質的には同じと言っても良い程度の違い。具体的には、最後の騎士王の予告編が、劇場予告第1弾から、ビッグゲームスポットと呼ばれているバージョンに差し替えられた事と、ムービーザベストのTVCM2本が収録された事。
CM2本が追加されていますが、予告編が2分25秒から53秒のバージョンに差し替えられた事によって、全体の収録時間は50秒程度短くなっています。

なお、2月の配布DVDに同梱されていた、TFチケットは今回は封入されていません。

IMG_0002.jpg IMG_0001_201703282316456fa.jpg 画像1

■トランスフォーマー映画のおもちゃ大集合スペシャルDVDのレビュー

2017年2月25日から、全国の一部玩具店にて配布された景品DVD『TRANSFORMERS MOVIE THE BEST 映画のおもちゃ大集合スペシャルDVD』のレビュー。

配布条件は、トランスフォーマー商品税込み2000円以上先着にて。配布店舗は、リスト化されてはいないが、メーカーサイトによれば「告知ポスターのあるお店」とされている。(今回は、トイザらスにて入手。同店全店で先着3000名と告知。)

今回は、従来の景品DVDで主流だった紙製スリーブでは無く、透明ビニールのスリーブに、紙一枚のジャケットとCD本体、そして今後の配布景品との引き換えに使う「TFチケット」が同封されていた。このチケットと交換で配布されるのは「映画10周年記念BOOK」で、引き換え期間は、2017年4月29日から5月31日までとなっている。

DVD収録内容は、全体で16分程度。ほぼ全て、配布開始時点で他の媒体で発表済みの映像で占められており、特にここが初出となる情報などは無い。
映画のおもちゃ大集合というタイトルから過去作品の商品の歴史的なものを連想するが、紹介されている玩具は基本的に、ムービーザベストと最後の騎士王第1弾商品(TLK-02除く)の計19アイテムのみ。

以下収録内容。

*スピードチェンジシリーズ紹介動画
*通常TLKライン紹介動画
*最後の騎士王:映画予告編
*ムービーザベスト紹介動画
*実写映画過去作の振り返りとして、4作品の予告編

映画各作品の予告編以外は、収録順に前後があるものの、トイザらスドットコムのTF特集動画に同じ物が収録されています。

画像は左から、ジャケット、DVDメニュー画面、店頭告知ポスター

IMG656.jpg 8656413.jpg DSC_0466.jpg

■ロボッツインディスガイズ・ウォーリアークラス・ラチェット簡易レビュー

海外で、2016年10月頃から発売されている、ロボッツインディスガイズ・ウォーリアークラス・ラチェットの簡易レビュー。

*フェイスブックアルバムに画像19枚ほど掲載しています。

PA101565.jpg PA111591.jpg PA111585.jpg


製品は、同シリーズのストロングアームと一部パーツを共用し、全体の設計を踏襲しつつ、外装パーツを新設計したアイテム。類似例としては、コンバイナーウォーズのブレークダウン→ホイルジャックや、オフロード→ファーストエイドなどに見られる流用パターン。

ストロングアームとの共用パーツは、胴体や関節パーツ、タイヤなど。主にストロングアームで黒い成形色の部分。

カーモードの外装は完全に新規設計になっているが、ストロングアームのピックアップトラックからバンタイプになっている為に、比較すると車体は大型化している。変形パターン自体はほぼ同じだが、脚部になる車体後部はストロングアームでは足首を収納していたが、ラチェットではその代わりに、屋根の部分を回転して収納するようになっている。この為、足首は固定式。車体前半部は似た形状で同じ変形パターンだが、パーツの合わせがやや難しくなっている感あり。

ロボットモードでは、胴体や太もも、腕関節など以外はほぼ新造パーツで再現。今回のラチェットは、TFプライムの同名キャラと同一人物だが、デザイン的にはG1風の胸がウインドウになっているタイプ。

手持ち武器として銃が2丁付属しており、両手に持たせる他に、カーモードでは脚部の裏に収納可能。また、ロボットモードのルーフの裏と脚部の裏(カーモード時の収納部とは別)にもジョイント穴があり、手首と胸の内部を合わせて計9箇所の取付可能ポイントがあるが、どのポイントも銃を取り付けたままでは変形はできない。

PA101580.jpg PA111594.jpg PA111592.jpg PA111588.jpg PA111589.jpg PA111583.jpg

■TFSS4.0シークレットアイテムとレッケイジ合体モード画像

というわけで、TCCのTFSS4.0の最後の発送になる、インパクターとシークレットアイテムが到着したので、少しだけ紹介。

アメリカでは先週から届き始めているので、すでに画像も多数出回っていますが、シークレットアイテムは、コンバイナーウォーズ・デラックスクラスのブルーストリークでした。製品は、同クラスのプロールのカラーリングを変更したのみで、先日マスターピース商品としても発売された、いわゆるブルーブルーストリークの配色を再現しています。腕の関節パーツが彩色できない材質なので、カーモードでそこだけ色が違うのはこの型の難点。

インパクターの方は、ルークをベースに頭部を新規に造形したもので、さらにおまけとして、ジェネレーションズ・アーシーの武器4種の色替えが付属しています。このおまけ武器パーツに関しては、説明書には特に使い方は記載されていません。

P8271378.jpg P8281390.jpg P8281382.jpg P8281388.jpg P8281384.jpg 546.jpg P8281380.jpg P8281379.jpg


また、インパクター、ブルーストリーク共に、説明書には合体モードとして、TFSS5.0にて発売される商品と組み合わせたレッケイジの写真が掲載されています。合体モードの玩具写真は初出になると思います。

レッケイジ合体モードは、以前TCCの文章ストーリーに挿絵が掲載されていましたが、今回はその時の組み合わせとはメンバーが異なります。とは言っても、どうやらインパクター以外は、試作品か間に合わせの製品を使っているようで、カラーリングは再現されていない模様(白黒ですが)。TFSS5.0では、合体メンバーとして、トキシトロン、フラクティル、カウンターパンチが予定されているので、それに今回のインパクターとブルーストリークを加えて5体という事かもしれません(写真では、カウンターパンチ/ホイルジャック型では無く、ブレークダウン/サンストリーカー型になっていますが)

レッケイジの胴体に関しては、基本的にモーターマスター/メナゾールの本体に合体頭部のみウルトラプライムの物が差し替えられているようです。手持ちの武器パーツは分離状態で肩と右手に装着して、コミック本来のインパクターを模しているようです。

012_20160828083139857.jpg 013_20160828083141b6f.jpg

■『人気キャラクター大集合!スペシャルDVD』のTF関連コンテンツのレビュー

東京おもちゃショー2016の一般公開日に配布されていたDVD、『人気キャラクター大集合!スペシャルDVD』のトランスフォーマー関連コンテンツのレビュー。

DVDは、タカラトミーブースにて配布されており、コンテンツは「カミワザワンダ」「トランスフォーマーアドベンチャーマイクロンの章」「サンダーバードアーゴー」の3本でそれぞれアニメ本編のダイジェストと玩具紹介が収録されています。

bg500.jpg 86528654567.jpg bg01.jpg


◆「マイクロンの章」アニメ紹介:全体で7分程度の内容。その内、マイクロンの章第1話(原語タイトル"Overloaded Part 1")のダイジェストが5分程度、残りは、登場するオートボット側のキャラクター紹介など。
ダイジェストは、日本語のナレーションのみで各キャラのセリフは無し。

bg02.jpg bg03.jpg bg04.jpg


◆「マイクロンの章」玩具紹介:全体で2分40秒程度の短いもの。内容は、単品売りマイクロン6種の紹介と、ハイパーサージオプティマスプライム、ハイパーサージバンブルビーの紹介。

ハイパーサージバンブルビーは、装着するマイクロンによって音声が変わるという事で、実際に数種のセリフが紹介されています。以前の雑誌記事によれば、音声が変わるマイクロンは、7月発売の時点では、エアロボルト、バズストライク、ソウトゥースの3体。

また、今後も続々登場予定としてマイクロンのシルエットが登場しますが、これは海外で言う所のウェポナイザーミニコンのランスロン、トライセラショット、ウィンドストライクの3体と思われます。

bg06.jpg bg07.jpg bg28.jpg

■限定マイクロン・レインの簡易レビュー

4月29日から店頭配布されている、マイクロンレインの簡易レビュー。

このマイクロンは、1週間ほど先に配布開始された、トイザらス限定マイクロンバーンと同じく、『TFアドベンチャーマイクロンの章開始記念マイクロンキャンペーン』の1体。(ただし、公式サイトではキャンペーン名称は、単に『限定 マイクロンプレゼントキャンペーン』とのみ記載)

配布条件は、TFアドベンチャー関連商品3000円以上の購入で先着順に1体。
配布店舗は、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオン、博品館銀座本店、白牡丹石巻店、ビックカメラとなっている。

今回のキャンペーンは、配布景品がトイザらスのマイクロンバーンとその他店舗のマイクロンレインの2種のみで、配布店舗には、過去多くの配布キャンペーンに名を連ねていたイオンが含まれていない。

P5020816.jpg P5030871.jpg P5030875.jpg


マイクロンレインは、2012年に発売されたアームズマイクロンシリーズAM-03クリフジャンパーに付属のアームズマイクロン・シエルの色換え製品。この型は過去に、シャドウアームズマイクロンキャンペーンの景品、シャドウシエルとして使用された事もあり。

製品は、整形色をメタリック調のクリアブルーで成形し、スモークのクリスタルにシルバーでオートボットエンブレムをプリントしたもの。過去のアームズマイクロンとは異なり組み立て済の状態で配布された。

今回の2体のマイクロンのキャラクター名称は、バーンとレインで、火と水の属性を連想させるものになっている。
4月29日発売のTAVシリーズ製品4点は、過去の分類で言う所のスカウトクラス相当のサイズなので、アームズマイクロンを持たせるには少しサイズが合わない感じ。

*限定マイクロン・バーンのレビューはこちら。
*フェイスブックアルバムにバーンとレインの画像各種掲載しています。

P5030882.jpg P5030883.jpg P5030884.jpg

■トイザらス限定マイクロン・バーンのレビュー

4月22日から、トイザらス限定で配布開始された、マイクロン「バーン」の簡易レビューなど。

*フェイスブックアルバムに画像14枚ほど掲載しています。

このマイクロンは、以前から雑誌記事などで予告されていた、「TFアドベンチャーマイクロンの章開始記念マイクロンキャンペーン」の一環と思われるが、このキャンペーン自体が開始時点までに公式サイトなどに一切情報が出ておらず、情報の初出は、4月中旬から配布のトイザらスのゴールデンウィーク向けカタログに掲載の告知だった。

配布条件は、全国のトイザらス店舗で、4月22日より、TF関連商品3000円以上の購入にて全国先着6000名に配布。また、トイザらスドットコムにおいても、4月22日からTF関連商品3000円以上の購入にて、先着480名に配布となっている。

13010689_734180086684593_6426247723215882065_n.jpg 13082657_734180076684594_7926375599122545288_n.jpg


製品は、2012年に発売された、トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズのAM-26スモークスクリーンに付属のアームズマイクロン「エスツー」の仕様変更アイテム。この型は、他に「侍チーム参乗キャンペーン」の「ジン」や、海外ではトランスフォーマーコレクターズクラブの限定商品TFSS2.0クロームドームの付属品「スタイラー」として使用された事がある。
カラーリングは、メタリック調のクリアレッドの成型色。胸のクリスタルはスモークで、オートボットエンブレムがシルバーでプリントされている。

これまでのアームズマイクロンは、ランナー状態からユーザーが組み立てる方式だったが、今回の製品は、組み立て済みの状態で配布されていた。

13083246_734179896684612_5372458314014639680_n.jpg 13087550_734179863351282_94427228766452508_n.jpg 13015292_734180006684601_1875902000866195177_n.jpg


説明書に小さく印刷されているマークは拡大すると、「ハイパーサージ連動」と記載されており、この製品もTAV50ハイパーサージオプティマスプライムとの連動アイテムとして位置付けられているらしい。4月から発売の新マイクロンは、5ミリのジョイントが新設されているが、アームズマイクロンは元から5ミリのジョイントがモールドされているので、無改修で連動アイテムとして利用できるという事だろう。

このマイクロンのキャラクター名称は「バーン」となっている。記事を書いている時点では全く情報が出ていないが、過去の限定マイクロンの設定や命名法則にあったように、もしかしたら4月末発売のTAV40~43の付属品のアーマーに付けられている属性に関連付けた特定キャラクター専用の武器という可能性もあるかもしれない。

13043394_734180113351257_3905390597897541868_n.jpg 11217180_734179833351285_2901674805875731819_n.jpg


アームズマイクロンには、元から5ミリ径のジョイントが凹凸両方ともあるので、多くの製品に持たせたりビークル時に装着する事が可能。画像は、ステッパーと海外版のバンブルビーに持たせてみたところ。

13087498_734180046684597_4798001550509330600_n.jpg 12115810_734180023351266_8154126185198035794_n.jpg 13062535_734180026684599_132781869324488177_n.jpg

■トイザらス限定QTFクリアスタースクリーム簡易レビュー

2016年1月30日から全国のトイザらスで実施された配布キャンペーンの景品、キュートランスフォーマー・クリアスタースクリームの簡易レビュー。

*フェイスブックアルバムに画像11枚ほど掲載しました。

キュートランスフォーマーのパッケージフォーマットやナンバーを一新したリニューアル商品の発売開始と同日にキャンペーン開始されており、配布条件は、キュートランスフォーマー商品5個以上の購入にてプレゼントとされていた。3体セット商品は3個としてカウント。全国のトイザらスで先着3000名に配布。

製品は、2015年に発売された、QT-29スタースクリームのクリア仕様で、G1スタースクリームのカラーバリエーションとしてはお馴染みのゴーストバージョンをイメージしたアイテム。

配色は、一部ジョイントパーツやタイヤなどを除いて、プレーンクリアーで成型されており、風防がオレンジ、眼は赤、ヘルメットが黒のクリアーカラーで彩色されている。
パッケージは、簡素なビニール袋梱包で説明書が同梱されている。

P1310628.jpg P1310633.jpg DSC_0245.jpg
P2010679.jpg P2010678.jpg P2010680.jpg

■ロボッツインディスガイズ・ミニコンデプロイヤーズ・オーバーロード&バックトラック簡易レビュー

2015年12月ごろから海外で販売されている、ミニコンデプロイヤーズ・オーバーロード&バックトラックの簡易レビュー。
*フェイスブックアルバムに画像30枚ほど掲載しています。

オーバーロードは、商品発売の時点ではアニメやコミックには登場していないキャラクター。アニメ14話に登場したホログラムのディセプティコンに近似のデザインだが、関連性は不明。

付属ミニコンのバックトラックは、球状に変形するサイクロンと呼ばれるタイプ。アニメには、ネット上で公開された短編エピソード6部作に同型のランサックと共に登場している。

オーバーロードのビークルモードは戦車で、車体中央部にサイクロンを保持するためのクリップがあり、大砲部にあるスイッチの操作でサイクロンを射出できる。左右非対称のデザインが特徴。

ロボットモードでは、関節の可動部分は両腕の付け根のみ。過去に発売されたデプロイヤーでは、ロボットモードでもミニコン射出機能が用意されていたが、今回のオーバーロードではオミットされている。サイクロンを保持したままでロボットモードへ変形させる事は可能。

994736_688701667899102_3948132474988365156_n.jpg 1918638_688701524565783_4351876963459424831_n.jpg 1297_688701917899077_8937922806359727877_n.jpg


バックトラックは、球体を上下に引っ張る事で手足が連動して展開する。ただし、そのままでは完全では無く、手足の微妙な位置きめは手で行わないといけない。アニメでは4本脚のデザインだが玩具では前後が半球状に繋がった状態。

付属の武器パーツを取り付けた状態のまま、変形及びオーバーロードへの装着が可能。また、銃状の武器2つをオーバーロードの大砲に取り付ける事もできる。
ロボット時の両肩部分には、ミニコンジョイントがあり、ミニコンを取り付ける事ができる。

12494996_688701844565751_789246891730622840_n.jpg 12507405_688701754565760_233536715460281150_n.jpg 12509419_688701601232442_8101065368627976074_n.jpg
10401930_688701641232438_3308898351197007025_n.jpg 3845_688701717899097_7840788991211152927_n.jpg 12510357_688701871232415_5495492512144197463_n.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●4月発売アイテム
MP-36メガトロン
MP-10コンボイ再販
MP-11スタースクリーム再販
MP-13サウンドウェーブ再販
MP-15ランブル&ジャガー再販
MP-16フレンジー&バズソー再販
TLK-01 バンブルビー
TLK-03 ディセプティコン バーサーカー
TLK-04 ダイノボット スラッシュ
TLK-05 グリムロック
TLK-06 スピードチェンジ バンブルビー
TLK-07 スピードチェンジ オプティマスプライム
TLK-08 スピードチェンジ バリケード
TLK-09 スピードチェンジ ハウンド
邦訳版アメコミTFフォー・オール・マンカインド
タカラSFランド エヴォリューション

●5月発売アイテム
LG-42ゴッドボンバー
MP-37アートファイアー

●6月発売アイテム
MP38 コンボイBW 伝説の総司令官Ver.

●7月発売アイテム
TLK-10 オートボットドリフト
TLK-11 スティールベイン
TLK-12 ダイノボット スラッグ
TLK-13 オートボット スクィークス
TLK-14 オートボット ハウンド
TLK-15 キャリバーオプティマスプライム 初回版
TLK-15 キャリバーオプティマスプライム
TLK-16 スピードチェンジ メガトロン
TLK-17 スピードチェンジ グリムロック
TLK-18 スピードチェンジ バーサーカー
MPM-03 映画10周年フィギュア バンブルビー
メタコレ オプティマスプライム (最後の騎士王Ver.)
メタコレ スクィークス
ダイアクロンパワードシステムセット Cタイプ
ダイアクロンパワードシステムセット Dタイプ

●8月発売アイテム
TLK-19 メガトロン
LG43 ダイナザウラー
DA-11 ダイアバトルス V2 <ALPHA plus ver>.

●9月発売アイテム
LG44 シャークトロン&スウィープス
LG45 ターゲットマスター ホットロディマス
LG46 ターゲットマスター チャー

●10月発売アイテム
ダイアクロンDA-12 ジャイロセプター
ダイアクロンDA-13 ダートローダー

●11月発売アイテム
MP-12+ ランボル
LG50 シックスショット
LG51 ターゲットマスターダブルクロス
LG52 ターゲットマスターミスファイアー
LG53 ブロードサイド

●12月発売アイテム
MP-39 サンストリーカー

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008