fc2ブログ

■レガシー:コアクラス・ショックウェーブらしきパッケージ画像

海外のSNSで、レガシーのコアクラス・ショックウェーブと思しきパッケージの裏面画像が出回っています。

基本的にシージ版に近いデザインで、付属武器としてパラボラアンテナのようなパーツが確認できます。

今のところ、オフィシャル情報は出ていませんが、このパッケージに記載されているバーコードはウォルマートの端末で確認すると、ちゃんとレガシー・ショックウェーブの登録が出てくるという話。

以下画像。

231456789156159.jpg

■e-HOBBY限定TFロゴアクリルスタンド第3弾 2種が予約開始

e-HOBBY SHOPにて、トランスフォーマー限定TFロゴアクリルスタンド第3弾の予約が開始されています。

今回は、ザ☆ヘッドマスターズと超神マスターフォースの2種類。各1500円。
発送は6月下旬から

*ザ★ヘッドマスターズロゴアクリルスタンド
*超神マスターフォースロゴアクリルスタンド

1_000000003476.jpg 2_000000003477.jpg

■フィギュア王No.292

本日発売のフィギュア王のトランスフォーマーコーナーはカラー3ページ分。
基本的に5月予約開始アイテム8点の紹介です。

◆MP-56トレイルブレイカーは、CADベースのCG画像で紹介されています。

◆レガシー4点、TL-07 ワイルドライダー、TL-08 ノックアウト、TL-09 ジアクサス、TL-10 ブリッツウイング。
ブリッツウイングはエネルゴンウエポンのジェットモードでの接続を「噴射炎エフェクトに見立てた」という記述がありますが、ハズブロの説明ではブースターとなっていました。(基部がブースターとすれば矛盾はしない)

◆スタジオシリーズ3点  SS-90 バンブルビー、SS-91 サイドウェイズ、SS-92 アーシー。

いつものトランスフォーマーコーナーはここまでですが、別枠で2ページ分、フレイムトイズの鉄機巧ロディマスプライム12月発売6万500円が堂々日本上陸として紹介されています。
基本的にネット上で出回っている情報の通りだと思いますが、特に販売ルートに関する記述は無し。(ネット情報ではあみあみ限定となっていたはず)

■レックンルールコレクション:スピンドルの動画レビュー

chefatronが、レガシーのレックンルールコレクションのスピンドルの動画レビューを投稿しています。

製品は、キングダムのパレオトレックスの仕様変更アイテムで、いくつかの新規パーツで元のティラノサウルスからスピノサウルス型の骨格モードに変更したもの。
本来は、コミックユニバース・インパクターとのセット商品ですが、今回のレビューではスピンドルのみが紹介されています。

動画ではシージ版インパクターに装備した状態などありますが、リデコ元のパレオトレックスとの比較などは無い為、あまり参考にならない感。

以下キャプ

89771441654.jpg 897174414561.jpg 8974554116.jpg 89784123131.jpg 87978451323.jpg 489418415641.jpg


以下動画

■レックンルールコレクション:リードフットの動画レビュー

chefatronが、レガシーのレックンルールコレクションのリードフットの動画レビューを投稿しています。

製品は、キングダムのアースモード・ミラージュの仕様変更アイテムで、新規頭部でG2ローターフォースのリードフットを再現したもの。
本来は、マスタードミナスとのセット商品ですが、今回のレビューではリードフットのみが紹介されています。

動画ではリデコ元のアースモード・ミラージュとの比較や、G2リードフットの画像との比較あり。

以下キャプ

89145161414.jpg 891414554145616.jpg 89717456164161.jpg 8977898456445646.jpg 891844515641.jpg 8797814164.jpg 7897894564165465465.jpg


以下動画

■スタジオシリーズ:海外版87.バンブルビー(ダークサイドムーン版)の動画レビュー

The Geeky Wolfに、スタジオシリーズ海外版87.バンブルビー(ダークサイドムーン版)の動画レビューが掲載されています。

リデコ元の1作目2作目版との比較があり、実際に並べた時の違いを確認できます。

以下キャ

284121335_478952960624397_623793594164477499_n.jpg 284070963_478953517291008_4594683012714170448_n.jpg 284248778_478953050624388_6140794683925184076_n.jpg 284171749_478953193957707_3342884154506390226_n.jpg 284232207_478953450624348_7490806294990707627_n.jpg 284301743_478953170624376_4396027990656475907_n.jpg


以下動画

■レガシー:クランプダウンかもしれない画像

海外のSNSで、レガシーのクランプダウンかもしれない物体の画像がいくつか出回っています。

クランプダウンとは、2000年代の復刻版展開時に発売された、アラートのダイアクロンカラー版商品の事ですが、今回の画像もそれに準じて、キングダム版レッドアラートをダイアクロンカラーであるパトカー色にしています。

ストア登録情報によれば、クランプダウンはウォルマート限定で展開されると言われている、ヴェロシトロン(スピーディア)をテーマとしたサブラインで名前が上がっており、それの流出品ではないかと思われますが真相は不明。(参考画像

以下画像。

4D846969-8679-4FF6-B676-4A8EA1CB3244.jpeg 5B6C2291-EEAC-4F6E-8277-29A7844CE704.jpeg 284151786_5332409383447094_4689351010239741901_n.jpg 284411939_5332409636780402_3763162029456851492_n.jpg 284219791_578281493866893_4930067125247467394_n.jpg

追加
284236732_10158710053501711_1757427129616316539_n.jpg 284255690_10158710053536711_5967194342011845884_n.jpg Legacy Clampdown-09 284129537_10158710053556711_4457681185370839230_n.jpg


追加2:chefatronの動画レビュー

■スタジオシリーズ:ダークサイドムーン版バンブルビーの開発の裏側

ハズブロのデザイナー、サム・スミスが、スタジオシリーズの87.バンブルビー(ダークサイドムーン版)の開発の裏側を投稿しています。

*その1
*その2
*その3

今回もILMモデルとCADモデルの比較やターンテーブルの他、リデコ元である1作目、2作目版バンブルビーとの比較も掲載されています。

当初、バズワージーバンブルビーで発売するつもりで開発を進めていたものの、新規部分が予想外に多く、ファンが入手し易くなるように通常ラインでの発売にしたという話。

過去製品との変更部分は、カーモードではクリア成型のパーツ(ドア、ルーフ)以外は全て新造され、ロボットモードでは胸部を中心に変更が加えられているそう。

画像の中でグレーモデルが並んでいる中、赤く塗られた部分が新規に制作されたパーツ。

以下画像。

283248039_1642290652807837_7237206982070913969_n.jpg 283538641_140999618514796_5180932607291243517_n.jpg 284420796_590441095842368_1569323951072358738_n.jpg 283992801_742681370492979_1210992842566900419_n.jpg 283837893_623696425344492_6220936597436352097_n.jpg 283672164_543710070544725_5050873188179025698_n.jpg 284289710_539668514222693_4204317584989518946_n.jpg 283876824_545951790270272_8921206610520751842_n.jpg 283951685_396645362390461_7302778473861622572_n.jpg 789456144614.jpg


■レガシー・エリータワンの初期コンセプトスケッチなど

ハズブロのデザイナー、マーク・マーハのインスタグラムで、レガシーのデラックスクラス・エリータワンに関する話題が投稿されています。

投稿されている画像は、コンセプトスケッチ、CADデータ、レーザーオプティマスとの2ショット画像など。

今回投稿されているスケッチは最初期のコンセプトという事で2種類のロボットモードのデザインが含まれています。
この時点では、カーモードのボンネットが胸部になる変形パターンで、現在のミネルバ共用デザインとは異なるもの。そして、このデザインは、IDWのコミック「トランスフォーマーvsターミネーター」でアレックス・ミルンが描いたアーシーのデザインに似ている部分が多いです。(参考画像
真相は不明ですが、当初から他のキャラクターとの共用化を前提としたデザインが求められていたものと考えられ、最終的に現在のミネルバ共用デザインに落ち着いたのでしょう。(この製品がミネルバ共用を想定している事は、コミックへの登場以外にも銃のデザインがG1ミネルバ/ナイトビートと同じである事から確定的)

以下画像。

283708680_162520986285820_4738429221615324350_n.jpg 283516164_563036318592398_3376946049879263722_n.jpg 283843998_1203727530476363_4293470219358125492_n.jpg 283896148_426769768903305_4208774143427086703_n.jpg 283667843_1000934880794931_6849148083297861954_n.jpg

■タカラトミーモール限定ダイアクロン・ガンマヴァーサルターエアボーンユニット宇宙海兵隊Ver予約開始 締切は7月15日

タカラトミーモールにて、限定 ダイアクロン ガンマヴァーサルターエアボーンユニット宇宙海兵隊Verの予約が開始されました。


予約期間は、本日5月26日12時から、7月15日13時まで。
販売価格7700円。発送は10月下旬予定。

製品は、ガンマヴァーサルターエアボーンユニットの宇宙海兵隊カラー版で特に形状や付属品の違いなどは告知されていません。

以下画像。

bnr_DA_marines_pc.jpg


楽天市場

Amazon商品一覧

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

なかし

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008