■タイタンズリターン・カオスオンヴェロシトロンの追加画像いくつか

カオスオンヴェロシトロンの追加画像をいくつか。
 (ソース1ソース2

◆クイックスイッチの6モード+ウイングウルフ&銃モードなど
 パッケージ用の宣材画像では、タンクモードしか掲載されていなかったのです。

17342570_1450385868347365_2168056920336713785_n.jpg 17426269_1450385875014031_1357767324431118717_n.jpg 17458180_1450385831680702_2456652553906609854_n.jpg 17308863_1450385825014036_7643909642264310369_n.jpg 17362643_1450385821680703_3634705613534542418_n.jpg 17498396_1450385881680697_1956039462181133239_n.jpg 17457617_1450385781680707_7990754930580497674_n.jpg 17498853_1450385841680701_5154915401730014179_n.jpg 17458159_1450385891680696_2549019221746393995_n.jpg


◆レーザープライムのジェットモードと比較画像。
 こちらも宣材やトイフェア展示ではジェット機モードは無かったのです。G2版との比較なども。

17457984_1450385551680730_5878666080341595290_n.jpg 17499517_1450385741680711_1541717909774735198_n.jpg 17426329_1450385755014043_7725636246327720547_n.jpg 17498892_1450385758347376_5713001269710483203_n.jpg 17362792_1450385765014042_7290596790133155447_n.jpg


◆ファストクラッシュ
 ビークルモードにタイタンマスターを載せた画像や、他のレジェンズクラスとのサイズ比較。

17426145_1450385528347399_6510432554168674580_n.jpg 17425902_1450385485014070_6224032430926099075_n.jpg 1490319270-tf-fan-kev-004.jpg

■最後の騎士王:ワンステップターボチェンジャー・コグマンかもしれない玩具画像

いつもの中国の人が、ワンステップターボチェンジャーらしき商品のパッケージ画像を投稿しています。

画像は、カーモードの画像1枚のみ。
先日、ロボットモードが公開されたコグマンのカーモードと予想されているようです。

ロンドンの撮影現場で確認されたアストンマーティンDB11が以前からコグマンのカーモードと言われていましたが、今回の玩具はそれに似ては居るものの、形状は違う感じ。実写シリーズでままある車両メーカーのライセンスを取っていない、なんちゃってカーモードかもしれませんが。

005CzrXlgy1fdz08xsdfqj30cq0c675b.jpg

■フィギュア王No.230

本日発売のフィギュア王では、TF記事はカラー5ページ分。
その全てが、LGダイナザウラーの特集記事で他商品の紹介は一切無いという珍しい構成。

最新成形サンプルを使った、ギミック紹介や他商品との組み合わせたジオラマ写真などで、4ページ分。開発者の蓮井章悟のインタビュー記事が1ページ分。

以下、ギミックやインタビュー記事の気になったところなど箇条書きで抜粋。

*恐竜モードの後頭部にはヘッドマスター合体用のジョイントがあり、ここにヘッドオンさせると、恐竜頭部のクリアオレンジのハッチが開いて機銃が飛び出る。
*メトロプレックスやフォートレスマキシマス同様にユーザー貼付シールあり(写真未掲載)
*胴体部分などは日本版でもクリアグリーン成形。胴体がクリアなのは、スタジオOXのダイナザウラー内部図解からのインスパイアだそう。
*さらに、胴体が透明な事から派生して、ヘッドマスター飲み込みギミックがハズブロ側からの提案。
*ビークルモード(G1の移動基地モード相当)では、艦首部分(恐竜の尻尾)が上に開いてフルチルトを格納可能。これは、海外版のパッケージサイズ制約から尻尾を折りたたむ必要があった為で、そこにギミックを仕込んだそう。
*ビークルモードでは、左右のスロープを開いて甲板風にして他キャラを載せられる。
*フルチルトのカーモードにはヘッドマスター用の運転席がある。
*基地モードでは、脚部が展開したアームの先端にタラップを介して他のリーダークラスの基地と接続可能。それとは別にアームの中間辺り(恐竜のカカト部分)にはサウンドウェーブ基地の背面ジョイントと接続できる構造。
*ダイナザウラーはフォートレスマキシマスと同じ金型枚数でパッケージも同サイズという制約の上で開発。サイズの目安として、フォートレスマキマスを分解して恐竜型に組み直したサイズ検討モデルが作られた。
*当初は、フォートレスマキシマスの頭部を除く金型枚数という条件だった為、フルチルトは省略される予定だったが、後に頭部分も含む金型枚数に増やされたので、無事に付属できました。

インタビュー記事の頭には、今回のダイナザウラーとTGメトロプレックスが素で横に並んだ状態の写真があり、実際のサイズ差がわかります。

以上、あくまで個人的に気になった部分の抜粋なので、インタビュー記事などは、実際に原文に目を通した上で内容を判断されるのがよろしいかと思います。



■サイバーコマンダー・オプティマスプライムの微妙な色違い製品とジェットファイア中身画像など

先日、台湾で発見されたサイバーバタリオン新製品の続報。

サイバーバタリオンだけでなく、リーダークラス程度のサイズのサイバーコマンダーシリーズにも新アイテムがあるようです。

と言っても、画像で確認できるのは、過去に発売されたオプティマスプライムのカラーリングが一部変更されているだけのアイテム。商品名はそのままで、単に「オプティマスプライム」。パッケージの基本フォーマットは過去製品と同じですが、掲載されている写真が新しいものになっており、腕や胴体がグレーになっています。中身の製品そのものの画像はありません。

ちなみに、過去製品のパッケージ画像はこれ。
同アソートと見られるバンブルビーは特に変更は無いようです。
また、サイバーバタリオンのプロールなどのパッケージ裏面画像なども。こちらもオプティマス、バンブルビーは特に変更のない再アソートのようです。

17498873_1759766870703775_362463466382092571_n.jpg 17425934_1380614135293671_6999195651653433091_n.jpg 17457791_1380614131960338_4402878693020269267_n.jpg


追加:サイバーバタリオン・ジェットファイアの中身画像追加。
 手足武器などはスタースクリームの流用で胴体などが新造。なので可動部などもスタースクリームと同じ。

17504524_10212560770325117_7197870339813951570_o.jpg 17457565_10212560771045135_5883846301333581443_n.jpg 17457715_10212560771325142_5213039569410945614_n.jpg 17492669_10212560771925157_3116835828818833406_o.jpg 17499305_10212560772805179_2268870762563373155_n.jpg 17492758_10212560816046260_3387233165843049995_o.jpg

■(追加)TFSS5.0第1回発送分の中身

TFW2005のフォーラムに、TFSS5.0の第1回発送分の到着報告が投稿されています。

本来、6回の分納予定が、2セットずつ計3回の発送になったので、今回のパッケージは2個入り。さらに、小アイテムとのセットの商品なので、都合4キャラクターが今回の発送分となっています。

内容は、フラクチャー&スコルポスと、ライフライン&クイックスリンガー。バイオカードも4キャラ分作られています。

残るアイテムは、カウンターパンチ、トキシトロン、オプティマスプライム、メガトロン、シークレットアイテムの5種。
シークレットアイテムは、デラックスクラスでアメリカでは未使用の頭部パーツを採用という所までは公表されています。

追加Allspark.comに、見栄えの良い画像が掲載されています。
過去製品との比較画像などもあり。スコルポノックは、バイオカードと説明書で違う内容が掲載されているそう。

TFSS-001.jpgTFSS-007.jpg TFSS-009.jpg TFSS-008.jpg TFSS-010.jpg TFSS_5_056.jpg TFSS_5_055.jpg TFSS_5_054.jpg TFSS_5_017.jpg TFSS_5_033.jpg TFSS_5_040.jpg TFSS_5_053.jpg

■最後の騎士王:ヴォイジャークラス・ニトロの線画

中国の人が、ディセプティコン・ニトロの線画画像を1枚投稿しています。

他の商品の説明書に掲載されているラインナップ表からの抜粋のようです。
ニトロに関しては、他商品のパッケージからの画像が1枚出回っていました。(下に再掲)

今回の画像では、この製品がヴォイジャークラスである事がわかります。変形モードはまだ不明ですが、背中のエンジンポッドやミサイル、機関砲、翼などのパーツから航空機である事が予想されます。

17457678_1249755605138598_6384933729863772701_n.jpg 17359362_424024071281359_8608407460085193465_o5.jpg

■タカラトミーサイト更新(最後の騎士王イベント、ダイナザウラーなど)

タカラトミー公式サイトの更新など。

トランスフォーマー×MEGA WEB スペシャルイベントのお知らせ

3月25日(土)から、4月2日(日)まで、青海のメガウェブで開催される、「第8回こどもモーターショー」の中で、タカラトミーの最後の騎士王スペシャルイベントが実施されるという話。

期間中、オプティマスプライム、バンブルビーの立像や、最後の騎士王関連商品の展示などの他、スピードチェンジシリーズの先行体験会が開催されるそう(5歳~小学生まで)。

告知内容から見て、イオンなどで不定期に行われていたトランスフォーマーラボのような感じではないかと思います。

event_announce_panel.jpg


◆タカラトミー公式ツイッターに、LGダイナザウラーの画像が投稿されています。

その1その2

特に新情報的な内容は無く、ダイナザウラーの腕は10円玉を掴めることが判明したぐらいで、いつものタカラトミーのツイッターですが一応。

C7lUqQdUwAERJH2.jpg C7lav7uVsAEnWwl.jpg

■(追加)タイタンズリターン・カオスオンヴェロシトロン中身画像

アメリカのトイザラスで、タイタンズリターンのセット商品、カオスオンヴェロシトロンの店頭発見報告が出ています。
リンク先は、Seibertron.com その1その2その3

発見されたのは、ペンシルバニア州のトイザラスで99.99ドルだったそう。

セット内容は、クイックスイッチ、レーザープライム、ノーティカ、ファストクラッシュ、タイタンマスター・ロディマスプライムの5体ですが、ロディマスプライム以外のタイタンマスターには特に個別の名称は記載されていないという話。
また、封入物にカードは無く、パッケージの絵柄のミニポスターの裏面に各キャラクターのスペック表が掲載されているそう。

*クイックスイッチは、トイフェアで発表された宣材では、ヘルメット形状がシックスショットと異なっていましたが、実際の製品は変更はなく、違いはタイタンマスターが変形した顔面のみの模様。
*ファストクラッシュは最近のレジェンズクラス製品の慣例通り手持ち武器無し。タイタンマスターとの連動ギミックは特に無いようです。
*レーザープライムのコンテナのグラフィックは、やはりシール。
*ロディマスプライムは、顔面パーツのみダイキャスト製

追加:中国の人が、ファストクラッシュの説明書画像を投稿しています。その記載内容によれば、ビークルモードで胸パネルを上げてタイタンマスターを乗せる事ができる模様。

as17.jpg as01.jpg as18.jpg as10.jpg as11.jpg as12.jpg as02.jpg as03.jpg as04.jpg as05.jpg as06.jpg as09.jpg as07.jpg as08.jpg as13.jpg as14.jpg as15.jpg as16.jpg
17434793_1249755581805267_2832697326708700260_o.jpg

■最後の騎士王:モーションポスターが公開

エンターテインメントウィークリーにて、最後の騎士王のモーションポスターというものが公開されました。ロボットキャラクターの数秒のCG動画で、全8キャラ分公開されています。
直後に、実写映画公式SNSでも公開されています。

モーションポスター化されたキャラクターは、オプティマスプライム、バンブルビー、ホットロッド、ハウンド、メガトロン、バリケード、スクィークス、コグマンの8体。この内、コグマンはオフィシャル媒体で公開されるのは初めてのキャラクターで、変形モードは不明。アンソニー・ホプキンスが演じるキャラクターの召し使いという役どころらしいです。

以下、キャプ画。
動画は、リンク先にてどうぞ。

qw01.png qw02.png qw03.png qw04.png qw05.png qw06.png qw07.png qw08.png

■ブラジルのトイフェアのトランスフォーマー最後の騎士王関連

ブラジルのファンサイト、Transformers Dioramasに、現地時間21日から開催中の第34回ブラジリアン インターナショナル トイ&ベビー プロダクツ フェアのハズブロブースのレポが掲載されました。

展示には他のシリーズもあったようですが、今回の記事には最後の騎士王の製品のみ掲載されているようです。
基本的に、ニューヨークのトイフェアで発表されたアイテムと同等の展示だと思いますが、いくつか気になるものも。

*画像が掲載されている中では、唯一の初出アイテムになると思いますが、ナイトアーマーターボチェンジャーのオプティマスプライムがパッケージ状態で展示。そのパッケージのラインナップ表にはバンブルビーが掲載されています。これまでは、ハウンド、グリムロック、メガトロンの3種が確認されているだけでした。

IMG_20170321_150043648_HDR.jpg


*リージョンクラスwave1商品と思われる4種がパッケージ状態で展示。ラインナップは、いずれも過去製品の流用商品ですが、ニューヨークの展示を見る限りでは、2弾以降は新規アイテムになるようです。

IMG_20170321_152230330.jpg IMG_20170321_152329815.jpg IMG_20170321_152252136.jpg IMG_20170321_152314777.jpg


*タイタンチェンジャーのオプティマスプライムとバンブルビー。パッケージ裏の変形説明など。

IMG_20170321_151532869.jpg IMG_20170321_151603479.jpg IMG_20170321_151623608.jpg


*他、デラックスクラス、ヴォイジャークラス、リーダークラスなどは既出の内容と同じと思います。

IMG_20170321_145707043.jpg IMG_20170321_145819485.jpg IMG_20170321_145909068.jpg

楽天市場

Amazon商品一覧




月別リスト

●2月発売アイテム
MB-01 オプティマスプライム
MB-02 バンブルビー
MB-03 メガトロン
MB-04 ショックウェーブ
MB-05 アイアンハイド
MB-06 ラチェット
MB-07 サウンドウェーブ
MB-08 スタースクリーム
レジェンズ LG41 レオプライム
MP34 チータス (ビーストウォーズ)
MP-35グラップル

●3月発売アイテム
MB-09 ダイノライド グリムロック & オプティマス
MB-10 ダイノライド ストレイフ & バンブルビー
MB-11 10thアニバーサリー オプティマス
DA-06 ダイアバトルス V2 宇宙機動タイプ
メタコレ オプティマス(ダークサイド・ムーンVer)
メタコレ バンブルビー (ダークサイド・ムーンVer)

●4月発売アイテム
MP-36メガトロン
MP-10コンボイ再販
MP-11スタースクリーム再販
MP-13サウンドウェーブ再販
MP-15ランブル&ジャガー再販
MP-16フレンジー&バズソー再販
TLK-01 バンブルビー
TLK-03 ディセプティコン バーサーカー
TLK-04 ダイノボット スラッシュ
TLK-05 グリムロック
TLK-06 スピードチェンジ バンブルビー
TLK-07 スピードチェンジ オプティマスプライム
TLK-08 スピードチェンジ バリケード
TLK-09 スピードチェンジ ハウンド
邦訳版アメコミTFフォー・オール・マンカインド

●5月発売アイテム
LG-42ゴッドボンバー
MP-37アートファイアー

●6月発売アイテム
MP38 コンボイBW 伝説の総司令官Ver.

●8月発売アイテム
LG43 ダイナザウラー

月別アーカイブ

プロフィール

Author:なかし
オートベース愛知管理者。
現在、管理上の都合で、コメント機能をオフにしております。
メアド:autobasejp★gmail.com

ブログ内検索

カウンター

04/24/2008